World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

AS-071 R71RRC donarのQSL請求について

一週間ほど前に「AS-071 R71RRCのペディションにドネーションをされた場合は自動的にQSLカードが送付されると貴ウエブに記載されていますが本当でしょうか」というご質問をいただきました。2~3日後にUA3AKO Victorさんへ質問のメールをしました。

 
AS-071から戻ったばかりでたいへん忙しい状態のために数日回答をお待ちくださいと返事をいただきました。
 
その後に詳細を調べてみました。私は昨年のAS-092 RT92KA時にIOTA700アワード獲得のために事前にドネーションしていたため、Victorさんより特製のQSLカードを送っていただき、6月1日の紙アワード廃止アナウンスにぎりぎり間に合いCP JAへ申請しました。
 
その後の通常送付で正式のAS-092 RT9KAも自動的に送ってもらいました。どうも思い込みが強かったのでしょう。私が勝手に交信した場合は自動送付と勘違いしたようです。彼らのウエブをくまなくチェックしましたがどこにもAutomatically送付はありませんでした。
 
AS-071 R71RRCのドナーを数えてみますと90局です。3USDのOQRS手数料になっていますので、270USD分の送料、返信封筒代、その他の損失を与えることとなります。自動送付をお詫びして訂正させていただきますとともにあと3USDによるOQRS請求をお願いいたします。
 
皆様のご厚意は2018年のペディション実行に繋がっていくものと思います。
なお、ご質問者とVictorさんへはその旨をお伝えしました。
 
【追記】
ドナーへのQSL自動送付に関して質問が数件ありました。基本的にはドネーション募集をネットに掲載したら、その申し込み要領に「ドナーへのQSL自動発信の有無」を確認すること。ネット掲載が無い場合はペディショナー側からメールなどで確約を得ているということです。

2017年4月29日 (土)

EU-169 ZA/IK7JWX Sazan Island plan

この朝にDX-World.netに表題のEU-169 Sazan Islandのプランが掲載されていました。

Alfredo, IK7JWX will be active from Sazan Island EU-169 as ZA/IK7JWX between June 10-20, 2017. QRV on HF bands. QSL via H/c.
 
このコンディションではビーム利用でなければかなり厳しいように思います。ZA局の運用はIOTAの運用であってもDXCCニーズが高くなり、よりパイルが厚くなる割合が高くなるようです。2009年4月にSA-098 4T6I Isla leonaのペディションがHA1AGによって行われた時を思い出します。
 
南米IOTAのペディションをCE6TBN(現CE1TBN)とともに実施されるHA1AGをJA IOTAチェイサーの有志で支援をし続けていたため、SA-098 4T6I Isla leonaはJA向けに多くの配慮をしてくれました。特に30mバンドが有効とZoliさんは考えられました。
 
SA-098は30mによるサービスが中心となりました。ところが思ったほどのJA局とは交信できず、続いてMain landから30mをサービスされたときは、簡単に交信できるほどに変ってしまいました。私も島からは交信できませんでしたが、Main landからの30mは交信できました。
 
ペルーの30mはとても珍しく、IOTAに関係なしに世界中の30mマンがDXCC 30mを目的に呼び始めパイルとなったようです。ところが後半のMain landからの30mサービスはすでに交信が済んだために呼ぶ局が減って私のアンテナでも楽に交信できました。
 
つまり、IK7JWXがIOTA EU-169を多くの局にサービスされたい場合は前半を本土側でサービスし、DXCCのZAの要求を満たし、後半をEU-169 Sazan IslandからIOTAチェイサー向けにサービスされることをお勧めします。
 
本当にEU-169との交信を望んでいる局との交信可能性の確率を高めることができます。
 
2009年4月の当ブログにSA-098 4T6I Isla leonaの記事を二つ掲載しています。ご参考にご一読ください。
 
 
 
EUにお住いの局でIK7JWXをご存知の局がおられましたならば、英語やイタリア語にしてお伝えいただければありがたいです。

2017年4月28日 (金)

EU-190 RI1F Victiria Island (28-Apr-2017)

QRZ.comのRI1Fに4月25日付情報が書き込まれました。船代の支払いやムルマンスクからの出発日程や運酔え予定日等の情報が書き込まれました。従前は9月中のみでしたが、9月27日にムルマンスクを出発し、10月4-5-6日くらいからになりそうとのこと。

 
また、4月27日付けニュースとしてムルマンスクへペディションのための装備等300kgを送付したとのこと。
 
準備はよいですが、くれぐれも途中で引き返すことの無いようよろしくお願いします。
RI1Fのページの一番下にニュースリリースが掲載されています。

OC-226 V6J Mokil Island plan (Late June 2017)

本年1月1日よりアマチュア無線のウエブマガジンとして多くの局に愛読されています「月刊FBニュース」の中にIOTAの紹介記事「広げよう“IOTA”の輪  ~ONE PIECE of IOTA~」の5月号に私の記事が掲載されることになりました。

 
そのコーディネーター役の大阪のJP3AYQ眞田さんのメールが昨晩10時頃に届き、この朝に確認しました。FBニュースの件に合わせ、表題のOC-226 V6J Mokil Island planの情報も書いてありました。
 
「V6JのOC-226Mokil島行きが少し前進しました。多分6月の後半には船が出そうな気配です。(原文)」
 
QRZ.comのV6Jを確認しますと久しぶりにメンテナンスされていました。続いてFacebookのDX情報を確認するとすでにOC-226 V6Jの情報が各所から発信され、すぐにでも日程が決定し実行されるという感じでした。またに、夜中の間に情報は世界中を駆け巡っているという様でした。
 
EU7A Andyさんがとても積極的に眞田さんに連絡を取られていたそうです。ここから世界中にあっという間に広がったようです。
 
月刊FBニュース作成の打ち合わせを2か月ほどさせていただいている中で、V6現地に船のお世話をしてくださる方(日本人?)がおられる。現在、修理のために日本のドッグに入っているなどとお聞はし、おぼろげに記憶しています。
 
ただし、修理などは眞田さんがされるわけではないので世界のニュースはすでに決定と書いてあるギャップを感じてしまいます。少し怖い感じがしました。(笑い)
 
私自身もNew oneならば気合いがはいるのでしょうが、おぼろげ情報で申し訳ありません。しかし、QRZ.comに最新の情報が掲載されますのでチェックと判断を個人でお願いします。
 
2016年11月9日に前回は記載していますのでご参考ください。
 
「気配です」が「確定しました」に早めに変ることを念じております。
 
日本人が実行する世界的にはかなり大きなイベントと判断してよいと思いますが、JARLやYaesu、Icomやその他の日本の団体等がかかわっておらず、その文字が見当たらないのも少しさびしい気がしております。

2017年4月27日 (木)

OC-233 VK5CE/7 Bruny Island顛末

IOTA-chasers Forumに次の書き込みがVK5CE Craigさんより行われました。

 
Thanks to everyone's kinds wishes both on and off this reflector. My mother in law has recovered and is much better now. I felt better when at the hospital in Hobart the doctor said we did the right thing by playing safety first and getting off Bruny Island just in case her respiratory issues deteriorated.
Conditions were horrendous whilst there on the island with the K index over 6. Made just 456 QSOs in a one day period when I would normally make over 1000 QSOs. Europe 53%, Asia 20%, Oceania 15% and North America 12%.
So feeling pretty flat. Just trying to plan another IOTA activation now
73s Craig VK5CE
 
義理のお母様の急病でOC-233の運用がばたばたしたことに心配をかけたことへのお詫びとお礼ではじまり、それに合わせてコンディションの悪い中でのレポートです。1000QSOs以上の感覚であったが456QSOsに終わったこと。大陸別のQSO割合、今後の対応を充実させると誓っておられます。
 
昨年2016年に前任のVK2ROのCP業務を受け継がれてRSGB IOTA CP オセアニア地区の業務を受けられて頑張っておられます。2017年も拡大を図るべく、OC-228 Grante Island、OC-196 Gabo Island、OC-233 Bruny Islandとペディションを実施し多くのIOTAチェイサーへNewをプレゼントされました。
 
OC-228 Grante Islandは複数回のOne Day Operationに対し、私も当ブログで積極的にPRさせていただきました。しかしながら、OC-196とOC-233ともに私のアパマンアンテナではまったく受信することができませんでした。サポートの資格はないと思うほど追っかけましたが聞こえませんでした。
 
間違いなくコンディションの低下が影響しているようです。VK5CEのQRZ.comには、
 
①VK5CE/8 DXpedition to North Island IOTA OC-198 on October 12 to 16 2017
 
②VK5CE/9 DXpedition to Ashmore Reef IOTA OC-216 in early November 2017
 
の二つのIOTAペディションが10月、11月に予定されています。
 
特にOC-216 Ashmore Reefは私もNewとなりますのでドネーション支援も考えていますが、OC-196/OC-233の結果を鑑みると適確なコンディションの把握やお互いのアンテナのレベルアップなどの考慮しなければならないのですが、恐らくこれ以上は無理と思えます。
 
やはり、VK5CE CraigさんにSlowで良いからCW運用を提案することがベストと思います。ビーム利用局には現状でも十分ではないかと思いますが、ぜひCraigさんにお願いをしてみたいと思います。なお、YB8RW Dinさんは私のことをCWの先生と言ってくれます。(笑い)
 
CW運用をお教えした訳ではなく、CWの素晴らしさを説いただけです。でも、今ではCW運用の方が多くなられたことは間違いありません。柳の下のドジョウすくいにチャレンジします。

AS-171 4S7VBG QRVing (4/26)

UA4WHXの素晴らしいサービス力ですね。各バンドをまんべんなくサービスしてくれています。私のところはスリランカ方面に15年ほど前に建った隣のマンションの影響なのか微かにしか聞こえずとても呼べる状態ではありません。

 
唯一、可能性のある30mで昨晩10時30分過ぎに呼べそうな状態になりましたが、40mへQSYしてしまいました。VladはDupeに対し5年間相手にしないという宣言をしていますのでコールリターンのコピーができるまで待つ必要があります。厳しい状態です。
 
AS-003 4S7VBGとして4月5日頃から11日までスリランカの中央にあるキャンディからオンジエアしていました。帰りがけにきっとAS-171に/Pで出てくるのではないかと予想していました。十二分にIOTAのニーズを理解してくれています。
 
現在の状況を調べてみました。最も重要な部分、①島名、②いつまでのQRVかの2点は不明です。③Club LogやOQRSのセッティングも不明です。2015年の北極海IOTA時にはClub Logによるログサーチ、PayPalによる請求とQSOデータ送付によりQSLカードを発行してくれましたが、そのようになる可能性はあります。
 
ただし、情報が後出しになる傾向がありますので、1週間ほど間を開けてUA4WHXの指示を受けてからQSLカードの請求をしたほうがよいと思います。
 
QRZ.comの4S7VBGには4月26日に、
 
QTH 4S7VBG/p = AS 171
==
 
この2行のみ追加されました。追ってQSLに関する情報が加わるでしょう。
 
 

2017年4月26日 (水)

AS-171 4S7VBG QRVing (4/25)

