World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« PY-IOTA について | トップページ | YB8BRI RamさんとYC8CES Yayaさんとのアイボール »

2016年12月13日 (火)

XZ-IOTAの状況を調べる

2016年12月4日の西日本新聞に「ロヒンギャ迫害 激化 (スー・チー氏沈黙 広がる失望)」というタイトルでミャンマー国軍によるミャンマー国内に住むイスラム教徒の迫害記事が掲載されていました。

 
Img111
 
G3KHZやSM6CVXが2015年秋にXZ-IOTAベディションプランを立て、2016年春に実行の予定でしたが、2016年秋、そして2017年へ延期され続けている原因がこの記事にあるのではないかと思いましたのでここに報告します。
 
ミャンマーは先日、スー・チー氏の来日により1兆円の支援を日本から受けると安倍首相が発表しました。しかし、このG3KHZ等のXZ-IOTAペディションは延期され続けています。
 
DX情報には、その理由に「残念ながら、そこに今この国のいくつかの不安定性があり、軍はこれに忙しいです。その結果として、我々はまだ島を訪問する許可を得ることができないので、私たちのDxpeditionは保留になっています。」と報告されています。
 
さらなる詳細な理由がこの新聞記事にあるようです。ミャンマーは9割が仏教徒の国です。隣接するバングラデシュ側から移ったイスラム教徒を不法移民として自国民と認めていないそうです。その民族をロヒンギャと呼び約80万人になるそうです。
 
最近では殺人や紛争が起こり、国軍自体が法律を犯すような行動にもでており混乱しているようです。特にバングラデシュに近いラカイン州が激しいとのことと新聞はレポートしています。
 
Img111_2このラカイン州は6つのXZ-IOTAのAS-165 に一致しています。おそらくミャンマー沿岸部にはイスラム教のロヒンギャが広がっているのでしょう。
 
過去のXZ-IOTAは、
①AS-144(クレジット率33.5%)
  XZ0A(Jan 2000)の1回のみ。27名のオペレータがあります。8万QSOで締めたと記載。
 私も1月13日の12mCWを皮切りに15mCW、30mCW、17mCW、20mSSB、最後が1月27日
 の12mSSBと7QSOもしていました。期間も長く、3名のJA OPのお蔭です。
 
②AS-165(クレジット率15.0%)
  XY0TA(Aug 2002)の1回のみ。EUメンバーにYB等のチーム9名で実施されました。
 その中にDL4KQが入っています。15mSSBと20mCWで交信できました。
 
③AS-167(クレジット率12.0%)
  XY4KQ(Apr 2003)の1回のみ。DL4KQのみで1,750局と交信。信号は強かったのですが、
 私は見事に空振りでした。パイルがすごかったと記憶しています。運用期間が短かった
 と思います。残念のメールを送った記憶が残っています。
 
以来、XZのペディションは13年間もありません。
DL4KQ Frankさんはその後もインドのIOTAなどを積極的に実施されました。GDXFの役員もされています。
 
この新聞記事から見ても、XZ-IOTAの実行は簡単なものではないことが分かります。ミャンマーの正常化がまずは前提と思われます。

« PY-IOTA について | トップページ | YB8BRI RamさんとYC8CES Yayaさんとのアイボール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PY-IOTA について | トップページ | YB8BRI RamさんとYC8CES Yayaさんとのアイボール »