World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« AS-069 RI0C Iony Island RA1ZZ Vasilyさんとのお話し | トップページ | IOTA-KL7とIOTA-W Wanted listの2017年への更新 »

2017年1月11日 (水)

西日本ハムフェア2017講演会の準備

2016年3月のCQ誌に記事を投稿する機会を得ました。「小さな設備でも楽しめるIOTAの魅力」というタイトルです。提出期限が10日後になってしまいましたが3日で仕上げてCQ出版社へ無事に提出しました。

 
望みましたのは「記事を読んでIOTAを始めました」という声が聞きたかったのですが、すでにIOTAを楽しんでおられます局数名から感想のお声をいただき過ぎ去ってしまいました。
 
ところが、19年間のIOTAチェイシングのまとめになりました。さらに5月にIOTA700アワードを取得することになりました。思いはこの小さな設備のお蔭で様々な方法を生み出し海外のIOTA局とコンタクトを取る方法を見つけ出し、私のハムライフの本来の目的である海外交流を楽しむことができました。
 
その大きなベースとなりましたのは国内のIOTA Friendsの存在です。そして、海外のIOTA固定局とペディショナー達との素晴らしい交流でありました。
 
ここに少しでもこのIOTAの面白さや楽しさを伝えたいと考え、JA6EGL三宅さんのアドバイスを受け、9月に西日本ハムフェア事務局のJE6ONQ井上さんへ「西日本ハムフェア2017講演会」へエントリしました。展示会も講演会も申し込みが多く、すぐに満杯となるそうです。
 
審査があるのかなと待機していましたら11月末に講演会場のタイムテーブルがウエブに開催されており、受け付けられたことを確認できました。そして、12月初めにパンフレット掲載用の説明文書を送りいよいよ3月5日に向けて走り始めました。
 
講師謝金、交通費、資料代はすべて自前で参加させていただきます。1月に入り今週からプレゼンテーション作成に取り掛かりました。
 
Powerpoint
久しぶりのPower Point使用ですが、順調に進捗し2日ほどでエントリが終わりました。やはりCQ誌の記事作成時と同様に過去の履歴とその思い出がたくさん思い起こすことができております。また、いろいろ貼り付けたりして楽しんで作成しております。
 
配布用の資料をA4判1枚にまとめ50枚ほど準備する予定です。参加者数など全く未定です。目標は聴講者の中から1名以上のIOTA申請者を誕生させるです。残念ながら、講演会場のタイムテーブルがオール九州コンテスト表彰 10:00 ~ 10:30 、講演① IOTAの魅力 10:30 ~ 11:15 と朝早いために遠方からの参加者には厳しい時間と思います。
 
まずは頑張ります。
 

« AS-069 RI0C Iony Island RA1ZZ Vasilyさんとのお話し | トップページ | IOTA-KL7とIOTA-W Wanted listの2017年への更新 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-069 RI0C Iony Island RA1ZZ Vasilyさんとのお話し | トップページ | IOTA-KL7とIOTA-W Wanted listの2017年への更新 »