World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« SA-043 XR7T Ascencion Island 結果 | トップページ | PSKreporter MAPにおけるIOTAチェイシング »

2017年1月20日 (金)

My South American IOTA

私のCE-IOTAを公開しましたら、たくさんのメールやコメントが届きました。4階南側ベランダから棒のようなアンテナAPA-4を振り出して20年間シコシコと毎朝、毎晩ワッチしての結果ですが、その傾向をレポートします。CE-IOTAは除きました。

 
●LU-IOTA
①SA-021 LU4DA/D     19-Dec-98 11z 14MHz 59
②SA-022 LU4ETN/D    07-Dec-02 08z 14MHz 59
③SA-049 LU8XW/X     26-Feb-00 08z 14MHz 599
④SA-055 L80AA/      10-Aug-01 15z 21MHz 599
⑤SA-065 L65W          12-Oct-02 04z 21MHz 59
                        12-Oct-02 06z 14MHz 59
⑥SA-087 AY0N/X      23-Apr-00 10z 14MHz 59
⑦SA-096 LU6W         05-Jan-13 06z 14MHz 59
 
●PY-IOTA
①SA-003 PY0ZFO        27-Nov-99 06z 28MHz 599 Contest QSO
②SA-010 PW0T           27-Feb-02 09z 10MHz 599
                              01-Mar-02 09z 14MHz 599
③SA-019 PW6AI          17-Feb-02 07z 14MHz 59
④SA-024 PY1NEZ/2     01-Dec-01 06z 21MHz 57
⑤SA-026 PT5T            29-Jan-99 11z 21MHz 599
⑥SA-027 PR5L            06-Sep-97 08z 14MHz 599
⑦SA-028 PY1NEZ/2     18-Mar-01 09z 14MHz 58
⑧SA-029 PY1OW/P      21-Aug-04 23z 21MHz 599
⑨SA-046 PY7ZY/7       14-Feb-99 08z 14MHz 59
⑩SA-067 PY1NEZ/PP1 23-Nov-99 08z 14MHz 59
⑪SA-079 PT1R            03-May-09 09z  7MHz 599
⑫SA-080 PT7WA/PY6  13-May-99 09z 14MHz 59
⑬SA-088 ZY5X            20-Jul-03 09z 14MHz 59
 
●その他
①SA-004 HC8N        26-Nov-94 00z 21MHz 599
②SA-034 HC2GRC/P  17-Apr-16 08z 10MHz 599
 
①SA-006 PJ4B        28-Nov-99 03z 21MHz 599
②SA-036 P43E        21-Mar-00 09z 14MHz 59
 
①SA-073 OA5/F9IE   05-Nov-99 10z 10MHz 599
②SA-074 OC3I        14-Feb-04 09z  7MHz 599
 
①SA-030 CV0Z        14-Dec-96 09z 14MHz 599
②SA-039 CW5R        25-Oct-97 23z 28MHz 59
③SA-057 CV0F        14-Jan-01 05z 21MHz 59
 
①SA-002 VP8SDX    25-Apr-01 10z 10MHz 599  by GM4FDM
 
①SA-015 YW5M      15-Jul-03 14z 14MHz 599
 
CE-IOTAと同じ傾向で1998年から2004年くらいをピークに交信していることがよくわかります。近年はEU/NAからのペディション局との交信が増え、地元局のペディションがほとんど交信できなくなっていました。
 
LUとCXは完了していますが、PY-IOTAの一部とアマゾン川河口の8エリアは全くできていません。南米北部もほとんど取れていません。この辺りはビームが必須でしょう。
 
コンディションの良い時期は14/21MHzが中心で28MHzでも入感し簡単に交信できています。コンディションが落ちてからは7/10MHzが増えています。IOTAを始めた当初はCWのみにこだわっていましたが、結果としてSSBもやらないと数は増えないことになりました。
 
地元局はSSB運用が多く、EU/NAからのペディション局はMainly CWとなる感じでした。14260/14040などのIOTA Meeting Frequenciesを繰り返しワッチしておけば結構出会えるという感じでした。また、メールアポイントも応答率は良かったです。
 
facebookは4年くらい前から使い始めていますが、まだ南米の局とは使い始めていません。
 
QSLカードは100%回収です。ほとんどの局へ事前にメールをお送りし、交信できた途端にQSOありがとうメールを送り、ペディションから戻ったと同時にQSLカード請求の方法を問うメールを送り、とにかくずっとお付き合いする感覚で接し交流を深めました。
 
南米IOTAは99件中、47件のクレジットです。まだ半分以上残しています。2000年頃のGood conditionが到来したとしてもアパマンアンテナではせいぜい10件くらい増やす程度ではないかと思います。ご参考になれば幸いです。

« SA-043 XR7T Ascencion Island 結果 | トップページ | PSKreporter MAPにおけるIOTAチェイシング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-043 XR7T Ascencion Island 結果 | トップページ | PSKreporter MAPにおけるIOTAチェイシング »