この朝に表題のクラスターレポートがあがりました。UA4WHX Vladのオペレーションです。

 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
========================================================================
4S7VBG/P      17/04/25 2158Z   7001.0                                 F6GPT    
4S7VBG/P      17/04/25 2158Z   7001.0 up 1 Vlad still here            I1APQ    
4S7VBG/P      17/04/25 2137Z   7001.0 as-272 no takers up 1           LZ1JZ    
4S7VBG/P      17/04/25 2114Z   7001.0 QSX 7002.00                     RD3K      
4S7VBG/P      17/04/25 2113Z   7001.0 up 1  -- better nw              I1APQ    
4S7VBG/P      17/04/25 2111Z   7001.0 lsn up1. qso tnt                RM5Y      
4S7VBG/P      17/04/25 2105Z   7001.0 qsx up1                         LZ1JZ    
4S7VBG/P      17/04/25 2056Z   7001.0 as-171 up 1 no takers           IK5HHA   
4S7VBG/P      17/04/25 2055Z   7001.0 as-272 no takers up 1           IK5HHA   
4S7VBG/P      17/04/25 2050Z   7001.0 as 171                          UA4WHX   
4S7VBG/P      17/04/25 2048Z   7010.0 QSX UP-1. TNX QSO VLAD Cu 73.  JA4FKX-# 
4S7VBG/P      17/04/25 2042Z   7001.0 tnx QSO                         RA4FK    
4S7VBG/P      17/04/25 2037Z   7001.0 Not strong but workable UP-1    SP3HLM   
4S7VBG/P      17/04/25 2035Z   7000.9                                 HA6VH    
4S7VBG/P      17/04/25 2028Z   7001.0                                 HA6VH    
4S7VBG/P      17/04/25 2023Z   7001.0 CQ UP                           JR7AMZ   
4S7VBG/P      17/04/25 2015Z   7001.0 tnx Vlad / up 1                 UA3YAA   
4S7VBG/P      17/04/25 2009Z   7000.1 73 FROM LUCA . UP               IU8FRE   
4S7VBG/P      17/04/25 1958Z   7001.0 UP 1-3 IOTA AS-171              RW5C      
4S7VBG/P      17/04/25 1944Z   7001.0 tnx QSO up                      SP3QDM   
4S7VBG/P      17/04/25 1943Z   7001.0 UP 2 , TNX QSO 73 !!!           R5CW      
4S7VBG/P      17/04/25 1932Z   7001.0 AS 171                          UA4WHX   
4S7VBG/P      17/04/25 1802Z   7001.0 tnx qso                         DK5AL    
4S7VBG/P      17/04/25 1801Z   7001.0 tnx QSO                         RK7C      
4S7VBG/P      17/04/25 1743Z   7001.0 as-171                          US5ETV   
4S7VBG/P      17/04/25 1715Z  10102.9 up                              S57NML   
4S7VBG/P      17/04/25 1700Z  10103.1 tks up as-171                   CT1JOP   
4S7VBG/P      17/04/25 1659Z  10103.1 up as-171 tks vlad ua4whx       W2FM      
4S7VBG/P      17/04/25 1651Z  10103.0 as-171 up 2                     IK5HHA   
4S7VBG/P      17/04/25 1649Z  10103.0 up 2  Tnx Vlad DSW              ON6DP    
4S7VBG/P      17/04/25 1642Z  10103.0 AS-171 4S coastsl isl. lsn/up   RT6C      
4S7VBG/P      17/04/25 1626Z  10103.0                                 I8YAV    
4S7VBG/P      17/04/25 1626Z  10102.8 up 2 tnx QSO%21 As-171          UR5EH    
4S7VBG/P      17/04/25 1624Z  10103.0 big pile but CQ                 DF1YL    
4S7VBG/P      17/04/25 1620Z  10103.0 tnx QSO! As-171                 R3OO      
4S7VBG/P      17/04/25 1558Z  10103.0 TU Vlad UP-1                    UN7LZ    
4S7VBG/P      17/04/25 1553Z  10103.0 fb sign, Isl.?                  DK7DU    
4S7VBG/P      17/04/25 1553Z  10103.0 as-171 up1                      RZ1OA    
4S7VBG/P      17/04/25 1547Z  10103.0 Up 1                            JA1JXT-# 
4S7VBG/P      17/04/25 1534Z  10103.0 cq from as-171                  US5ETV   
4S7VBG/P      17/04/25 1524Z  14001.0 not a piep, name of Isl.?       DK7DU    
4S7VBG/P      17/04/25 1516Z  14001.0 1 up AS-171                     ON4ACW   
4S7VBG/P      17/04/25 1514Z  14001.0 AS-171 up1                      JQ1QVA   
4S7VBG/P      17/04/25 1509Z  14001.0 TU 57NN IOTA AS 171 CQCQ UP 1   IZ8GCP   
4S7VBG/P      17/04/25 1503Z  14001.0 AS-171 no takers up1            RT6C      
4S7VBG/P      17/04/25 1450Z  14001.0 Now too weak to work. Pity      ZS1XG    
4S7VBG/P      17/04/25 1450Z  14001.0 Now too weak to work.  Pity     ZS1XG    
4S7VBG/P      17/04/25 1432Z  14001.0 up2 - GD ears!                  PA1MR    
4S7VBG/P      17/04/25 1422Z  14001.0 IOTA AS 171 up 2.4 TNX          RA1QQ    
4S7VBG/P      17/04/25 1422Z  14001.1 QSX: 14?003.1                   R8DX      
4S7VBG/P      17/04/25 1405Z  14001.0 AS-171 - up - TU                IK3OYU   
4S7VBG/P      17/04/25 1355Z  14001.0 up AS-171                       R3OK      
4S7VBG/P      17/04/25 1349Z  14001.0 qsx   14002.1  tnx  qso         RM7C      
4S7VBG/P      17/04/25 1346Z  14001.0 QSX 14002.1                     UB7K      
4S7VBG/P      17/04/25 1345Z  14001.1 tnx QSO                         UN4PG    
4S7VBG/P      17/04/25 1339Z  14001.1 tnx QSO                         UX3MF    
4S7VBG/P      17/04/25 1326Z  14001.0 tnx QSO                         RA4FK    
4S7VBG/P      17/04/25 1318Z  14001.0                                 RX9WN    
4S7VBG/P      17/04/25 1318Z  14001.0 TNX QSO! 73!                    UR5IRM   
4S7VBG/P      17/04/25 1314Z  14001.0 CW                              S57AW    
4S7VBG        17/04/11 1911Z   3510.0 wid 100w,gl Vlad                9A2AJ    
4S7VBG        17/04/10 2227Z  10103.0                                 UA4WHX   
4S7VBG        17/04/10 2155Z  10107.0                                 UA4WHX
 
4月4日から11日までスリランカのCentral ProvinceのKandyからオンジエアしていました。スリランカは日本時間JST-3時間です。現地時間の午後7時過ぎから14CW、10CW、7CWで現地時間の午前4時まで連続でサービスしました。
 
島から出てくるのではないかと思っていましたが、いきなりでてきました。過去のAS-171の経験ではShort QRVの可能性が高いと思われます。No informationですが、今日の夜に出てこなければこれで終わりと思いますが、どうなるやら。QSL via UA4WHXです。いつものとおりDupeは許さずです。

2017年4月25日 (火)

JA9IFF中嶋さんのアメリカ旅行記Visalia 2017

昨年2016年10月に英国で開催されましたRSGB Convention 2016に続いて、JA9IFF中嶋さんが先週末に米国のバイザリアで開催されました2017 Visalia DX Conventionへ行かれました。そのレポートを下記のURLにてお楽しみください。

 
 
さすが我等のRSGB IOTA CP JAを担当されている関係で参加されています。正式名称は、International DX Conventionといい、 http://www.dxconvention.com/  に詳細があります。
• Friday Evening Dinner Optionsとして、 TopBand, IOTA, and Contestingの3コースがあります。もちろん、IOTA Dinnerに参加されたそうです。
 
このIOTA Dinnerでの写真やレポートが掲載されています。ぜひ、中嶋さんのウエブにご訪問ください。
 
なお、中嶋さんは文中にあるK9AJとKD6WWへIOTA-KL7 Wanted List 2017のエクセルファイルも送られたそうです。作成者としてはたいへん嬉しいです。(笑い)
先立つものがあれば私も行きたいですね。
 
それよりも東京、大阪を順繰りでIOTA Meeting & Dinnerを開催し、年一回くらい顔を合わせる場を作っても面白いかもしれませんね。

AS-071 R71RRC運用の顛末

昨晩、AS-071 R71RRCの14CW分QSOの追加訂正をしていただけましたので、UA3AKO Victorさんへ再度メールを送りました。彼が一生懸命に唱えられていたJAの4アマ向けの対応の顛末報告です。

 
VitorさんはJAからの支援の多さに感謝されて、ハイバンドのコンディションが悪いためにJAの43万局中、最も構成が多い、4アマ向けに運用開始2日後くらいに7MHzSSBアンテナをセットアップし、私に電話を入れるので時間や周波数を教えて欲しいと2回ほど依頼されました。
 
実際には4月7日以降の外出時には携帯電話とVictorさんと何を喋るかを記入したメモをすぐ取り出せるようにまた、メモも取れるように準備していました。結果としてEU7A Andyが2回仲介してくれたために電話はありませんでした。当ブログでも4アマ向けに募集しました。
 
ところが1000-1100UTCの7160をワッチしていましたが、JAコールは聞こえましたが、ご本尊のR71RRCの7MHzSSBは聞くことをできず役不足を痛感しました。さらに4アマの方からの申し込みもなく、コールしているのはそれなりの局ばかりでした。
 
時期が重なりましたがK3EST BobさんのJCC4017大川市の支援のために大川市データを作成したことは既報の通りです。このリストにコメントを付けてUA3AKOへ現状報告として送りました。要旨はIOTAを楽しむためにはどうしてもCWモードと10/14MHzがメインになるために上級ハムの取得が必須にならざるを得ないことを伝えました。
 
4アマ向けサービスはたいへん素晴らしい支援であると思いましたが、極寒の地で一生懸命に特製アンテナを張ってある姿と、温かいシャックで4アマのまま7160をワッチする姿はマッチしないと思いました。極寒の地へ行く努力に対し、CWや10/14MHzに出れる努力をしていただきたいです。
 
話は変わってしまいましが、調べているうちに途中でこんなものまででてきました。ご参考ください。
 
20170228総務省が発表した2017年2月末現在のエリア別アマチュア局数です。
JA6九州エリアが数年前にJA7東北エリアに数で抜かれてしまいましたことは知っていました。なんと、今度はJA8北海道エリアからも抜かれてしまいました。沖縄を九州に加算してもわずか49局多いだけで、今年中には(九州+沖縄)連合も完璧に抜かれるでしょう。
 
また、JA3近畿エリアもいつの間にかJA2東海エリアと逆転していました。45年くらい前の頭のままでいましたら大きく変わっていました。これに先日報告の福岡県大川市のデータをかけ合わせると物凄い現象(減少)が起きているようです。

2017年4月24日 (月)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island log search correction

2017年4月6日より4月15日まで運用されました表題のAS-071 R71RRCは7CW 10CW 14CWの3QSOを行いましたがログサーチでは14CWが欠落していました。IOTAの場合は1QSOで良いと思っていたのですが、やはりUA3AKOへ伝えることにしました。
 

R71rrc_club_log

 
さきほど確認しましたら、無事に訂正追加されていました。ご本人からのメッセージはありませんでした。まだペディションの片付けや休養で忙しいと思いましたのでしばらくメールを待ちたいと思います。
 
なお、ドネーションを送られた局はOQRS処理は不要と当ブログで報告しましたが、UA3AKOへ近日中に確認しますので今しばらくお待ちください。
 
一番明確にコピーできました14CWが認識していただき、安心しました。

4月下旬から5月にかけてのIOTAオセアニア状況

OC-202 Tinaga IslandからDZ4Cのコールにて4F1GNW Andrew、4F1OZ Ed、4F1KWT Gil、DU1COP の4人が出てきました。QSLマネジャのVE7DP FrancもIOTAペディショナーで過去にたくさんのDU-IOTAとVE7-IOTAを回っています。

 
QRZ.comを確認すると4F1OZはDoctorとのようです。W5YIの試験管もやっているようです。4F1KWT Gilさんは10年来の友人です。San Fernandoの病院にお勤めです。なかなか休みが取れない人ですが、ようやく休暇が取りやすくなったのでしょうね。恐らくこのメンバーは病院関係者が多いと思います。
 
メールアドレスがありますから、QSOやQSL受領の御礼メールを兼ねて皆さんの未交信DU-IOTAをQSPされることをお勧めします。年に一回くらいは計画できると判断します。可能ならば私が唯一未交信のOC-105 Cagayan de Suluを推挙してください。(笑い)
 
VE7DPには耳たこ状態ではないかと思うほどお願いしました。DU8エリアは数年前まで反政府ゲリラ活動が激しいところでした。ドゥテルテ大統領になり少しずつ変化を感じています。
 
OC-119 DU1UD/8 DindoさんもJolo Islandから仕事の合間に5月中1か月ほどQRVするそうです。過去にDX8DXのコールで OC-174(Apr 13)、OC-225(Apr 13)、OC-188(Sep 14)、OC-130(Jan 17)でたくさんのIOTAチェイサーへサービスされています。
 
OC-119 Jolo Islandは30万人の人口を抱えるかなり大きな町です。昔はDU8ARKという固定局がよくQRVしていました。5月下旬まで朝と夜にCWバンドを丁寧にワッチするとかならずCQを見つけることができます。
 
OC-233 VK5CE/7 Bruny Islandは昨日早々とQRTしました。Craigさんの家族に医療事故があったようです。交信できなかった方にはごめんなさいとのQSPがありました。
残念ながら2月のOC-196 Gabo Island VK5CE/3に続き、このOC-233も私のアパマンアンテナでは信号をまったく関知することができませんでした。
 
2017年11月にOC-216 Ashmore Reefプランを発表していますが、まだ早いと考えドネーションを考慮中です。30mでCWをときどきやっているという噂もありますので、CWの練習をもっとしてもらうよう提案したいと思います。10124でVK4FW/Pがガンガン入感しているのに7/14のVK5CE/7は聞こえない状態でした。
 
OC-165  9M8RC           29 Apr  2017   1 May 2017  23.6% 【SSB only】
OC-235  DU9/SP5APW   9 May 2017  17 May 2017  25.4%  【SSB only】
OC-098  E51LYC          11 May 2017  23 May 2017    8.4%
OC-267  VK9MAV   15 May 2017  25 May 2017  12.5%
 
と、4月末から5月にかけてIOTAオセアニアが目白押しです。

2017年4月23日 (日)

IOTAが取り持つJCC4017の縁

IOTA chasingを通して世界中に友人がいますといろいろなことを依頼されます。それはJAの位置づけの高さからきていると思います。期待を裏切らずメールを送り続けます。

 
JA8のN-OMがようやく南米IOTAであるSA-008 LU1XWPとJT65モードで交信されました。紙QSLカードの保有確認をされました。私も支援としてIOTA Validation TeamのK3EST Bobさんへ事情を説明し、Club Log QSO Matches Listに登録可能か問い合わせしたことは当ブログでレポートしました。
 
BobさんはResident(固定)局なので登録できます。次回のメンテナンス後にマッチングをかけるようにN-OMへ伝えてくださいとのことでした。(本日現在でSA-008 LU1XWPは未登録)
そのメールにWACA取得のために福岡県大川市とぜひ交信したいので協力くださいとありました。
 
Bobさんは大川市在住局5局のコールサインも知らせてきました。そこで、次のことを実施しました。①JARL会員か、②jarl.comを登録しているか、③QRZ.comにメールアドレスはあるか、④Google検索でメールアドレスやQSLカードなどを見つけ出せることができるかを調べました。そして、総務省の無線局検索で「福岡県大川市」で検索できたのが下記のリストです。
 
Hi Bob,
This is all resident station in Okawa-city.
 
