World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« FRIENDS OF IOTA 1月2日現在 | トップページ | AS-153 AU2WBR Sagar Island planを調べる »

2017年1月 6日 (金)

AF-023 S9YY QRL 到着

平成6年2月に開局する前からS92SSの14MHzCWの信号を聞いて、ぜひ交信したいと願っておりましたが、途中にS9SSにコールが変わり、さらにメールによるアポイントメントも何度かとれましたが、結果的には交信できませんでした。

 
たくさんのS9局がそのほかにもQRVしましたが、2016年10月にS9YYと10MHzCWにてなんとかコールバックを得られました。QSLmgrのDH7WWへも「交信のお伺い」メールを数回やりとりしました。
 
その後もQSL請求依頼もいただき、2016年11月17日に1IRCでSASEを送り、本日受領できました。ちょうど40日にて届きました。回収コストは送料110円+IRC150円の計260円です。ちなみにOQRSは2ユーロ(約250円)です。
 
23年もかかったS9のQSLカードです。
Img113
JS3CTQ稲葉さんに届いたS9YYのQSLカードでも島名の明確な確認はできませんでした。おもて面にはAF-023と国名としてのSao Tome and Principeのみ記載です。
 
Img115裏面のデータ欄では同様にSao Tome Islandの記載はありませんでした。しかし、摘要に次のように印刷されていました。「The expedition was from 8 to 23 October 2016 at the Oceanus Guesthouse in Praia Cruz on Sao Tome.」とありました。
 
(私たちのS9YY)ペディションはサオトメ(島)のプライア・クルズにあるオーシャナスゲストハウスにて云々と言う意味で、恐らくこれが島名の証明として受け付けられると思います。
 
語呂よく、AF-023は23年で受領できました。きっと44年目にもう一つのAF-044 Principeも取れるよう頑張ってあと11年はIOTA Chasingを続けていることでしょう。Thanks DH7WW Ulrich-san.
 
【追記】
2016年11月17日にDH7WWへ請求するときは1IRCでOKとQRZ.comに書いてありましたが、本日再確認しましたら次のように変更されていました。ご注意ください。
 
INFORMATION ABOUT RETURN-POSTAGE:        I do not accept IRS's!
 
for OUTSIDE GERMANY: SAE and 2 US$
 
for GERMANY: SASE or SAE and 1 US$ or 1 IRC
 
QSL's without return postage I confirm via bureau.
 
JAからの請求はSAE+2USDとなります。
 
【追追記】
JH1OCC細野OMよりメールをいただき、上記「for GERMANY: SASE or SAE and 1 US$ or 1 IRC」が変更され、「for GERMANY: SASE or SAE and 1 US$ 」と完全にIRC不可の表現に変わったことを確認しました。Ulrichさんはここを見ていたのでしょうかね。

« FRIENDS OF IOTA 1月2日現在 | トップページ | AS-153 AU2WBR Sagar Island planを調べる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FRIENDS OF IOTA 1月2日現在 | トップページ | AS-153 AU2WBR Sagar Island planを調べる »