World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Wanted JA-IOTA resident stations for NEW Sked | トップページ | AS-153 AU2WBR Sagar Island からの返事 »

2017年2月 7日 (火)

Delay Clublog QSO matching について

この朝にJO1CRA四十物さんから表題の「Delay Club Log QSO matching」について、その存在を教えていただきました。

 
RSGB IOTA websiteにおいてログインしますと、自分のクレジット(My credits)の右側に「More...」を選択するとウインドウが開き、その3番目の「Delay QSO Matching」を選択すると現れます。
 
Delay_club_log四十物さんからは2999も選択できるので永久に使えないようにすることもできるとありましたが会社へ出勤直前のため詳しく聞けず、何の事だかさっぱりわかりませんでした。
 
その後、詳しく確認してみました。Google和訳は次の通りです。
  1. あなたのClublogクレデンシャルと、Clublog QSOのマッチングを遅らせたい遠征コールサインと、許可された開始日を入力してください。
  2. 処理をクリックすると、遅延が設定されます。
  3. Clublogアカウントが所有するコールサインの遅延だけを設定できます。
  4. すべてのQSOマッチングのデフォルトの遅延は、QSO時間(UTC)の60日後です。
 
①主語はClub Logをuploadする人です。主にIOTAペディショナーや固定局になると思います。そのコールサインの分を遅らせることができる。②一般的にはClub Log登録後60日目にClub Log QSO Matchesが使えるとあります。
 
以前、K3EST BobさんがIOTA Ltdのメンバーとして、IOTAペディショナーへアンケート形式の島上陸の証明などをメールで送っておられるとの情報を得ました。
 
そこで、上記の画面の日付の部分のみ拡大します。
Delay_club_log_1 
ポイントは年度の入力です。2017、2018、2019、2020、2021、2022と2099の7つしか選択できません。一般的には2022年12月31日までの延長と、2022年1月1日から12月31日までの選択しかできないようになっています。つまり2022年を選択した場合は利用不可になるでしょう。
 
まとめますと、ペディションごと(IOTAクレジット率20%未満)にIOTA Ltdからメールがとどき、上陸証明などの確認とともにClub Log へのログ計上確認とこの延期手続き方法のお知らせがされると思われます。Club Logを登録されると無条件にマッチングシステム利用に進むのでしょうね。
 
あくまでも予測です。正式情報が待たれます。

« Wanted JA-IOTA resident stations for NEW Sked | トップページ | AS-153 AU2WBR Sagar Island からの返事 »

コメント

表題の「Delay Club Log QSO matching」ですが、画面をさわっているうちに2099を指定してしまいました。
これって、キャンセル出来るのでしょうか?

おはようございます。
あるという存在をレポートしました。使い方と修正方法の確固たるお答えはできません。
しかしながら感覚的には2017年も入れられるようになっていますので、数日後の2017年2月10日くらいで登録し直されてはいかがでしょうか。確固たる回答ではありませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Wanted JA-IOTA resident stations for NEW Sked | トップページ | AS-153 AU2WBR Sagar Island からの返事 »