World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« SA-033 HD2RRC/4 and SA-034 HD2RRC/P plan (5/21-30) | トップページ | OC-235 DU9/SP5APW: Siargao Island 成田でまず一杯 »

2017年5月 6日 (土)

SA-033 HD2RRC/4 Salango Islandを調べる

昨日に発信されました表題のペディションはSA-034 HD2RRC/Pとともに再来週5月21日から30日の間に実施されます。私のアパマンアンテナで昨年のSA-034 HC2GRC/Pが交信できましたのでどうしても興味が高まってしまいます。

 
Salango Islandで検索するとSalango Islandのみならず La Plata IslandやSalango cityの画像が混じったものが多く、さらにスペイン語の説明のために「Salango Islandそのもの」の判断に使いづらい状況でした。お勧めはこれでした。 
 
再度、マップを確認しましょう。
Sa033_salango_1東側の南米本土にSalango cityの町を確認できます。町からは1キロ強の距離ですが、岬からはちょうど700mにSalango Islandが存在します。ご承知の通りエクアドルという国名は「赤道が通る国」という意味で、この島は南緯1度35分に位置していました。そのため、EU/NAそしてJAはすべて北側に位置することになります。
 
Sa033_salango_2島を詳しく検証してみます。南米大陸の西岸の島々はチリのSA-094 Pupuya Islandのようなとても上陸しづらい島が多いです。要するに船が着岸しにくいことで有名です。このSalango Islandも似てはいましたがすべて絶壁ではなく、北西部に海岸がありました。
 
黄色の円の部分です。雨水により山が削られて海岸を形成していました。たくさんの観光客がここに上陸している写真も見つけました。おそらくこの海岸に上陸しキャンプすると思えます。山の高さ(島の高さ)は30メータくらいですが、ロープを抱えて登れる感じでした。
 
山の上に二人、下に1人。持参したロープでアンテナ機材やフィーダを引っ張り上げて設置すると思います。この上にアンテナを立て、50メータくらいのフィーダで繋ぐのではないかと思われます。グランドアースのバーチカルで20/30/40mの運用でしょう。
 
頑張って私のところまで飛ばしてもらいましょう。
 
なお、RZ3FW Yan-sanへは昨日にメールをお送りしています。

« SA-033 HD2RRC/4 and SA-034 HD2RRC/P plan (5/21-30) | トップページ | OC-235 DU9/SP5APW: Siargao Island 成田でまず一杯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-033 HD2RRC/4 and SA-034 HD2RRC/P plan (5/21-30) | トップページ | OC-235 DU9/SP5APW: Siargao Island 成田でまず一杯 »