JA6PVT 4th class JARL OK V/UHF license
JN6HTI 4th class No JARL
JN6KZS 3rd class JARL OK No QRZ.com Okawa city jarl.cpm OK ●
JA6MEE 4th class No JARL
JA6MEC 4th class No JARL
JJ6RVN 4th class No JARL
JJ6RVM 4th class No JARL
JJ6RVO 4th class No JARL
JE6MNG 4th class No JARL
JM6SHY 3rd class No JARL  No QRZ.com  No Google data
 
JH6KAC 2nd class No JARL No QRZ.com
JH6IBX 4th class No JARL  7/21/28MHz only
JK6DBX 4th class No JARL
JG6DBM 4th class No JARL
JE6NXV 4th class No JARL
JE6PGQ 4th class No JARL
JE6KYF 4th class No JARL  No QRZ.com  No Google data
JL6DHT 2nd class JARL OK  No QRZ.com  Okawa city jarl.com OK ●
JH6IHK 4th class No JARL
JP6CTS 4th class No JARL
 
JF6TQT 4th class No JARL
JL6FNO 4th class No JARL
JM6WXN 4th class No JARL
JE6IIS 4th class No JARL
JE6QAC 4th class No JARL
JG6QWQ 4th class No JARL
JE6QDX 3rd class No JARL No QRZ.com
JA6SWQ 4th class No JARL
JH6IHJ 4th class No JARL
JA6UPI 4th class No JARL
 
JR6GWG 3rd class No JARL No QRZ.com
JR6GWH 4th class No JARL
JI6ANZ 4th class No JARL
JM6LRV 4th class No JARL
JM6JLK 4th class No JARL
JE6RSY 2nd class No JARL  No QRZ.com  No Google data
JQ6KSY 4th class No JARL  No QRZ.com  No Google data
JQ6IAR 4th class No JARL
JR6EWR 2nd class No JARL  No QRZ.com   jarl.com NG
JE6SLE 4th class No JARL
 
JQ6JOH 3rd class No JARL
JM6JJR 4th class JARL OK  7/21/28MHz only
JQ6LMC 4th class No JARL
JF6YTN 4th class No JARL
 
If you are OK, I try to contact with JN6KZS and JL6DHT.
But JN6KZS doesn't QRV on 10/14MHz. JL6DHT is OK for all bands on license.
 
Bobさんへ送ったメールの状況リストです。メールを送れるのは44局中2局でした。
その詳細は全体で44局、その免許別構成は1アマ0(0%)、2アマ4(9.1%)、3アマ5(11.4%)、4アマ35(79.5%)です。JARL会員は4名、jarl.com利用は2局、QRZ.com登録は1名でした。
 
大川市の人口は35,068人(2017年3月31日現在)です。家具の町で有名です。この大川市のデータからいろいろなことが想像でき驚いています。あまりにもあまりにもと言うところです。Bobさんもrare cityと言っていました。
 
残念ながら2局からの返事よりさきに、熊本県山鹿市在住のJE6HCL佐治OMにご相談しましたところすぐにお引き受けくださいました。佐治さんはJA2、JA3のコールもお持ちで7年前に山鹿にこられ、2013年からIOTAも始められています。現在IOTA340だそうです。
 
QRZ.comにもご自宅のバーチカルアンテナを一階の庭に建てられていますが、DXCCも200を超えられているという強者です。フットワーク軽く、本日夜に大川市へ移動し運用してくださいます。Bobさんへも直接連絡され、Bobさんが望まれる熊本県の人吉市や上天草市へも移動されるそうです。
 
【お断り】
大川市在住局のコールサインや免許、JARL加入などはすべてネット検索で入手できるものです。そのため、個人ごとのご了解手続きはしておりませんのでご容赦ください。
 
【追記】
LU1XWPのClub Log QSO Matchesの件はBobさんに確認しましたらおそらく二か月後(60日後)にセットアップされるであろう。もう一度確認するとのご回答でした。
 
大川市はJE6HCL佐治さんのご足労により無事に日本時間午後8時20分過ぎに交信できたとメールをいただきました。Bobさんからも午後10時51分にKenさん(JE6HCL)、Shuさんありがとうと喜びのメールが届きました。
 
いろいろなことを海外局との間にできるチャンスに対応して、ますますFriendshipが高まることはいいですね。

2017年4月22日 (土)

IOTA申請の傾向を掴む

IOTA-R0 Wanted listを2015年の夏に作成し2016年、2017年と更新を続けましたが、IOTA申請の傾向を掴む面白い情報を見つけることができましたのでご紹介をします。

 
----------------------------------------- 2017 2016 2015
28 AS-082 R0Q Laptev Sea Coast Centre group 18.7% 18.0% 9.7%
1 R3RRC/0(Aug 15) via RZ3EC Bursneva Island 
 
-------------------------------------2017 2016 2015
46 AS-203 R0X Shelikhova Bay Group     8.1% 6.5% 0.0%
1 RT9K/0(Sep 15)  via RX9KM Dobrzhanshogo Island 
2 UA0ZC/P(Sep 15) via UA0ZC Dobrzhanshogo Island 
 
IOTA-R0は46件のIOTA件数ですが、28番目のAS-082は2015年8月にR3RRC/0のコールサインでBursneva IslandよりQRVしサービスされました。その時点でのIOTAクレジット率は9.7%でした。翌2016年(1月末)では18.0%へ跳ね上がり、そして2017年には18.7%となりました。  
 
一方46番目のAS-203は2014年7月に分割により新しく誕生したIOTAです。UA9KDF Igorさんをリーダーに2015年9月に実施されました。当然に2015年クレジットは0%、そして2016年は6.5%、2017年は8.1%と増加しています。
 
では実数はどのように変化しているかを調べてみます。 
JA9IFF IOTA CP JAのウエブからのデータを使用します。
2015 JA 140  WW 1434
2016 JA 154  WW 1424
2017 JA 173  WW 1543 2015年から2017年までのIOTA申請者の数はJAと世界(WW)です。このWWを分母として分子を算出すれば実数となります。
 
AS-082  2017  2016  2015      2017-2015=150
             289    256   139
 
AS-203  2017  2016  2015      2017-2015=125
             125    93       0
 
と、いう結果になりました。AS-082は私は10月7日にQSLカードを受領しています。2016年1月末と2017年1月末の2回の申請締日を通過して150名の申請増の結果となっています。はっきり言って少なすぎるでしょう。
 
さらにAS-203も新IOTAとして誕生し、約1年後にペディションが行われ2016年1月締めに間に合わない局もいましたが、2017年1月も含め125名とあまりにも新IOTAとしては低すぎると思います。
 
ちなみにClub LogのQSO数は、AS-082 4,395 QSOs、AS-203 6,973 QSOs+2,254 QSOs (UA0ZC/P分)です。何のために大人数でペディションへ行って、大きなコストをかけて重いものを運んで、とても寒いところへ行っているのかわかりませんね。
 
申請料が高いとも考えられます。Club Log QSO Matchesによりハード的には簡単に申請できる環境整備ができつつありますので、より多くの局が毎年、気軽に申請できるようコストを含めた検討が必要の様に思えてならない数字結果となりました。
 
データ値は少し違っていても掲載結果には大きな影響はありません。
以前にも書きましたが、私のアパマンアンテナでは年間数件の実績です。IOTA700に達成しましたので今後は5年に1回の申請を考えています。

2017年4月21日 (金)

AS-065を調べる

AS-071 NextはAS-065の確率が高いとご説明しました。こうなったらAS-065を調べることにしました。

 
As065_1場所はロシアの東端です。南側のベーリング海沿いがAS-071、北側のチュコト海沿いがAS-065になります。
 
As065_2AS-065 R0K Chukchi Sea Coast East groupに絞ると1島のみのKolyuchin Islandが浮かんできました。ここにはタワーと2軒の建物が建っています。気象関係の建物と思われますが、島の周りはすべて絶壁で船での上陸はできないようです。
 
1 4K4/UA0KBZ (91) 
2 4K4POL (90-92) Kolyuchin Island 
3 U0K/UV1POL (89-90) 
 
過去3回の運用もこの島からです。おそらく1989-1992年にこの設備を立ち上げるために駐在員がいたものと考えられます。おそらくヘリコプターでないと上陸できないようです。
 
As065_3Kolyuchin Islandへは本土側のバンカレムとネシュカンという町からになると思います。いずれも30~50軒くらいの建物を確認できます。飛行場の滑走路は確認できません。極寒の冬を越すのにたいへんなところと思います。
 
ネシュカンの近くにIOTA DirectoryのAS-065に掲載されていない島がありました。本土から1500mの距離であり、AS-065に追加できそうです。島の大きさは東西650m、南北50m程度で北側の海岸は絶壁のようですが、南側はほとんど砂浜でした。
 
Idlidiya Islandという名前もありますし、ネシュカン町も近いです。2-3月ならばスノーモービルなど、夏季はボートで渡島できそうです。UA3AKO Victorさんに知らせなくては。

2017年4月20日 (木)

OC-233 VK5CE/7 Bruny Island 4/22-23

VK5CE Craigさんが爆発しています。5つのIOTAペディションプランを発表しましたが今週末は表題のOC-233 Bruny IslandからQRVします。クレジット率は28.3%です。レアではないためにサポーターが少ないように感じます。しかし、最近のVK5CEのウエブはたいへん丁寧に立ち上げています。

 
未交信の方はI hope to see you on the air. You are my 1st OC-233.程度の簡単なメッセージを事前に送るときっとコールサインを逆に探してくれると思います。
 
残念ながらCraigさんはCWをしません。5つのIOTAの中で11月予定のOC-216 Ashmore Reefは私はニューなのですが、ぜひドネーションをしたいと思っています。いまからCWの練習をして出てきてくれたら即時送金したいです。(笑い)
 
前回のOC-196 Gabo Islandは私のアパマンアンテナでは聞くことができず少々不安を感じているところです。今回のOC-233も聞こえたらぜひ声掛けしてCW運用をお願いしたいと思います。
 
18010594_1279739198808354_743384441
 
今週末は他にOC-202 DZ4C Tinaga Islandも21日(金)から23日(日)まで実施されます。4F2KWT Gilさんにご挨拶をしたいと思います。

RT9K/9の現状と今後

JA2のOMさんが中日新聞に掲載されました「特派員メモ」という記事の中の「北極圏で転んでも」というタイトルの新聞記事を送ってくれました。場所はノルウェー領の北緯79度のスピッツベルゲン島での取材です。ロシア人がたくさん住んでいるそうで3月の出来事のレポートでした。要点のみご報告します。
 
①主な移動手段はスノーモービルで最長12時間走行。
②ロシア人ガイドは初めての人にも気軽に乗せる。
③時速50km/hで最初はたいへん難しい。平らに見える雪上は凸凹でまっすぐ走るのも難しい。
④体感温度は零下30度以下。
⑤ロシア人観光グループは悪天候のために転倒が相次いだ。
 
記事自体はさらに進みますが、スノーモービルに関してはこんな感じの内容でした。
まるで昔の自転車の乗り方の練習を思い出しました。しかし、転倒の迫力は50km/hですからかなり違うと思います。
 
RT9K/9チームはUA9KDFの住むTarko-Saleからスタートしました。そこは北緯64度です。ちなみに札幌が北緯44度、福岡は33度。北緯64度はカムチャッカ半島の付け根あたりまで北上します。ここから2月14日にスタートして2000kmの旅にスノーモービルにてでかけました。
 
