World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« SA-033 HD2RRC/4 Salango Island QRVing(31 May 2017) | トップページ | 月刊FBニュース6月号にJA4-4665/1 杉原さんの記事掲載 »

2017年5月31日 (水)

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island QSL received

2017年3月に実施されました表題のOC-123 A35JP/P Niuafo'ou IslandのQSLカードがJA0RQV田村さんより到着しました。

 
Img308RQVブログに掲載されたものと同じです。もちろん「Sample」は入っていません。2010年3月に実施されましたOC-123 A33Aをわずかなタイミングで交信し損なってから7年後に無事に受領させていただきました。感謝、感謝です。
 
Img30910/14/21MHzCW 3バンドの交信でした。
OC-064とOC-191のA35JP/P分のQSLカードも同封してくださいました。IOTAオセアニアの271番目のQSLカードです。残り16件です。アパマンアンテナでここまでまいりました。
 
一昨年のOC-064時に田村OMにOC-123実行のお願いをしました。昨年9月にトライしてくださり、そして2回目のトライになりました。本当にありがとうございました。
 
【追記】
特別にレターパックにて送ってくださいました。中になんとNiauafo'ou Islandから拾ってこられた溶岩のお土産が入っていました。鹿児島出身の家内に「この間、トンガの島から電話を何回もいただいた方から、トンガの溶岩が送ってきたよ」と言いました。
 
「溶岩なんて桜島にいけばいくらでもありますよ」との反応に大笑いしました。しかし、よくよく考えてみるとOC-123 Niuafo'ou Islandは火山島であることに初めて気づきました。真ん中の湖は火山湖だったんですね。小さなかけらですが大きな思い出となりました。大切にします。
 
OC-123 Niuafo'ou Islandからの5回の電話や溶岩のお土産などたくさんの話題をいただきました。本当に楽しかったです。
 
なお、田村さんもJA0RQVにてIOTA申請をされたいと仰っておられました。IOTAの楽しさを体感していただけそうです。

« SA-033 HD2RRC/4 Salango Island QRVing(31 May 2017) | トップページ | 月刊FBニュース6月号にJA4-4665/1 杉原さんの記事掲載 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-033 HD2RRC/4 Salango Island QRVing(31 May 2017) | トップページ | 月刊FBニュース6月号にJA4-4665/1 杉原さんの記事掲載 »