World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« VU-IOTAを調べてみよう | トップページ | Exchanged callsign from YF1AR to YE1AR »

2017年2月21日 (火)

Wanted JA-IOTA resident stations for NEW Sked その5

2017年2月20日午後6時から14MHzCWでG0JHC Neilさんの要望でAS-040のA-OMとAS-023のK-OMへ連絡し、4回目のSkedを行いました。
 
残念なことに私は時間を失念して参加できませんでした。Neilさん、申し訳ありません。17時40分にNeilさんのSkypeコールが残っていました。そして、18時20分に「NEW ONE!!  J*6**N AS023」と見事に交信できたとの報告が続いていました。
 
19時過ぎに戻ってきましたが「Really?」と問うと「間違いなし」と返信があり、4件目のJA new IOTAをたいへん喜んでいました。
 
また、AS-040のA-OMからは私宛に残念ながらノイズのみとのメールが戻りました。Neilさんへ伝えるとNext weekendに希望してきました。
 
G0JHC NeilさんはAS-043、AS-117、AS-036、そしてAS-023と4件のJA-IOTA new
oneに成功されました。お手伝いしましたが羨ましい限りです。
 
Skypeのお別れのメッセージに「I hope you have finished your presentation now Shu」と
西日本ハムフェアの講演用プレゼン作成を早く終わってねと言ってきました。(笑い) こちらも順調に進んでいます。
 
なお、AS-117に関しましては15年くらいまでは海外局からJA-IOTAのなかで最も人気がありました。それは本州コースタルIslandの判断がしづらかったためです。最近はAS-117からのペディションはあまり聞きませんが、5月にJA2のYLさんがAS-117のJA2の島からオンジエアを計画しているという情報があります。AS-117ご希望者はご一報をください。

« VU-IOTAを調べてみよう | トップページ | Exchanged callsign from YF1AR to YE1AR »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VU-IOTAを調べてみよう | トップページ | Exchanged callsign from YF1AR to YE1AR »