World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-267/OC-160 VK9MAV soon その2 | トップページ | AS-147 JA8COE/8 Yagishiri Island plan (23-25 June 2017) »

2017年6月17日 (土)

IOTA申請料の高騰とその低減方法について

JA8のN-OMからメッセージがIOTA100申請完了のメッセージが届きました。151件で申請ですが、ところが申請料が4500円ほどかかったと、そのコストに驚いておられました。私もそんなに高かったかなと初回のIOTA100分申請料を調べました。

 
N-OMは正確には4100円で360円のQSLカード編送料込の4460円だったそうです。
 
初回のサマリーシートは1998年1月31日のものです。RSGB IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんから返送QSLとともにペーパーで送られてきています。
 
Img315
 
初回クレジットは170で2,950円でした。内訳は審査料1920円、返信料1000円でした。ディスクという項目がありますが、これはIOTAmemディスクのことでしょう。私は中嶋さんの前のJA担当でしたG3ALI Ray Smallさんから10USDを送付して購入し、使い方のご支援を中嶋さんに指導いただきました。
 
要するに申請データは紙だったのですが、このIOTAmemフロッピィに格納し郵送でFDを送っていました。私は最初からこのIOTAmemを使用して申請しました。1998年1月のJARL Newsに「IOTA申請が国内で申請可能に!」という記事に申請料が書いてありました。
 
当時のカード申請料は①120枚まで 1200円(960円)、②121枚~170枚まで 1800円(1440円)云々と続きます。(  )内はIOTAmemで申請された分の申請料です。
 
RSGB側は受け取った申請データを紙申請の場合は手打ち、IOTAmemの場合はFDを読み込ませることによりデーターベースを作っているようです。
 
私のこのIOTA申請は20回続きましたが、このサマリーシートは2006年まで提供されました。①98年170件 2950円、②99年217件 2580円(追加アワード1320円)、③2000年281件 1922円(追加アワード720円)、④01年347件 2066円(追加アワード720円、
 
⑤02年401件 1810円(追加アワード720円、⑥03年455件 1090円、⑦04年526件 2386円(追加アワード1080円)、⑧05年554件 1020円、⑨06年580件 510円となっています。返信料を含んでおり、当初は書留、そして簡易書留、さらにSASE普通郵便と変わってきました。
 
IOTA600を超えた07年以降は毎年10数件の安定期(低迷期)に変り、毎年1520円を送金していました。
 
残念ながら、初回のIOTA100で4000円を超過するアワードはやはり相当高いというイメージにならざるを得ないですね。20年くらい経過すると毎年の更新料と思ってあまり深く考えていませんでした。返信料などを含め、コストをしっかり押さえコストパフォーマンスの高い管理をしないといけません。
 
 
【追記】
RSGB IOTA webのANNEX Bに料金表が掲載されています。
 
PRICES FROM 1 JANUARY 2017
Applications by Paper Card, IOTA Contest QSO matching or Club Log QSO matching
------------------------------------------ RSGB Member  Non-RSGBMember
Fee for Initial Application with 100 to 110 claimed credits (Note 1) GBP 8.00 GBP 12.00 Fee for each extra claimed credit GBP 0.08 GBP 0.12
Fee for minimum update (Note 2) GBP 8.00 GBP 12.00
Fee for Certificate sent electronically GBP 4.00 GBP 6.00
Fee for Certificate sent by post (Note 3) GBP 8.00 GBP 12.00
 
これを読みかえると(本日のレート1GBP 142円で計算)、
①IOTA件数 100から110まで RSGBメンバー 1136円 非メンバー1704円
②追加分1枚当たり RSGBメンバー 11.36円 非メンバー17.04円
③100枚未満の更新手数料 RSGBメンバー 1136円 非メンバー1704円
④電子的に送られた証明書(アワード) RSGBメンバー 568円 非メンバー852円
⑤郵送で送られた証明書(アワード) RSGBメンバー 1136円 非メンバー1704円
と、訳しました。
 
約4500円の内訳は①1704円+②17.04円X41枚+⑤1704円+送料360円=4,467円
日々のGBP対Yenのレートが動きますので若干金額は異なるでしょう。
 
4500円は確かに懐具合を気にしなければいけませんが、⑤紙のアワードを④電子的
アワードにして自宅でプリントアウトする。もしくはアワード不要とすれば金額はかなりおとせます。
 
私はIOTA100/200/300/400/500/600/700とIOTA-OC、IOTA-AS、IOTA-EU、IOTA-NAと紙のアワードでいただきましたが、それを一つずついただくことを目標にして楽しみましたから、高いとか安いとかは全く気になりませんでした。
 
この申請料のロジックがわかれば「高騰」という考えはなくなると思います。3000円でも2000円でも高いと言えばきりがありませんね。どうやって4500円分を楽しむを考えた方がお得ですよ。

« OC-267/OC-160 VK9MAV soon その2 | トップページ | AS-147 JA8COE/8 Yagishiri Island plan (23-25 June 2017) »

コメント

QSLの審査料は12ポンドですので、4500円にはなりませんが、
郵送アワードを申請されたのでは、思います。
以前は、IOTA100アワードは無料でした。

舟木さん、ありがとうございます。
ちょうど追記の部分を作成中の時にコメントをいただきました。

以前は、IOTA100の申請時は、IOTA 100のアワードは無料だったので、
初回申請はそんなに高くなったですね。


舟木

最近は100から始める局が少なくなり、いきなり500とか600くらいで申請される局が多くなり、IOTA100アワードが基本アワードという考え方が変わり、すべて選択制の3段階にしたんですね。500、600からスタートの場合は全部アワードをもらうと物凄い金額になるためにこのように変わったのでしょう。
 
その通りですね。IOTA100アワードが無償から有償になった分が高い感覚を与えているようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-267/OC-160 VK9MAV soon その2 | トップページ | AS-147 JA8COE/8 Yagishiri Island plan (23-25 June 2017) »