World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« OC-191 A35 Niuatoputapu Islandのニーズ調査 result | トップページ | Club Log Matching maintenanceとK3EST への支援 »

2017年6月10日 (土)

NA-116 TE8DX Chira Island

先般、JA4のOMさんとお話ししていましたら表題のペディションに注目されていました。IOTA1000を超えられて、まだコンタクトできていないようなことを言われていました。調べてみるとなんと私のアパマンアンテナでQSOできてクレジット済みでした。
 
TIはこのコンディションでは無理と決めつけていましたが当時のコンディションとの違いを調べようと思いましたがすっかり失念してしまいました。この朝の425DXnewsに「till  12/06     TE8DX: Chira Island (NA-116)  1353」と掲載されていましたので慌ててしらべました。
 
425 DX News Bulletin n. 1353 of 2017/04/08
 
TI     - TI2CC, TI2CDA, TI2JJF, KM4HI and N3KS will be active as TE8DX  from
         Chira Island (NA-116), Costa Rica  on 8-12 June.  They will operate
         SSB and CW on 80-6 metres.  A second station will be active  during
         the ARRL June VHF  Contest (10-12 June).  QSL direct to via TI2CDA,
         logsearch on Club Log.
 
6月12日までです。FacebookのDX-World.netにも運用中の写真が数枚ほど掲載されていました。オペレータの表情はサービスしているから頑張ってコールしてくださいという感じでした。IOTAクレジットは34.7%。過去にも11回のペディションが行われています。
 
掲載を失念しましたカード等のデータです。
Img313
 
Img314  
2003年7月27日です。IOTAコンテストでの交信ですね。14MHzSSBでよくぞ飛んでくれました。メンバーはK4UN, TI3TLS, TI4ZM, TI2KAC, TI2MOT, TI2SSI, TI2VWの7名です。今回のペディションとは重複していません。しかし、6月のこの時期でも夕方近くに入感の可能性がありそうです。
 
コンディションさえ開ければ、比較的簡単に交信できそうです。当時のコンディションですが、ベランダアンテナでも飛びますのでやっぱりIOTAは面白いです。

« OC-191 A35 Niuatoputapu Islandのニーズ調査 result | トップページ | Club Log Matching maintenanceとK3EST への支援 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-191 A35 Niuatoputapu Islandのニーズ調査 result | トップページ | Club Log Matching maintenanceとK3EST への支援 »