World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« AS-026 HL4/JA8COE Cheju Island運用記 | トップページ | OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 17) »

2017年3月17日 (金)

RT9K/9 本隊チーム 間もなく帰還 (Ending)

2017年3月16日のAPRSを確認しましたところ、既に二つの分隊とは別れ、UA9KDF Igorさんの住むTarco-sale(タルコ・サレ)の北方100kmの町、ウレンコイの近辺まで戻ってきました。おそらく3月17日中に帰宅すると考えられます。

 
Rt9k9_20170317 
今回、N3QQ Yuriさんの推薦もあり、多くの局にドネーション支援をいただきましたが、現実には失敗に終わったと言えるでしょう。
 
結果として、一般的な北極海IOTAツアーは近辺の滑走路所在の場所まで飛行機で入り、そこからスノーモービル、大型車、ヘリコプターで島に到着するというやり方でしたが全行程2000kmをスノーモービルで移動することは無理だったようです。
 
UA9KDFにはまずは完ぺきに安全に帰り着いてもらいましょう。ゆっくり休んだ後に今後の件を調整したいと思います。

« AS-026 HL4/JA8COE Cheju Island運用記 | トップページ | OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 17) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-026 HL4/JA8COE Cheju Island運用記 | トップページ | OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 17) »