World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA-R0 Wanted listの2017年への更新 | トップページ | YB8BRIとのセカンドミーティング »

2016年12月 1日 (木)

IOTA DXPEDITION 2016 (AS-142) - STORY

昨日、FacebookにAS-142 Kambalnyy Islandペディションを実行(Aug 2016)しましたRA1ZZ VasilyさんがそのStoryを報告されましたので早速、見に行きました。

As142_support_1AS-142 UE23RRC Kambalnny Island、AS-025 UE23RRC/P Paramushir IslandとAS-091 R23RRC Ptichy Islandの3つです。多くのIOTAチェイサーにNew IOTAをプレゼントしてくれました。11月末からQSLカードが届いたとのレポートが入ってきました。
実はこのウエブの端っこにこんなものが掲載されていることをご存知でしょうか。
As142_support_2
なぜかJN6RZM Shuの写真が掲載されています。3つともに既にクレジット済みでありましたので、裏方でご協力をしておりました。http://www.as142.org/  から確認できます。
 
Facebookで紹介されましたStoryは次のアドレスです。 http://www.as142.org/rasskaz
 
RA1ZZ VasilyさんとR7AL こちらもVasilyさんのStory「カムチャッカの旅」です。残念ながらすべてロシア語でした。Googleで翻訳しました。一発ではできなくて、20行ずつ翻訳してくっつけましたが、かなりいい加減な和訳になりましたが大まかな理解はできました。
 
その感想をRA1ZZへ報告しました。すぐに返事がきて、1か月半後くらいに英語版を掲載する予定だと言われていました。9月のRRC Meetingの集合写真に掲載していませんでしたねとコールサインを調べて入れた写真を送りましたら、「発表資料の準備をしていました」との返事でした。
 
その後、RT9K/9のドネーションをN3QQ Yuriさんのご紹介でJA Friends47名でやったことを
伝え夕食のため失礼しました。
 
夕食後にメールが届いていました。2017年にもIOTA-R0の超レアを実行する予定である云々とのこと。支援協力の依頼もいただきました。またまた、動きがありそうです。
 
このStoryはロシア語ですが、写真をじっくり見るとカムチャッカ半島の雰囲気を体感することができます。また、最後の方に、3つのIOTAの国別交信数が掲載されていました。
 
Статистика QSO UE23RRC по странам (первая десятка):
1 Japan 1434
2 European Russia 795
3 Asiatic Russia 621
4 Germany 384
5 Italy 311
6 United States 298
7 Ukraine 262
8 Poland 103
9 France 94
10 Czech Republic 90
 
Статистика QSO R23RRC по странам (первая десятка):
1 Japan 487
2 United States 337
3 European Russia 209
4 Asiatic Russia 189
5 Germany 174
6 Italy 156
7 Ukraine 80
8 France 55
9 Canada 55
10 Poland 51
 
Статистика QSO UE23RRC/p по странам (первая десятка):
1 Japan 257
2 Asiatic Russia 100
3 European Russia 51
4 United States 25
5 Ukraine 13
6 Kazakhstan 7
7 Sweden 6
8 Germany 5
9 Hawaii 4
10 France 3
 
当然と言えば当然ですが、3IOTAともにJAがすべてトップです。ロシアはアジア地区とヨーロッパ地区に分けてありますが、その合計をも上回っています。逆に言うとJAの位置づけはたいへん大きく、JAが呼ばなかったら成り立ちませんし、QSLカードを得るだけのIOTAチェイシングのみではなく、もっと深く入り込んで交流を求めることも結構面白いと思います。

« IOTA-R0 Wanted listの2017年への更新 | トップページ | YB8BRIとのセカンドミーティング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-R0 Wanted listの2017年への更新 | トップページ | YB8BRIとのセカンドミーティング »