2000km÷50km/h=40時間の1.67日の単純計算ですが、現実には直線で950km離れたAS-005 Dickson IslandのみのQRVで終わりました。しかも1か月近くかかってしまいました。その原因はつぎのとおりです。
 
①スノーモービルに牽引車を付けて荷物を搭載した。減速の大きな要因です。
②スピッツベルゲン島でも凸凹があるが、本土側は障害物なども多かったと推測できる。
③3チームが合流するために待ち合わせの日にちを要した。
④複数台のスノーモービルに1台でも故障がでると全体が遅延した。
 
以上の理由で北極海の氷が解け始め、リターンが不可能となり断念しました。
 
現在、UA9KDFは2017年9月実施のRI1F EU-190の運用準備に入りました。QRZ.comのRI1Fに詳細が掲載されています。17名の参加メンバーが掲載され、その中に5名の「RUSARC AURORA」と摘要に書かれたメンバーがいます。Rusarcという北極海ツアーグループのAurora号という意味のようです。
 
1年以上の延期になりそうですが、AS-054、AS-121、AS104、AS-068へのペディションは2018年夏になるものと思います。

2017年4月19日 (水)

Next AS-071 R71RRC for CHUKOTKA ISLANDS

昨晩、EU7AによるIOTA-chasers Forumへの投稿配信と、R71RRCのウエブにOQRSスタート、並びにProvideniyaに21日まで滞在後、Anadyr経由でモスクワに戻る報告がされていました。Club Logは結構間違いがありそうです。私も欠落した20mCWの問い合わせをしておきました。

 
一方、本部であるRussian Robinson Clubのウエブ(http://robinsons.ru/ )には、DX TROPHY AWARDS GROUPにより、TROPHY CHUKOTKA ISLANDSの紹介がしてありました。RT9K/9やR71RRCのウエブにその局を記念した楯の紹介の延長です。
 
Chukotka_islands_award
ロシアの東端エリアであるChukotka州のIOTA Islandsの立体マップをデザインした楯です。Chukotka州の7つのIOTAのうち7つが金賞、5つが銀賞、そして3つが銅賞としていただける楯(有償)です。なかなか素敵です。この7つのIOTAは次の通りです。
 
CHUKOTSKIY AVTONOMNYY OKRUG
A AS-038 R0K a. EAST SIBERIAN SEA COAST group (=Ayon, Bol'shoy & Malyy Routan, Chenkul')
A AS-174 R0K b. CHUKCHI SEA COAST WEST group (=Shalaurova)
A AS-065 R0K c. CHUKCHI SEA COAST EAST group (=Kolyuchin)
A AS-071 R0K d. BERING SEA COAST NORTH group (=Arakamchechen, Nuneangan, Yttygran)
A AS-092 R0K e. BERING SEA COAST SOUTH group (=Alyumka, Kosa Meechkyn)
A AS-061 R0K f. RATMANOVA ISLAND (aka BIG DIOMEDE ISLAND) (=Ratmanova)
A AS-027 R0K g. VRANGELYA ISLAND (WRANGEL) (=Geral'd, Vrangelya and coastal islands)
 
さらに、7つのIOTAの詳細は次の通りです。最終運用のみ掲載します。
 
Last activation
AS-038 R0K (Aug 05)  via RZ3EC Bolshoy Rotan Island 34.4% 
AS-174 R0K (Aug 05)  via RZ3EC Shalaurova Island 26.1% 
AS-065 4K4POL(90-92) Kolyuchin Island 13.4%
AS-071 R71RRC(Mar 17)via UA3AKO Arakamchechen Island 6.1%
AS-092 RT92KA(Apr 16)via UA3AKO Alyumka Island 11.8%
AS-061 RI0K(Jul 12)  via RW3RN Ratmanova Island 21.7%
AS-027 RI0QV(Sep 15) via UA4WHX Wrangel Island 17.3%
 
申し上げたいことはこれで明白になったでしょう。
Next AS-071は上記のLast Activationから判断してAS-065であるということでしょう。どうぞ皆さん、OQRSでカード請求されます時にでもI hope next is AS-065.とPayPal Memoにご記入ください。(笑い)
 
楯の購入に関してはRRCのウエブを和訳して詳細をご確認ください。

2017年4月18日 (火)

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island 電話の件

A35 トンガ王国の5つのIOTAにおいてOC-123 Niaufo'ou IslandとOC-191 Niuatoputapu Islandの二つは離島と言われ、交通手段も宿泊施設も電気などのインフラも弱いと言われていました。

 
JA0RQV田村さんとは数年前から情報交換をさせていただく交流をさせていただいております。昨年の9-10月にOC-123を企画され飛行機の故障による遅延のため流れてしまいましたが、適時に情報をいただいておりました。
 
「OC-123は何もないところ」という固定概念ができてしまい、田村さんから現地から電話するので電話番号と携帯電話番号をお知らせしましたが、田村さんが「現地から連絡する」と幾度となくメールをいただきました。しかし、固定概念は首都があるOC-049からと信じて疑いませんでした。
 
「2017年3月23日の日本時間13時44分に田村さんよりOC-123 Niuafo'ou Islandに無事に到着したと衛星電話を介して私の自宅電話に連絡をいただきました。外出から戻って10分後のことです。今から島の歓迎会に参加されます。」と、当ブログに書きこみましたが頭では分かっていても身体ではOC-123からの電話とは信じていないほどでした。
 
無事にOC-123が終了し、IOTAペディションの支援は①お空で情報を得る。②ネットで情報を得る(メール、Facebookなど)が中心でしたが、③電話で定時連絡するという方法が丹治要したと思います。
 
おそらく、A35の離島であるNiuafo'ou Islandと電話で繋がるということを誰もご存じなかったのではないかと思います。しかも、数名の方からOC-123の情報提供に関しましてたいへんご丁寧な御礼をいただきました。この③の方法をある程度マニュアル化したほうがよいと考えるようになりました。
 
AS-071 R71RRCもリーダーのUA3AKO Victorさんが私に直接に島から電話を入れると言われましたがEU7Aが間に入り実現しませんでした。
 
そこで、田村さんへ質問しましたご回答をここに掲載します。
 
①トンガへ行く前にどのような手続きをされたのか。+6767711***の番号は日本で取られたのか現地でとられたのか。
 
⇒現地で取りました。海外、特に途上国ではプリペイドが一般的でして、携帯電話番号(SIM)は外国人でもパスポートを提示すれば電話会社で簡単に取得できます。但し有効期間が短く頻繁に更新しないといけません(毎月のように)。あとはチャージした度数が減ってきたらプリペイドカード(概ね1000円単位)を買って、チャージするだけです。(Top upと言います)
私の現地携帯電話は日本でも使っているSIMフリーの普通のスマホに現地で買ったSIMを入れただけのものでして、イリジウムやインマルサットのような、いわゆる「衛星携帯電話」ではありません。
 
②1回の通話料がどのくらいのコストなのでしょうか。
⇒日本への国際通話は40~50円/分程度です。日本からかけるよりもかなり安いです。
 
③+6767711***の電話番号にそのまま返信できたのでしょうか。
⇒そのまま返信できます。但し日本からかけると結構高いです。
 
あと、通話に遅延時間があったとお思いになったと思いますが、これはNiuafo'ou島からTongatapu本島の間が、トンガ国内回線にもかかわらずこの区間が衛星中継回線であるためです。Tongatapu本島からはフィジー~オーストラリア~日本まで海底光ファイバー回線なので遅延はありません。
 
私の幼稚な質問に的確にご回答いただきましたので当ブログにそのまま掲載してよいかをお尋ねしたところ、ご許可と追加事項がありました。
 
 
原文掲載の件了解です。
 
ただ昨今では、通信事情の悪い地域へDXペディションに行くチームは、みなさん衛星携帯電話(イリジウム、スラーヤ、インマルサットなど)を持参して、電話はもちろんインターネットでログもほぼリアルタイムにアップするのが常識化しています。私のような貧乏個人運用で衛星携帯電話を持てない場合のみ今回にような山本さんのような日本側サポーターの協力があって電話を活用した方法が活かされるということを明記していただければと思います。
 
今回のNiuafo'ouは現地携帯電話がいわゆる第二世代(2G)でして音声通信しかできませんでした。もし3Gであればネットが可能でした。ここはあと数年かかると思われます。
 
丸投げで転記してしまいました。まだ、言葉や単語を理解していない部分がありますので追って勉強します。
 
地域ごとに作成しても技術の進展や現地ごとの内容が数年ごとにレベルアップしますので日本から調べられる状態を作らなければいけません。そのため、システムごとにまとめる必要がありそうです。田村さんのご回答もたいへん興味深いです。
 
専門の方がおられましたらいろいろお教えください。お願いします。

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island (2017 Apr 18)

2017年4月18日の早朝には「GPS Online tracking expedition AS-071」は2017-04-16 19:20JSTにProvideniya villageに位置したまま止まっています。この空港から次の乗り換え地であるAnadyr(アナディル)行きの飛行機の出発を待っているか、すでに中継地点へ移動し、モスクワ行の飛行機を待っているところと思います。最後まで安全に行動して欲しいです。

 
昨日のログサーチに基づき、2年前から継続していますIOTA-R0 Wanted Listにおける交信チェックをしました。その結果、データ協力局57局のうち、クレジット済み2局を除いた55局のうち53局がログサーチにてヒットしました。たいへん素晴らしい成果となりました。 
 
26年ぶりのAS-071でしたが、6.1%のクレジット率は間違いなくレアIOTAの基準20%を超えるほど暴落すると思われます。未交信の2局はたいへん残念でしたが、26年後の再QRVを期待するとともに1年でも早く実現できるよう、新しいIOTAチェイサーを増やすことでしょう。
 
私は30mCW、20mCW、40mCWにてログインしましたが、もっともコールバックに自信のあった20mCWがヒットせずちょっぴりがっかりきていたのですが、他の方からも20mCWの欠落がありましたし、57名のログサーチでも20mCWが少ないような気もしました。
 
ログサーチが終わったばかりで完璧でない可能性もありそうです。
IOTA-R0 Wanted ListのAS-071列は真っ黄色に塗ってしまいました。これをUA3AKO Victorさんへ御礼とともに送付します。もちろん、来年もレアIOTAペディションのお願いをするつもりです。
 
どこをお願いするか、次のマップを見れば一目瞭然です。
As065UA3AKO Victorさんは2016年にAS-092 RT92KAを、今回2017年AS-071 R71RRCを実施しています。AS-061は2012年にRI0K (21.7%)にて、AS-174は2005年にR0K (26.1%)です。
よって、AS-065 (13.4%)などは如何でしょうか。Wanted Listでも43名が未交信です。少し気が早い情報でした。
 
22 AS-065 R0K Chukchi Sea Coast East group 13.6%(2016) 13.7%(2015)
 1 4K4/UA0KBZ (91) 
 2 4K4POL     (90-92) Kolyuchin Island 
 3 U0K/UV1POL (89-90) 
 
ここは25年前の1992年が最後のQRVです。
 
【追記1】
本日夕方にOQRS機能がClub Logに加わりました。
 
【追記2】
57名のチェックをやっていましていやにDupeが多いことが気になりました。数名の方にご連絡をいただきましたが、ログデータがまだ不安定のようです。UA3AKOは早いリクエストに早く応えるパターンではなく、ある一定期間分のリクエスト分をシールにプリントし、貼り付けて証明割印を付して返信するようです。
 
しばらく間を開けるか、ログがヒットしない場合はその旨を連絡されてください。

2017年4月17日 (月)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island (2017 Apr 17) Log search

早いですね。ログサーチが稼働しました。

QRZ.comのR71RRCの初期画面にセットされています。6,606 QSOsの結果です。OQRSは未設定です。モスクワに戻ってからになるのでしょうか。
 
Log to search: R71RRC
6,606 QSOs logged between 2017-04-06 08:35Z and 2017-04-15 01:50Z
 
ほぼ同時にEU7A AndyさんがIOTA-chasers Forumに下記メッセージを投稿しました。
 
[IOTA-chasers] R71RRC log
R71RRC, AS-071 log just uploaded into Clublog
 
 
 
If you have any question, please use to contact with manager, Victor, UA3AKO email address r71rrc@gmail.com . He will back home around April, 21 and then will able to answer all questions.
 
