World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 西日本ハムフェア2017講演会の準備 | トップページ | SA-043 XR7T Ascencion Island Plan(10-17 Jan 2017) info 1 »

2017年1月11日 (水)

IOTA-KL7とIOTA-W Wanted listの2017年への更新

一昨年から続けていますIOTA-R0、IOTA-KL7とIOTA-WのWanted Listの2016年から2017年へのメンテナンスを開始しました。すでにIOTA-R0は11月末にとりかかり12月初めに完成し、UA9KDF、N3QQ、UA9OBAなどのRRCメンバーへ提供を終了しています。

 
3つのWanted Listのうち、IOTA-R0 Wanted Listはうまく気流に乗り、ロシアのペディショナーへ伝わっていますので急いで作成した次第です。
 
今回はKL7とWの分です。まずはKL7分の昨年2016の結果です。縦にNA-004からNA-242までの41個のIOTA-KL7を配列し、横に49名のJA FriendsとHL、EU、Wの友人たちを配列しています。中央に未交信「1」を配列し、交信済みには黄色マーカーを付けています。
 
Iotakl7_wanted
N3QQ Yuriさんが実施したNA-158と、VE3LYC Cezarさんが実施したNA-172の二つのペディションと私とJA Friendsとで実施したNA-019 Kodiak Island KL2LR並びにNA-059 NL8F との二つのSkedのみで終わったという状況でした。2017年はもっと爆発して欲しいところです。
 
Iotaw_wanted続いてIOTA-W Wanted listです。R0やKL7とはことなり、IOTA-Wのリストはどちらかと言えば、42個のIOTAごとに固定局を見つけ出し、そこを起点としてSkedを行いサービスしてもらうことを考えました。しかし、コンディションが開けずほぼ不発と言ってよいでしょう。
 
しかしながらビーム利用局が個別にコンタクトを取られたケースがかなりあるようです。
 
本日、この二つをデータ提供されましたKL7は49局、Wは46局へメンテナンスの案内をメールでいたしました。どうか新しく参加を希望されます局に置かれましては私宛にご一報くださいますようお願いいたします。すぐに記入シートをお送りします。
 
局数が多いほどペディショナーへ与える影響も強いようです。1月29日(日)に締め切りますのでぜひご参加いただければ幸いです。

« 西日本ハムフェア2017講演会の準備 | トップページ | SA-043 XR7T Ascencion Island Plan(10-17 Jan 2017) info 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西日本ハムフェア2017講演会の準備 | トップページ | SA-043 XR7T Ascencion Island Plan(10-17 Jan 2017) info 1 »