World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« AS-011 VU7MS Kavaratti Island, Lakshadweepを調べる | トップページ | AS-006 VR2USJ Hong Kong Islandのご紹介 その3 »

2016年11月29日 (火)

RRC 2016 Meeting in Orel の紹介

2016年9月23-24日にモスクワ郊外のOrelでRRC(Russian Robinson Club)の総会が開催されました。その情報がRRCのウエブに掲載されていましたので日本語版にしてご紹介します。

 
IOTAを始めてから10年くらいはDX newsに次から次とNew IOTA運用が掲載され、それを交信することだけで十分に楽しく満足できると思います。しかし、使用しているアンテナ等にもよりますが、交信していないIOTAを待ち望むと20年くらい待っても出てこないものです。
 
近年、たいへん困難でありましたR0やR1のIOTAの活動が活発化し始めました。その要因は私はRRCの活動そのものと思っています。RRCのウエブには次の紹介がされていました。
 
 
ロシア語で表示されますので、右上の「翻訳ボタン」をクリックしてください。和訳されます。
 
モスクワ郊外のOrelという古い町はモスクワから南に車で4~5時間かかる320kmほど離れています。よくもまあ、ロシア全土からこれだけのハムが集まるものだと感心しました。
 
Rrcorel2016_name
40名ほどです。最近のロシアのIOTAペディションに参加している局がほとんどです。
 
N3QQ、R1NU、R2EL、R3FA、R3KM、R6MG、R7AA、R7AL、R9LR、RA1ALA、RA1ZZ、RA3AV、RA3DEJ、RA3NAN、RA3NC、RA3NQ、RC5A、RJ3AA、RK7A、RK8A、RN3FT、RN3RQ、RU3EJ、RU3FS 、RU3SD、RU5D、RT9T、RW3DD、RW3RN、RW5D、RX3F、RZ3EC、RZ3EM、RZ3FW、UA3A、UA3AKO、UA3EDP、UA3EDQ、UA6EX、UA9KDF、UA9OBAだけでなく、参加者の妻、恋人や子供も参加
 
多くのKL7-IOTAをKL7RRCで運用したアメリカからN3QQ Yuriさんも参加しています。私はこの写真を見ただけで8名が分かりました。メールでの友人は11名いました。いろいろIOTAで交流させていただいたおかげです。上の写真にコールサインを一部入れてみました。
 
「rrcorel2016_name.jpg」をダウンロード  (RA1ZZ Vasilyさんは入っていません)
 
そこでウエブの内容をGoogleTranslateで翻訳した講演会と表彰の内訳です。昨年から今年にかけてNew IOTAとして得られたActivationがたくさん出てきます。
 
●講演会
 
1) R3RRC/0 (Brusnev島 AS-082) - RU5D、UA3EDQ
2) R7AL/0 (マルメ諸島、AS-172) - R7AL
3) RT9K/0 (ドブジャンスキー島 AS-203 - IOTA NEW ONE!) - UA9KDF
4) RA1ALA/1 (バイガチ島、EU-086上で。) - RA1ALA
5) RA1ALA/0 (マイケル、映画の予告編を発表 - 彼の最近の遠征「パラムシル霧の島」
 
6) RT92KA (Alyumk島 AS-092) - UA3AKO
7) UE23RRC(トポルコフ島 AS-142、パラムシル AS-025 ..) - RA1ZZ
8) HC2GRC/P (プネ島 SA-034) - R7AA
9) R70ASIA (GUSMP島 AS-070) - R7AA
10) RI0FS (色丹島 AS-062) - R6MG
 
 
●表彰1(2015年8月31日まで)
1)Best RRA Activity 2015 UA1ATD
2)Best RRA Pedition 2015(AS) R3RRC/0
3)Best RRA Pedition 2015(EU) RI1PT
4)Most hard Pedition 2015 RI1PT
 
5)World Best IOTA peditioner 2015 YF1AR Budi YB-11 IOTAs
6)Russian Best IOTA peditioner 2015 R7AL/0
7)YL Robbinson 2015 R7AL/0 XYL
8)Rubbioson 2015  EA3NT for 3 OC IOTA activities & R7AL/0
9)Special Award RA9USU/3
 
●表彰(2015年9月1日から2016年8月31日まで)
1)Best RRA Activity 2016 UA1ATD
2)Best RRA Pedition 2016(AS) UE23RRC & R23RRC team
3)Best RRA Pedition 2016(EU) RI1PA team
4)Most hard Pedition 2016 R3CA/0 for 8IOTAs
 
5)Russian Best IOTA peditioner 2016 UE23RRC & R23RRC team /RT9K/0 team
6)World Best IOTA peditioner 2016 RT9K/0 / ZL9A team
7)YL Robbinson 2016 RC5A
8)Rubbioson 2016  VK5CE  /  R7AA
9)Special Award UA4WHX
 
講演会は2015年と2016年に行われたIOTAペディションがほとんどです。恐らくRRCからの資金支援を貰っているのでしょう。表彰も9月1日から翌年8月31日の期間で、2年ごとにRRCの総会を開催していると思えます。羨ましいです。
 
YB1AR BudiさんやVK5CE Craigさんなども表彰されて、またYLも表彰を設けているなどとてもユニークです。内輪だけでなく、世界中に感謝の気持ちが伝わってきます。
 
Mnogie_iz_pobeditelej_20152016
懇親会を兼ねた表彰式です。YouTubeでも見つけることができます。ウオッカが入りたいへん盛り上がっていました。この場で恐らくR3CA/8/9/0のQSLマネジャがUA9OBAからUA3AKOへ変更されたはずです。また、RA1ZZは青いシャツを着た顔が隠れている人です。
 
また、たいへん広域のロシア国内からこれだけのメンバーが集まることは、ロシア国内の航空機代が日本に比べてとても安いということでしょう。モスクワに集まりバスで移動したのでしょうね。IOTA申請者154名のJAの方が、IOTA申請者129名のロシアより開催しやすいと思います。はい。
 
ただし、この総会はIOTA申請者よりもIOTAペディショナーの方がウエイトは高いです。いずれにせよ、このようなRRCの活動があって少しずつではありますが、ROおよびR1のIOTAペディションが実施されています。
 
なお、ロシア語の文中にもUA9KDF Igorさんが2017年2月からのRT9K/9の4つのIOTAペディションプランの報告がされたとあります。すでに提供されたRT9K/9のPDFが当日にプロジェクターで写されてプレゼンテーションに使われたものと思います。
 
なお、RT9K/9の支援ですが、明日11月30日で締め切ります。現在、JAの47局より76,267円が集まりました。これもまた感謝です。
 
【追記】
YouTubeの紹介です。2番目にRT9K/9のチームリーダーUA9KDF Igorさんがあいさつします。
RRC Conference Orel region 2016
司会 UA9OBA 出展者 RA3DEJ 
コーヒーメーカーオークション
7分12秒
司会 UA9OBA  取得者 UA9KDF
0分55秒

« AS-011 VU7MS Kavaratti Island, Lakshadweepを調べる | トップページ | AS-006 VR2USJ Hong Kong Islandのご紹介 その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-011 VU7MS Kavaratti Island, Lakshadweepを調べる | トップページ | AS-006 VR2USJ Hong Kong Islandのご紹介 その3 »