73, Andy
EU7A
 
ドネーションを送られている方は自動的にQSLカードはUA3AKOから100%送付されます。再度のリクエストは不要です。ご協力に感謝します。次回2018は私の予想ではAS-065になるのではないかと思います。余裕がある方はOQRSセットアップ後にでもぜひご支援ください。

2017年4月16日 (日)

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island QSL card request

JA0RQV 田村さんからメールをいただき、Club Logへのログアップを完了されたとのことです。従来からのA35JP/Pと同居登録です。

 
 
なお、QSLカードサンプルはRQV websiteに表示されています。
 
 
なお、QSLカードは海外に注文されたそうで、数週間かかるそうです。その後、おおきな郵便ポストに交換されたか否かは不明です。(笑い)
もう一度、JAからのSASE請求時の日本語の住所とご氏名をは下記の通りです。
 
    〒336-0015 さいたま市南区 太田窪2086-13   田村 正人 さま

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 16)

2017年4月15日の日本時間の午前中にQRTしたあと、なかなか動かなかったのですが、ようやくArakamchechen Islandからお別れの時を無事に迎えました。車の調子が今一つだったのでしょう。はやくProvideniya villageに戻って熱いシャワーを浴びたいでしょうね。

 
0300UTCくらいには村に到着するでしょう。もともと7日から17日のQRVを予定していましたので、Provideniya villageからの飛行機は18日か19日だったのでしょう。
「さらばArakamchechen Island、本当にありがとう」というところでしょう。
 
Club Logはしばらく時間がかかると思われます。
 
As071_r71rrc_201704162017年4月16日 日本時間午前9時10分の位置です。まもなく島を離れるところです。

2017年4月15日 (土)

OC-119 DU1UD/8 Jolo Sulu Island by Dindo

この早朝に表題の情報がM0OXOによりIOTA-chasers Forumに発信されました。

 
[IOTA-chasers] DU1UD/8 IOTA OC-119
 
Dindo, DU1UD is now in Zamboanga City waiting for appropriate
transportation to Jolo Sulu (IOTA OC-119
<https://www.rsgbiota.org/info/search.php?q=oc119> Group Name: Jolo Group & claimed by: 11.8% of participants).
 
He will arrive on Jolo Sulu sometime in the next two weeks and is there as part of a work maintenance crew.
 
He will be QRV on HF using vertical antennas, a K3 and KPA500 PA.
 
Operations will be sporadic, in between work commitments and at this stage
there is no date for him being QRT. He could be on Jolo Sulu for several
weeks, possibly a month. His location is sensitive and therefore it’s not
appropriate to have an operating schedule.
 
He will try to benefit all continents dependent on propagation during the
times he has available.
 
Callsign *DU1UD/8* (TBC). QSL via M0OXO OQRS
 
73,
 
Kindest regards,
 
Charles R. Wilmott M0OXO
 
# DXCC Honour Roll
# IOTA Honour Roll
# IOTA 750 Plaque Of Excellence
# Islands on the Air (IOTA) Ltd
 
11.8%とまずまずのレアですが、調べてみました。私のブログにも数回OC-119を掲載しています。 http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2012/04/du-iota-qsl-c-6.html
 
過去のActivationを新しく調べると次の通りでした。
 
DL2GAC/DU8 (Apr 90) 申請者103局
DU8ARK (Oct 97-Sep 99) 申請者6局 via I2YDX
DU9AOU/DU8 (May 93) 申請者35局 DU8ARKのprevious callsign
I2YDX/DU8 (93) 申請者35局
 
DU8ARKが1993年から1999年まで住んでいました。彼はその後にOC-174からもQRVしていますが、何年か前にSKとなり、OC-119は18年間QRVがないことが分かりました。
 
M0OXOのお話しですと、現在、DU9のZamboanga cityにDindoは待機していて2週間後にOC-119へ渡り1か月ほど不定期にQRVするようですね。出てくればJAからは簡単に交信できるところです。
 
Dindoのオペレーションは過去近年にDU1UD/PでOC-126,OC-093, DX8DXでOC-174,OC-188,OC-202,OC-225,OC-235などからサービスしています。使用バンドは10MHzCW, 14MHzCW,18MHzCW,21MHzCWが圧倒的で14260などのレポートもありました。
 
最後に2点ほど、DU1UDはDU8エリアでは従来DX8DXのコールを使用していました。今回は使わないのかもしれません。M0OXOの肩書の最後に「# Islands on the Air (IOTA) Ltd」とありますが、これはIOTA Ltdのメンバーという意味でしょうね。IOTA Ltdの仕組みなど組織もアイムノットシュア状態が続きます。

2017年4月14日 (金)

NA-041 KL3A Mitkof Island Sked

2017年3月にNA-041 KL7/VE7ACN Prince of Wales Islandからのペディションが実施されましたがこのNA-041地域には多くの島が存在し、その島の中には大学まで存在するほどの経済圏をもっています。Resident固定局もたくさん存在します。

 
ところが、寒冷地のためにビームをあげている局が少なく、またご自身がIOTA NA-041の認識がない、或いは認識はあるがアクティビィティが低いなどの理由でなかなか交信しづらいIOTAになるケースもこのNA-041には存在します。
 
現在のクレジット率は31.8%でビーム利用の局はほとんど交信済みが多いようです。一昨年前にIOTA-W Wanted listを作成しましたときにQRZ.com検索を利用して多くのIOTA 固定局を見つけ出しました。数件ほど連絡しましたが、やはりIOTAの認識が薄く、中にはQSLカードもたくさん発行しているのにIOTAクレジットに使われていない局もいました。
 
一般的にはNA-041などのIOTAは交信してQSLカードを得られれば、それ以上は興味を無くすことになりますが、私はこれから新しくIOTAを始められる局のために現地の固定局を確保して楽しんでおります。
 
その第○号が今回のNA-041 KL3A Craigさんです。JAのトップSWLのJA4-6445/1杉原さんからご紹介いただき、即時にメールアドレス探し、Skedのアポイントメント取得に進めました。旅行中のKL3A Craigさんからメールが戻っただけでたいへん幸せになり、そしてこの朝にSked OKのメールが戻りました。
 
これからIOTAを始められる局のNA-041 KL3Aになるようにもう少し頑張りたいと思います。2週間ほど前にもご案内しましたが、NA-041ご希望者はメールにてご一報ください。現在2局おられます。また、CraigさんはBad CondxだがSkedやりましょうと積極的です。KL3AのQRZ.comをご参考ください。
 
これがうまくいけばNA-019 KL2LR JohnさんともSkedを再開できると思います。
 
なお、NA-041の最北部に位置しているPleasant IslandのみNA-161で独立しています。2015年夏にこのNA-161 Pleasant Islandの対岸の町Gustavusに住むKL7XK Docさんに単独でNA-161からサービスしてもらいました。残念ながら私のアパマンアンテナでは聞こえずでした。もう行かないよと2回目はくぎを刺されました。
 
しかし、VA7AQやVE7DP、そしてVE7ACNなどがトライしていただけるとコンディション上昇を待っています。
 
どうぞNA-041ご希望の方はご一報ください。固定局ですので2~3回トライして次の季節に進めたいと思います。
 
Na041IOTA Directoryでは、Aaron,Admiralty,Annette,Baker,Baranof [ AKA Sitka ],Benjamin,Bird,Chichagof,Coney,Coronation,Dall,Douglas,Duke,Etolin,Forrester,
Gravina,Gull,Heceta,Hump,Kosciusko,Kruzof,Kuiu,Kupreanof,Lincoln,Little,Long,Lulu,Mitkof,North,Noyes,Prince of Wales,Ralston,Revillagigedo,SanFernando,Sentinel,Shelter,Suemez,Warren,Wrangell,Yakobi,Zarembo,Barlow Islandsと多くの島が存在します。

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 14)

2017年4月13日日本時間の午後7時に7160に出てきました。JAの4アマ向けのサービスが目的でUA3AKO Victorさんのアイデアです。残念ながら4アマの希望者の申し出を集めることができず、当ブログでの1時間前の告知とIOTA-R0 Wanted listデータ協力のJA局全員へメールでアナウンスしました。

 
私のアパマンアンテナではR71RRCはカスカス状態でした。すでに3QSOを充足していましたのでワッチに徹しました。Victorさん本人がオペレーションをしていました。1時間20分ほどのQRVでまずまずの数のJAと交信できていたようです。
 
Wanted list作成のデータ協力局57局中55局の未交信でしたがほぼ充足できているのではないかと思います。2017年クレジット率6.1%が20%をどこまで超えるか楽しみです。4月15日0030UTC(日本時間午前9時30分)にQRTと発表しています。
 
【追記1】
4月15日午前9時JSTには18MHzでサービスを開始しました。最終の24時間にいろいろ試すようです。
 
【追記2】
ぎりぎりで戻りました。1900-2000JSTに7160で本日もJAサービスをするそうです。
Hi Shu-san!
Just talked to Victor, UA3AKO, he will be again on the same frequency (40m) and time for JA tonight.
73, Andy
EU7A

2017年4月13日 (木)

Club Log QSO MatchesへのResident局の登録について

昨晩遅くにJA8のN-OMよりメッセージが届きました。ほんの少し前にJT65でSA-008 LU1XWPと交信できたとの報告でした。昨年4月にSA-IOTAのみ交信されておらず、IOTA100件を超えたにもかかわらずIOTA申請できず、1年間戦い続けてようやくSA-IOTAとの交信にいたりました。

 
すぐに次のチェックを行いました。
①QRZ.comの確認。メールアドレスの有無、IOTA SA-008の確認。Ushuaiaに住んでいますのでTierra Del Fuegoという南米大陸最南端の島に住んでいることが分かりました。
 
②紙のQSLカードの保有と「島名」の記載。Google検索でLU1XWPを調べ「画像」をチェックします。残念ながら紙のQSLカードはネット上では見当たりません。JT65のユーザーは紙のQSLカードを作っていない傾向が強いのでしょうかN-OMにメールで確認してもらいます。
 
③Club Logの登録状況。見事に利用していました。さらに交信したと同時に登録しているようでN-OMのコールも早々と確認できました。これは素晴らしいと思いました。交信相手にログサーチによるすぐにチェックできる体制を作っていました。
 
④RSGB IOTA websiteの中のClub Log QSO Matchesの全体リストにLU1XWPの掲載有無。残念ながら未掲載でした。
 
⑤Facebookの登録状況を確認します。QRZ.comの名前をコピーしてFacebookの一番上にあるテキストフィールドにコピーします。残念ながらヒットしませんでしたので、真ん中の文字を削除しましたら見事にヒットし、Facebookユーザーであることが分かりました。最近はFacebookのメッセンジャーによる返信率の高さを感じています。
 
以上の状況です。この5つはある意味でノウハウです。
 
数日前にOC-123 A35JP/Pを実施して帰国されたばかりのJA0RQV田村さんから、すぐにRSGB Validation teamのK3EST BobさんからOC-123からの運用確認メールが送ってきて見事にOC-123 A35JP/Pの運用証明をいただいたとお聞きしました。
 
また、昨年V73YLを実施されたJP3AYQ眞田さんからもBobさんから送ってきたメールを見せていただき、その中にClub Log QSO Matchesへの登録の質問があることも存じ上げていました。
 
すぐにN-OMへ翌日に確認のメールを入れますと約束しました。
 
この朝にK3EST BobさんへN-OMの状況や昨日悲願のSA-IOTAと交信できたことを伝え、LU1XWP局がマッチングシステムに登録していただくためのアドバイスを欲しいとメールを送りました。
 
すぐにK3EST Bobさんからメールが戻りました。私もまだClub Log QSO Matchesの運用ルールを理解できていませんというより、未発表状態です。なんと「よいことを聞きました。LU1XWPはResidentです。すぐに登録します。N-OMに数日後に利用できるようになるとお伝えください」と返事が戻りました。
 
これから運用ルールを推察するとペディション局は相手の許可をもらわないとClub Log QSO Mathesに利用登録できませんが、Resident(固定)局は有無を問い合わせることなくClub Log QSO Matchesに利用登録できるようです。
 
数日後にその結果が出ます。確かにJA国内でも私もClub Logにログデータを計上しただけでマッチングに加えていただけました。AS-007に住むあるOMがなぜ私のはClub Log QSO Matchesへの利用登録ができないのかと質問をいただいたことがあります。
 
おそらく、1IOTAあたりの登録枠があるのではないかと思いました。AS-007はあまりにも多いからではないかと思います。
 
この方法がスタンダードになればYB-IOTAなどもジャワ、スマトラ、バリ、スラウェシ、パプアなど、5R8のマダガスカルなども同様に利用促進することができるようになります。まずはClub Log QSO Matchesの全リストにSA-008 LU1XWPが登録され、さらにN-OMがいよいよIOTA申請に到達するか見守ります。

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 13)

この朝、2017年4月13日午前5時13分にIOTA-chasers Forumに投稿されたSubscribedメールが送ってきました。転載します。EU7A Andyさんからです。

 
[IOTA-chasers] R71RRC update
 
Victor, UA3AKO informs that they are going to make ORT on April, 15 at 0030 UTC.
For now they have made more than 4300 contacts and many of them are dupes.
 
