World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll website open | トップページ | OC-098 E51LYC Pukapuka AtollのClub Log QSO Matchesへの質問 »

2017年3月18日 (土)

RT9K/9 無事到着の報告

2017年3月17日1100JSTにUA9KDF Igorさんの住むサルコレに帰り着いたようです。

RRC websiteではRRC PresidentのUA9OBA Yuriさんのコメントが入りました。ロシア語をGoogletranslateで翻訳した文章です。
 
 
【2017年3月18日] RT9K / 9 - 遠征 "北極の伝説」のメンバーが帰国
9時39分
RT9K / 9 - 遠征 "北極の伝説」のメンバーが帰国
 
イゴールZnamenskyによるUA 9 KDFのプロセス媒体、北極»のスノーモービル遠征"伝説の頭RT9 K / 9、 3000キロヤマルからディクソンへと戻って上をスノーモービルによって送信される、参加者が無事帰国しました。すべては健在です。
 
遠征は(AS-068、AS-104、AS-121、AS-054)に達すると空気をIOTAプログラム上の島々の数を活性化することを計画していたが、到達ディクソンが原因カラで重い氷の状態に北のさらなる前進を停止することを余儀なくされたこと海やエリアのタイミルと島々の海岸に沿って開いた水の存在は、活性化させることを計画しました。
 
あなたは(AS-005)ディクソンにあるとき島は空気の作業を行った- RT9K / 9( -1000 QSOのを行いました)。誰QSLを受信したい、ClubLogを通してそれを作ることができます- https://secure.clublog.org/logsearch/RT9K/9/AS-005 またはを通じて電子- メールアドレスrt9k@inbox.ru
参加者の残りの後、後に発表される予定遠征の将来の計画を決定するであろう。
 
プロジェクトについて、サイトを参照してください- 。http://yanaorgo.ru/s/02_17/index.htmlとhttp://www.qrz.com/db/RT9K/9。
73!ユーリザールバUA9OBA、 RRCの社長
 
変な日本語ですが、ご勘弁ください。なんとなく理解できると思います。今後の計画は話し合って決定されるだろうと理解しました。まずはレポートしました。

« OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll website open | トップページ | OC-098 E51LYC Pukapuka AtollのClub Log QSO Matchesへの質問 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll website open | トップページ | OC-098 E51LYC Pukapuka AtollのClub Log QSO Matchesへの質問 »