73,Andy
EU7A
 
R71RRCのリーダーUA3AKOとのサテライト電話による伝達です。4月15日0030UTCにQRTして引き上げるとのことです。あと二日間やるそうです。現時点では4,300 QSOsに到達したそうです。7MHzCW、10MHzCW、14MHzCW、14MHzSSBで運用中です。
 
JAの4アマ向けの7MHzSSB運用はどうも進まない感じです。電話を受けられるよう待機していましたが、今日から個人的に忙しくなる関係で対応が難しくなりそうです。
 
おそらく帰路の飛行機の関係でぎりぎりまでサービスを続けているようです。また、Provideniya villageまで80kmくらいですので交替で休息に戻っているようにも感じます。ほとんどサービスできたと思いますが、未交信局はおられますか?
 
JAの4アマへの7MHzスペシャルアンテナによるSSBサービスは個人的にはあまり賛成していません。UA3AKO Victorさんから2回も言ってきたために親切として受けました。彼らの極寒での行動にいろいろやってもらうのは忍びないです。むしろ、個人努力として10/14MHzに出られる環境整備をするべきと考えています。
 
【追記】
1515JSTにEU7A Andyさんからメールが届きました。UA3AKOと電話連絡を取り合っているが、今話をしたとのこと。JN6RZMへ連絡し、40mSSBアンテナの準備ができたので時間と周波数を教えて欲しいと伝えてこられました。
 
そこで、実際にはJAの4アマ向けサービスのリスエストを当ブログで集めましたが現時点ではゼロであることを伝えました。しかしながらすでにオンジエアできる状態ならば40mCWでJAオープニングと同じ時間帯で、7160周辺でサービスしてくださいとQSPしてもらいました。
 
再び時間を聞いてきましたので7MHzのオープンは0800-2100UTCですが、平日のために1000-1100UTC(1900-2000JST)7160あたりでサービスしてくださるように伝えました。
 
Thanks EU7A Andy-san.

2017年4月12日 (水)

OC-202 DZ4C Tinaga Island by 4F2KWT

4月8日に配信がありました425DXnews#1353を整理していましたら表題のペディションが4月21-23日の来週末に行われることを見つけました。と、同時にいつも斜め読みでチェックしていることを反省しました。内容を転記します。

 
DU - Andy 4F1GNW, Ed 4F1OZ, Gil 4F2KWT and Nani DU1COP will be active as DZ4C from Tinaga Island (OC-202) on 21-23 April. This IOTA group was last activated back in 2003. They will operate CW and SSB on 40, 30, 20, 17 and 15 metres. QSL via VE7DP (Philippine stations can QSL via 4F1OZ). [TNX VE7DP]
 
OC-202はクレジット率18.8%ですが、長くIOTAチェイシングをなさっている局はあまり珍しくないと思いますが、ポイントは4F2KWT Gilさんが参加していることです。
 
思い出す方もあると思いますが、2005年11月にOC-175 DX0ST Sarangani IslandとOC-207 DX0TIC Cagayan Islandの二つのレアIOTAにGilさんと4F3BA Junさんのお二人で私のしつこい(?)提案を受け入れていただき行ってもらえました。
 
もちろん、ドネーションの協力をしました。多くのJA Friendsのご協力もいただきました。Gilさんは病院勤務で休暇がなかなか取れないと言われていたのを記憶しています。Junさんは日本語もできる歌手です。日本にも流しの仕事でよく行くと言われていました。
 
この1回限りでしたが、当時は大魚を釣り上げたような感じでありました。もちろん、JA Friendsのご協力がなければ成功しませんでした。
 
どうぞ、このOC-202運用時に「Regards to Gil-san for OC-175 and OC-207 IOTA-pedition 2005」とお声掛けください。VE7DP Frankさんに関係するDU-IOTAペディションは続きますので積極的に交信してくださいますようお願いします。
 
Oc175fOC-175 DX0ST Sarangani IslandのQSLカード。左が4F2KWT Gil、右が4F3BA Junです。
 
Oc175bQSLカードはJM1PXGさんです。QSLマネジャに挙手されましたのでお願いしました。
 
Oc207fOC-207 DX0TICのQSLカードです。
 
Oc207bこの成功により、JA Friendsが急増した記録が残っています。12年前の出来事です。
 
なお、425DXnewsはSubscribe登録すれば毎週土曜日の早朝にメールで配信されます。登録がうまくいかない方はご一報ください。もう20年ほど毎週配信していただいております。

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 12) QRT?

2017年4月11日の1742UTCのクラスターㇾボートを最後にとまりました。現地時間は12日の朝6時です。

 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
========================================================================
R71RRC        17/04/11 1742Z  10108.0 UP1 AS-071                      RW5C      
R71RRC        17/04/11 1730Z  14040.0 QSX 14041.97 good sigs AS071    UX1UA    
R71RRC        17/04/11 1728Z  14040.0 RR-12.02 RFF-165 CK-06 RDA lsn  RT6C      
R71RRC        17/04/11 1725Z  14040.0 TKS QSO UP                      UA6XY    
R71RRC        17/04/11 1725Z  14040.0 tnx for qso - AS071             DL1ARS   
 
1日前、2日前、そして3日前ともに18~19UTC台、20UTCと早朝のサービスがされていましたが、この朝に初めて18UTC以降のレポートがなくなりました。全体撤収が始まったように推測できます。APRSはArakamchechen Islandの東端に「2017.04.10.06.30」で止まったままです。
 
【追記1】
4月12日はその後、10MHzでサービスを開始し、1459UTCで止まりました。
 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
========================================================================
R71RRC        17/04/12 0459Z  10116.0 cq up AS-071                    R0XA      
R71RRC        17/04/12 0439Z  10116.1 Arakamchechen I. AS-071         RW5C      
R71RRC        17/04/12 0438Z  10116.0 s3CQ SDR GP StudentDigiLab Mik  UR2680SWL
 
現地の1500UTCは午後5時です。もっともコンディションが開く時間に停止したのはこれが最後でProvideniya villageへ引き上げたのではないかと推測します。
 
【追記2】
終わったと思いきや。
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
========================================================================
R71RRC        17/04/12 0743Z  10116.1 Tnx. AS-071 - 419 hr - gd ears  LB2TB    
R71RRC        17/04/12 0742Z  10116.1 S0,POOR CONDX...                YL2GP    
R71RRC        17/04/12 0742Z  10116.1 S0 POOR CONDX...                YL2GP    
R71RRC        17/04/12 0740Z  10116.1 AS-071 UP1                      DS4DRE   
R71RRC        17/04/12 0730Z  10116.1 up                              UA0LAL   
 
今日は引き上げないですね。2台で運用ではなく、1台ワンバンド運用ですね。

2017年4月11日 (火)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 11)

2017年4月11日の朝を迎えました。昨日に現在地に固定し運用を行っています。この地点にはArakamchechen Islandに存在する証明ができる構築物などがあると判断できます。

 
As071_r71rrc_20170411対岸には天候が良ければKL7を見ることができます。
 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
==============================================================================
R71RRC        17/04/10 1738Z  14040.0 cq                              DM6V
R71RRC        17/04/10 1514Z  10110.4 AS-071 up1                      EU7A
R71RRC        17/04/10 0429Z   7024.0 CQing .. IOTA AS-71             VA7DXX
R71RRC        17/04/10 0255Z  10110.7 CQ... up...   IOTA AS-071       R0XA 
 
クラスターデータを確認すると早朝の運用は無く、0255UTC(日本時間の正午前)から10MHz運用、0429UTCから待望の7MHzCW運用を10時間ほど運用しました。多くのJAへサービスしたようです。1514UTCには再び10MHz、1738UTCには14MHzに移り現在に至っています。
 
特徴としては残念ながら1台のみの運用です。なにかのトラブルがまだあるようで2台運用に至っていないようです。その結果JAの4アマ向け7MHzSSBアンテナはまだ棚上げ状態です。UA3AKOからの電話連絡には至っていません。
 
運用も明らかに後半戦に入っていると思われますが、最長17日までですが、食料が1週間+アルファでしょう。まもなくリターンの可能性が高くなるものと判断できます。詳細情報は入っていません。
 
【追記1】
IOTA-R0 Wanted Listのエクセルファイルの第2シートに登録していますActivationにAS-071 R71RRCを追加しました。
As071_activation_listまだ戻られていないUA3AKOをはじめとする皆さんには早すぎるかもしれませんが、このリストを検証すると次はAS-065 Chukchi Sea Coast East groupが最も可能性が高いと予想できます。
 
【追記2】
4月11日日本時間正午ころから10MHzCWと14MHzSSBの2台運用になりました。JST+3時間ですので、1400JSTまでくれば今晩のサービスは継続され明日の朝まで続く思います。

2017年4月10日 (月)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 10)

2017年4月9日1652UTC(日本時間10日午前1時52分)にベラルーシのEU7A AndyさんとチームリーダーのUA3AKO Victorさんが電話で繋がったようです。IOTA-chasers Forumへ投稿されています。

 
Just got message from Victor, UA3AKO. They have reached final destination and have installed 30m antenna yet. They are on 10111 right now.
73,Andy
EU7A
 
最終目的地に到着し、30mアンテナを設置したとありました。すぐにクラスターを確認しました。
 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
===============================================================================
R71RRC        17/04/09 2054Z  10108.4 up 73                           IZ8FQI   
R71RRC        17/04/09 2049Z  10108.4 CQ up   as-71                   R0XA      
R71RRC        17/04/09 2049Z  10108.4 CQ up, as-71                    R0XA      
R71RRC        17/04/09 1648Z  10111.0 AS-071                          EU7A     
R71RRC        17/04/09 0049Z  10108.0 CQ... IOTA AS-071               R0XA      
R71RRC        17/04/08 2103Z  14038.8 UP                              W6EU 
 
確かに止まっていたクラスターレポートが動き始めましたが勢いはありません。現地は早朝から朝です。マップを確認しました。
 
As071_r71rrc_20170410日本時間6時前の位置です。島の東端にいます。風の便りでは2日間は実行すると聞いていますので4月11日まではサービスしてくれるでしょう。その先は確認できていません。ログサーチはMainlandへ戻ってとあります。
 
あくまでも予想ですが、彼らは当初「4月7日から17日の間で5から7日間の運用」と発表しています。4月17日は帰りの飛行機の出発日前日ではないでしょうか。5から7日間は持参する食料などから判断したものと思われます。帰りの飛行機に合わせるならばぎりぎりまでサービスする可能性が高いと思います。
 
体調不良者などが出なければ4月12~13日まで延びる可能性もあるでしょう。本日10日は昼間は14/18/21MHz、夕方から14/10/7<Hz中心にサービスを2台で実行するでしょう。
 
7MHzアンテナ設置後に電話をするとありましたがどうなるかわかりません。未交信で7MHzSSB交信希望があればご一報いただければQSPしたいです。
 

2017年4月 9日 (日)

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Islandから無事帰国

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Islandを実施されましたJA0RQV田村さんが6日夜に桜の開花に合わせたように成田空港に無事に戻られました。たいへんお疲れ様でした。

 
 
現在、発電機の不調で手書きになったログを入力されているそうです。数日後にClub Logをアップロードされます。出発が一日遅れたこと、現地作業が遅れて土曜日が平日運用になったこと、発電機がフルパワーで運用できなかったことなど、大変だったようです。
 
しかし、EUやNA東海岸も交信できて最低限のニーズを満たせたとのことです。IOTA LtdのValidation teamよりお尋ねメールが届き、必要書類をメールにて提出し、Effective Activationに認定されたそうです。IOTAクレジット20%未満の運用時に確認されます。
 
まさか田村さんとOC-123からの電話連絡が可能となり、そのQRV情報を当ブログで掲載できるとは思ってもいませんでした。さらに、この方法がAS-071 R71RRCでもUA3AKO Victorさんが私に電話連絡をすると繋がっていくとも思いませんでした。
 
このやり方を田村さんにインタビューして、まとめてスタンダードを作成してみたいと思います。多くのIOTAの島々が電話で繋がり、そのQRV情報を常時電話連絡によりサポート局が情報を流すことができればたいへん効率的、効果的な運用が実現できると思います。
 
私のXYLから「電話で繋がるのに何故お空で交信しなければいけないの。不思議ね。」と言われないようにしっかりと対応したいと思います。
 
なお、JAからのSASE請求時の日本語の住所とご氏名をは下記の通りです。
 
    〒336-0015 さいたま市南区 太田窪2086-13   田村 正人 さま
 
帰宅時にはポストからこぼれ落ちるくらいQSLカード請求が届いていたそうです。現在、QSLカードのデザイン作成に取り掛かられ今週中に印刷屋へ送付されるそうです。もうすぐClub Logがuploadされます。確認してからでも十二分に間に合います。

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 09)

2017年4月8日1458UTC付けで次のニュースがウエブに掲載されました。

Published: Saturday, 08 April 2017 14:58

According to the R71RRC team members, the expedition arrived on the island of Arakamchechen (AS-071). The target point of the route has not yet been reached due to the breakdown of the Heavy tracked all-terrain vehicle (GAZ-71): "did not reach several kilometers". The territory does not allow to deploy fully. Currently, work is being done by one transmitter directly from an vehicle. Movement to the target place is planned to resume after repair of the tractor, within two days.

 
Googletranslateで日本語訳しました。
 
発行日:2011年4月8日14:58
R71RRCのチームメンバーによると、この探検隊はArakamchechen島(AS-071)に到着しました。ヘビー・トータル・テレイン・ビークル(GAZ-71)の故障のために、目的地点に到達していない:「数キロメートルに達していない」。領土は完全に展開することはできません。現在、車両から直接1つの送信機で作業が行われています。目標地への移動は、2日以内にトラクターの修理後に再開する予定です。
 
GAZ-71というのはキャタピラが付いた戦車のような車です。これが故障してArakamchechen島にはいるが、目標地点には到達せずに車の中からリグ1台で運用しているようです。そのために現時点では10/14MHzのみの運用になっています。
 
2日以内に復旧させ目標地点に移動後に正式な複数台による運用と他のバンドもQRVするようです。この文章の投稿は本土側にいるサポーターが無線で聞いた内容をレポートしているようです。要するに現在は運用基地が中途半端な状態でしょう。
 
うまくいけば4月12日~13日くらいまで運用されるのではないでしょうか。条件が悪くなったりすると4月10日くらいで切り上げる可能性も残しています。また、目標地点にはArakamchechen島を証明する建物などがあるのでしょう。
 
昨日は午前中に定期健診、夕方からFCC試験のメンバーとの花見会に参加しました。携帯電話でUA3AKOからの電話を待ちましたがありませんでした。7MHzのアンテナまで進んでいなかったのでしょう。
 
【追記1】
R71RRC        17/04/09 0049Z  10108.0 CQ... IOTA AS-071               R0XA
この朝のこのレポートを最終にQRVが止まっています。
 
おそらく、GAZ-71の修理が追えて、目標地点へ移動して新基地の設営を行っているものと思います。現地は0700UTCには日没となります。それまでには出てきてほしいですね。少し心配ですが、UA3AKO等は頑張ってくれると思います。
 
【追記2】
2017年4月9日0457UTCにEU7A AndyさんよりIOTA-chasers ForumにR71RRCの件で昨日の朝にサテライトphoneでUA3AKOと話をしたそうです。報告が遅れて申し訳ないとあります。やはりGAZ-71の部品調達の対応をしているが、EU/NAサービスのために北側へ移動して10/14MHzのVerticalでサービスしているとあります。その時点で1900QSOsだそうです。サテライトphoneと繋がらないのでClub Logへのuploadはメインランドに戻ってからになるとあります。「They will install 4 SQ for 20m and other antennas and will operate few
full  days  with  two stations.」とありますので10/14MHz以外のフル運用で2~3日は運用すると考えているようです。
 
【追記3】
2017年4月9日1200UTC現在の状況をお知らせします。
As071_r71rrc_20170409さきほど2017-04-09 20:06.19にAPRSの信号が入りました。拡大すると下記の通りです。
 
R71RRC (from DL8RCB-10) · 中心へ · 拡大 · インフォ
2017-04-06 23:18:26 - 2017-04-09 20:06:19
http://r71rrc.ru/ (battery: GOOD)
[APU25N via TCPIP*,qAC,T2RUSSIA]
追跡中 · 追跡終了 · ストリートビューで追跡
 
2行目の年月日ですが、2017年4月6日日本時間23時18分に現在地に到着して、2017年4月9日 日本時間20時6分までそのまま動いていないことが分かります。
 
おそらくGAZ-71の修理部品調達のためにスノーモービル等でProvideniya villageへ取りに移動しているのではないかと思われます。直線で50kmくらいですが、行きは数時間で到着しています。日曜日にはたくさんの局が探しているにも関わらずQRVしていない理由はわかりません。
 
9-10日の二日以内で修理し、目標地点へ移動し、体制を整えて数日サービスすると書いてありましたので、4月13日くらいまでQRVするのではないかと予想します。

2017年4月 8日 (土)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 08)

2017年4月6日夜の14MHzCWから開始し、14MHzSSB、10MHzCWとサービス周波数が広がってきました。本日、7MHzCWとSSBに出てくるはずです。18MHzより上はコンディション次第です。アンテナはバーチカルです。JAの4アマ向けの7MHzアンテナも準備されると思います。

 
Arakamchechen Islandから開始2日目に私に電話をいれるとのことですが、午前中に定期健診、夕方から飲み会です。電話がつながっても夜の10時くらいのQSPになる可能性があります。
 
終了日予測は11日前後と思います。天候、氷の状況、帰りの飛行機の状況で変わると思います。

Would you like AS-041JA-IOTA?

G0JHC Neilさんが昨晩、見事にAS-041 JI3DST/4とコンタクトできました。本年2月にJA-IOTA resident局とのSkedを4IOTA成功されました。JI3DST舟木さんのご協力により見事に5つめのJA-IOTAと交信に成功されました。

 
舟木さんとはメールにて松江港出発からAS-041に到着し、アンテナセットアップや休憩の温泉に入る時間までご報告をいただき、Neilさんへ適度にSkypeのメッセージにて連絡し続けました。Neilさんからも金曜日の仕事時間や土日の状況をしらせていただき舟木さんへ伝えました。
 
ちょうどAS-071 R71RRCのワッチ状態でありましたのでスムーズにことが進み、昨晩2054JSTに20mCWにて交信完了されました。お二人からほぼ同時に喜びのメッセージが届きました。
 
随分とうまく行けたと思いましたら、この朝に届きました舟木さんの情報では「200m HI 山頂 で2エレ J-HEXです。下から5m上げています。」というアンテナでした。やはり飛びますね。
 
As041_ji3dst4_locationAS-041 JI3DST/4のロケーションです。花見もできそうです。
 
As041_ji3dst4 AS-041 JI3DST/4のJ-HEXアンテナです。200メータハイの山頂に5メータのポールであげているそうです。重さなどは軽そうですね。
 
NeilさんはこのあとOC-008 P29VXGも交信され、New二つで奥様と美味しいワインを飲んでいるというレポートがきましたが、AS-071 R71RRCもぜひ交信したいのでアドバイスを欲しいとメッセージが0146JSTに入っていました。しかし、0359JSTに30mでR71RRCと交信できましたとメッセージが続いていました。

AS-047 JR1LZK/6 & JE1HXZ/6 Minami Daito Island plan

Minami Daito Island(AS-047)
 
Tak JR1LZK/6 and Mitsu JE1HXZ/6 will be active from Minami Daito Island(AS-047) from 28 Apr to 6th May.
They will operate IOTA frequencies on 40-6 metres CW,SSB,RTTY and JT65.
QSL via home call, direct or bureau. Also LoTW and Club Log available.
 
P4230444s
Yonaguni_ant_s
Picture are situated in Yonaguni Island(AS-024) 2016.
 
この朝に配信されました425DXnews #1353に4月28日から5月6日までAS-047 南大東島からJR1LZK田崎さんが昨年のAS-024 与那国島に続いてQRVされます。皆様のお声掛けをお願いいたします。
 
If you would like to make a contact with them, please send me your e-mail. I will QSP to them.

2017年4月 7日 (金)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 07)

2017年4月6日の夕方に無事に出てきました。EUそして夜中はNAを中心にサービスしていましたが、今日から本格的にJA、ASIAにもサービスするでしょう。マップの掲載も終了します。ビームアンテナ利用の場合はクラスターチェックをしておけば十分に交信可能でしょう。

 
私の場合は過去のクラスターデータをチェックして、出てくるバンドや好みの周波数、時間などをいつもデータ化して、感覚的ではありますが、CQを出し始めるところを見つけるように分析しています。UA3AKOとUA0KBGは昨年4月のAS-092 RT92KAのメンバーです。一人だけ入れ替わって言わす。そこでRT62KAのクラスターデータを見てみます。
 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
=======================================================================
RT92KA        16/04/27 1626Z  14000.0 FULL LOG UPDATE                 UA3AKO   
RT92KA        16/04/27 0124Z  18082.0 AS-092                          JF7EGJ   
RT92KA        16/04/27 0114Z  14260.0 AS-092  CQ                      JA2CEJ-# 
RT92KA        16/04/26 1715Z  10120.8 IOTA AS-092   TU 73             DS3BNU   
RT92KA        16/04/26 1101Z   7030.6 CW                              BG2AUE   
RT92KA        16/04/26 1045Z   7030.6 AS-092                          JF7EGJ   
RT92KA        16/04/26 0300Z  14004.6                                 JA9AVU   
RT92KA        16/04/25 2203Z  14260.0 tnx deg.30                      JH7WER-# 
RT92KA        16/04/25 2200Z  18070.0 Alyumka Island IOTA AS-092      JR2UBS-# 
RT92KA        16/04/25 0853Z  10120.0 AS-092 Alyumka Island           JF2RDG-9 
RT92KA        16/04/24 1343Z   7022.0 IOTA AS-092                     JP1EWY-# 
RT92KA        16/04/24 0934Z  14260.0 AS-092 simplex                  JQ1QVA   
RT92KA        16/04/24 0933Z  14260.0 TNX                             JG2KJU-# 
RT92KA        16/04/24 0820Z  14260.0 cq AS-092 good sig.in JA8       JA8COE   
RT92KA        16/04/23 1017Z   7012.0                                 JH1XUP-# 
RT92KA        16/04/23 0945Z  10125.4                                 JE2SOY   
RT92KA        16/04/23 0935Z  10125.3 CQING                           JE2PMC-# 
RT92KA        16/04/23 0909Z   7014.7 as092 cq                        JE2SOY   
RT92KA        16/04/23 0232Z  14017.0 as092 weak but steady           JE2SOY   
RT92KA        16/04/23 0154Z  14260.0 IOTA AS-092                     JG3WCZ-# 
RT92KA        16/04/22 2216Z  14017.0                                 JR3IXB-# 
RT92KA        16/04/22 0934Z  14250.0 cq EU on freq. AS-092           JA8COE   
RT92KA        16/04/22 0757Z   7012.6 CQ CQ IOTA AS-092 QSL UA3AKO    JA5AQC
RT92KA        16/04/22 0757Z   7012.5                                 JH1IAQ-# 
RT92KA        16/04/22 0757Z   7012.6 CQ CQ  IOTA AS-092 QSL UA3AKO   JA5AQC 
RT92KA        16/04/22 0601Z  14260.0 vy loud simplex as-092          JE2SOY-9 
RT92KA        16/04/21 2124Z  14015.8 AS-092                          JE3AGN-# 
RT92KA        16/04/21 1742Z  10125.8 CQ AS-092 up                    JQ1QVA   
RT92KA        16/04/21 1315Z   7173.0 IOTA AS-092                     JG4AKL-# 
RT92KA        16/04/21 1209Z  10119.8 AS-092                          DS4DRE   
RT92KA        16/04/21 1137Z   7160.0 IOTA AS-092 CQ                  JN6RZM   
RT92KA        16/04/21 1035Z   7026.2 cq AS-092 UP                    JA8COE   
RT92KA        16/04/21 1005Z   7026.2 Up  AS-092 Alyumka Is           JA1NOJ-# 
RT92KA        16/04/21 0957Z   7026.2 cq on Freq.                     JA8COE   
RT92KA        16/04/21 0925Z   7014.0 IOTA AS-092 CQ                  JN6RZM   
RT92KA        16/04/21 0815Z  10107.7 QSX 10108.77 IOTA AS-092        HL2IFR   
RT92KA        16/04/21 0806Z  10107.7 up AS-092                       JA2LMA-# 
RT92KA        16/04/20 2035Z  14011.8 SRY, AS-092, UP1                JH4DYP-# 
RT92KA        16/04/20 1146Z   7013.0 IOTA AS-092 up1.5               JN6RZM   
RT92KA        16/04/20 1120Z   7013.1  via UA3AKO (OQRS, DIRECT, BUR  JL7CTR-# 
RT92KA        16/04/20 1119Z   7013.1 UP2IOTA Expedition AS-092 Alyu  JL7CTR-# 
RT92KA        16/04/20 1051Z   7013.0 AS-092                          DS4DRE
RT92KA        16/04/20 0924Z  10115.0 IOTA AS-092 Alyumka Island CQ   JN6RZM   
RT92KA        16/04/20 0915Z  10115.0 SIG UP  IOTA AS-092             JH1IAQ-# 
RT92KA        16/04/20 0559Z  14019.5 FB SGSS  UP 1.5KC  AS-092       JH1IAQ-# 
RT92KA        16/04/20 0424Z  14021.5 cq AS-092 UP                    JA8COE   
 
これはWorld WideのクラスターデータからJA/HL分のクラスターデータを抽出しました。運用したバンドや周波数、時間などをまとめて、ワッチの参考にします。
 
WWのクラスターデータはここから開いてご参考ください。
オペレータであるUA3AKOが盛んにクラスターに上げていることなどをはじめとして参考となる事項を把握することができます。
 
アパマンハムの運用術の一例をご紹介しました。
 
昨夜は14MHzのみのQRVでしたが、本日中早めに他のバンドのアンテナをセットアップして出てくると思います。現地時間はJST+3時間、UTC+12時間です。

2017年4月 6日 (木)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 06)

2017年4月6日 現地時間午前9時(日本時間午前6時)にArakamchechen Islandへほぼ到着しました。

 
As071_r71rrc_20170406正確には島の南西側の海に張った氷の上です。
 
【追記】
2017年4月6日 現地時間正午過ぎ(日本時間午前9時過ぎ)の位置です。3時間で10kmほど東側へ移動しました。
As071_r71rrc_20170406_2 Arakamchechen IslandからのQRVは決定しました。この場所からか否かはまだ不明です。島の写真を数枚見つけましたが古い小屋がありました。ただし、Googlemapではズームインできず、粗い画像では小屋を見つけることができませんでした。本日の夕方からQRV開始可能ではないでしょうか。

2017年4月 5日 (水)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 05)

昨日4月4日午後にチームメンバー3名がAnadyrに集合後、 Provideniya villageに入りました。モスクワからの二人(UA3AKO Victor、RA3AV Alexander)は9時間の時差調整と物資調達、地元Anadyrに住むUA0KBG Yuryはおそらくガイドを伴ってルートチェックへ出かけているでしょう。

 
直線で約40km、海回りルートで約90kmです。スノーモービルにより運搬物資無しででかけて、運搬ルートとArakamchechen IslandとKynkay Islandの島選定を本日行い、決定すると思われます。本日決定し、明日6日に出発です。
 
RT9K/9のスノーモービルは1日当たり100kmの平均走行(陸路)でした。最高スピードは150km/hの機種もあるそうですが、段差などがある陸路走行と障害物の少ない海路走行、並びに物資を繋いだ場合などで、スピードはかなり変わりそうです。しかし、最大2日でしょう。
 
【追記】
日本時間4月5日午後9時まで当日の新規情報を待ちましたが投稿はありませんでした。現地はすでに4月6日0時を過ぎましたのですでに就寝したと判断しました。
 
4月4日に投稿されましたNEWSには「Scheduled departure towards Island is on April 6th early morning local time.」とありましたので、後6時間後くらいには出発すると思います。直線で40km、海回りで90kmくらいです。4月6日中に着くかもしれませんね。
 
なお、チームメンバーのUA3AKOとUA0KBGは昨年のAS-092 RT92KA Alyumka Islandと同じメンバーです。前回のR9XCがRA3AVと入れ替わったチームです。また、昨年は4月20-27日のQRVでした、AS-092とAS-071も隣同士のIOTAです。昨年と同じような運用になります。昨年のログを確認しておくと良いでしょう。
 
なお、トライバンダー3エレ八木は今回持参していませんので、14MHzは少し能率が落ちる可能性があります。
 
2~3日後にJAの4アマ向けに7MHzの特別アンテナを張るそうです。電話で時間と周波数を伝えてくれるそうです。4アマ局で希望される方はメールでご一報ください。Skedを組めるように手配します。

2017年4月 4日 (火)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 04)

4月3日にモスクワから第一中継地点のAnadyr(アナディル)に到着し、3人のメンバーが合流し一夜を過ごしました。時間もUTCに対して+3時間から+9時間(JSTに対し-6時間から+3時間)へ変わりました。APRSはAnadyr(アナディル)APの建物の中で止まっています。

 
As071_r71rrc_20170404
 
4月4日はいよいよ第2中継地点のProvideniya villageへ入ります。2時間の飛行時間です。午前中に到着してもすぐには動かず、物資確認や不足物の調達などを実施し、一泊し飛行機による移動の疲れを癒すでしょう。
 
As071_r71rrc_20170404_wx_24月4日付けの2週間天候予想を確認しますと、7日から17日の中の5~7日運用ならば二つの週末のうち、8~9日を跨いで運用する方を選択する可能性が高いと思われます。いずれにせよ、Provideniya villageに到着後に氷の厚さなどを確認して早ければ4月5日に出発するでしょう。その見極めはウエブのNEWSに新情報が掲載されるでしょう。
 
【追記】
3月31日付けのNewsによると、4月4日にProvideniya villageに到着後、1~2名による先発隊がArakamchechen Islandを確認に行くとあります。氷の状態調査です。場合によっては、基地をKynkay Islandへ変更するそうです。出発前にG3KMAへ確認し、AS-071としての承認も取っており、地元関連機関の許可も取っているそうです。
 
また、その連絡のために/0または/Pを付けたコールサインで連絡を取り合うようです。Kynkay IslandはArakamchechen Islandより行き易いし、平坦で全ての方向が開いているとのことです。
As071_r71rrc_20170404_newsKynkay IslandからのQRVの可能性が高くなっきそうです。4月7日には大きなトラブルが無ければQRVできそうですね。
 
【追追記】
2017-04-04  16:30JSTにAPRS上にプロットされました。
 
As071_r71rrc_kynkay_island_2_2 Provideniya villageに到着しました。直線でKynkay Islandまで36km、Kynkay IslandからArakamchechen Islandまで5kmの距離です。実際には海沿いをぐるっと回る予定を発表しています。
 
タイトルが「AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info」から「AS-071 R71RRC Kynday Island info」に変るでしょう。いよいよ大詰めです。
 
【追追追記】
新しいNEWSが発信されました。Googleで和訳します。
 
「R71RRCチームがProvideniya村に到着しました
公開日:4月4日(火曜日)、2017年00:00
R71RRCチームはProvideniya村に到着しました。ヘビーは全地形の車両を追跡し、サポートされているスノーモービルは準備ができています。ガソリンジェネレータ(主冗長)をチェックした。明日は食糧と燃料を購入するでしょう。島への予定出発は、現地時間の早朝4月6日です。」
 
早くて4月7日(金) にはオンジエアを開始するでしょう。

2017年4月 3日 (月)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 03)

モスクワを4月2日夜遅くに出発し、日本時間2017年4月3日午前6時30分現在はロシアシベリアの上空を飛んでいます。UA9KDFがサポートしているようです。

 
As071_r71rrc_20170403APRSの画面で「R71RRC」とエントリしていただければ表示できます。予定より少し遅れているようですが、日本時間の午前8時過ぎから9時前後には中継地のAnadyr(アナディル)に到着します。
 
このAnadyr(アナディル)にて3名が合流し、4月4日に乗り継ぎの飛行機で2時間でProvideniya villageに到着します。
 
As071_r71rrc_20170403_1おそらくどちらかの空港から新しいメッセージが今日中に発信されるでしょう。現在はUA9KDF Igorさんがサポートしているようです。あのRT9K/9のチームリーダーです。2か所の滞在時間が短ければ、早ければ5日には村を出発し、4月7日(金)からのQRVも可能です。ところが、そう簡単に行かないのがペディションの宿命です。
 
As071_r71rrc_20170403_wxこの朝の2週間天気予報を参考にするならば4月10日以降は温度がかなり上がってきます。彼らの4月7日から17日の間の5~7日間の運用予定に週末を含むならば4月15-16日は帰路が厳しくなると想定されます。やはり、4月5日、あるいは遅くとも6日にはProvideniya villageを出発したほうがよさそうです。QRV開始は7~8日でしょう。

2017年4月 2日 (日)

月刊FBニュース3月号にIOTA記事掲載(by JA3UCO 細川さん)

月刊FBニュースに1月からIOTA記事が特集されています。

広げよう“IOTA”の輪 ~ONE PIECE of IOTA~ と言うタイトルでYLのIOTAチェイサー兼ペディショナーで頑張っておられますJP3AYQ眞田さんがキー局になられて新しいIOTAチェイサーの発掘を目指されています。4月号は関西エリアのトップIOTAチェイサーのJA3UCO細川さんが登場されています。

http://www.fbnews.jp/201704/iota/index.html

Fb 

私も1997年5月に日本語版IOTA Directory1997を購入し、その中にJA3UCO細川さんの記事がありました。その記事に大きく影響を受けてIOTAを楽しむことになりました。そのエキスが端々にでている文章です。ぜひ、ご一読ください。

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 02)

UA3AKO Victorさんをはじめとするチームは4月2日にモスクワを経ち、4月4日に全員がProvideniya villageに集合します。最速ならば4月5日には出発できると思います。昨日に使用しなかった2週間天気予報を4月2日からの最新分で確認します。
 
As071_wx_401これを参考にすると天候と最低・最高温度を判断要素とするならば早めに出発して、4月7日からQRVを開始し、11日には引き上げた方が良いと判断できます。来週後半から温度が上がってきています。Provideniya villageでゆっくりしている時間はあまりないように感じます。
 
5日に出発すれば80kmあまりの目的地には十分に到達可能でしょう。

2017年4月 1日 (土)

YB8RW/P QSL cards

FacebookにYB8RW Dinさんが2014年から2016年までに実施しマネジメントをしていますQSLカード一覧を掲載していました。よく数えてみると40枚もありました。

Yb8rw_qsls 
朝一番に拝見しましたときはさっと見過ごしましたが、午後に拝見すると私の名前とコールをDinさんがコメントに記載してありましたのでじっくり見てみました。
 
やはりしっかり拝見しますと40枚の凄さを思い起こしました。ほぼフォローいたしました。DinさんがCWを開始してもらったのも私の提言だったりいろいろありました。
 
現在は2016年秋のOC-122へ渡る直前に怪我をした右足を治療中とのこと。40枚のQSLカード明細はYB8RWのQRZ.comにあります。新しくIOTAを始められる局もQSOされている可能性もありますのでログサーチを利用できます。ご確認ください。
 
FacebookのYB8RW Dinさんのコメントです。
「This is partly QSL card design which has been filed worldwide by YB8RW acting of portable station.... QRV on some islands in Indonesia 2014 - 2016.
Hope you are satisfied with my QSL service...
de YB8RW」

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Apr 01)

4月1日付けの2週間天気予報を確認しましたが、前日と大きく変わってしまい、情報として?を感じました。当日と翌日くらいの参考にとどめた方が良いと判断して2週間予報を使用するのはやめました。

 
一方、UA3AKO VictorさんからのJAの3アマ向け、4アマ向け対応の40メータスペシャルアンテナの設置プランは間違いなく実行したいと言ってこられました。バンドプランを送りました。
再びメールをいただきました。
 
「どうぞあなたの電話番号を教えてください。私たちが4アマのスモールピストルのために40mSSBにおけるQRVの時間と周波数をお知らせしましょう。ただし、私たちが島に到着後の2~3日あとの設置になるでしょう」
とのことです。
 
いままで4アマで、また3アマで、或いは1アマ2アマでIOTAチェイシングをと区切って考えたことはあまりなく、4アマでIOTAをやっている方の存在は把握していませんでした。UA3AKO VictorさんのJAの4アマ局の割合が高いことをご存じなのでしょう。昨年のAS-092 RT92KAの結果を体験しての施策と配慮と思われます。
 
Victorさんの考えはこのバンドコンディションでは30/20mが中心のQRVと昨年の経験に基づいているようです。そのため、昨年持参した20/15/10mのトライバンダーは持参せず、17mは少し、15mは無理で運用してもバーチカルと判断したようです。
 
逆にJAの3アマ4アマに配慮されたと積極的に考えてよいでしょう。私の携帯番号とホームの電話番号をすでにお知らせしました。OC-123 A35JP/Pの田村さんが現地から電話を入れられたことを当ブログで見られて参考にされたと思います。
 
3アマ4アマを区分することは嫌いですが、AS-071と交信していただく支援をすることは好きですので、こそっとメールで「AS-071と交信希望」をご一報ください。Victorさんにうまくつながるように対応します。電話受信時には同報メールやSkype、Facebookメッセージで速報できるように配慮いたします。jn6rzm@nifty.comまで。
 
【追記】
さきほど、ウエブに「On April 2nd evening from Moscow to Anadyr」のタイトルで最新ニュースが登録されました。モスクワから中継地のAnadyrへ明日入るようです。R71RRCへの事前のドネーションは今日で締め切り、ウエブの交信も現地からにかわってきそうです。
 
OC-123 A35JP/Pの情報を当ブログで見られた新しくIOTAを始められた局から「交信できました」とのメールをいただきました。たいへん嬉しいですね。ところで、私は英語がしゃべれないのですが、UA3AKOがロシア語と英語で電話をくださいますが大乗でしょうかね。まあ、なんとかなるでしょう。
 
【追追記】
4月4日にはチームメンバーはプロビデニヤ村に飛行機で入るそうです。うまくいけば7日からのQRVも可能性があります。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »