World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« AS-069 RI0C いつ到着するかシミュレートする | トップページ | AS-069 RI0C (24th July 2017) No landing »

2017年7月23日 (日)

AS-069 RI0C (23th July 2017) 23日中に上陸の可能性あり

2017年7月23日(日)午前5時の状況です。(世界時間7月22日(土) 20UTC)

 
Ri0c_18_2Spotのマップを「航空写真」に切り替えるとIony Islandの位置が示されます。
サハリン島の北西側を抜けて、サハリン島の北側の相当のところまで進んでいました。現在は停止しているようですが、日本時間午前6時になると動き出すと思われます。
 
Ri0c_19距離測定ができるGoogleMapに置き換えますとIony Island南南西154kmくらいの位置にいます。昨日ご紹介しましたEsperance号の速度11.3km/hで計算しますと、154÷11.3=13.63時間と計算できます。
 
午前6時に動き出すと、島にはノンストップで本日23日の午後7時40分くらいに到達する計算になります。残念ながら夕暮れ時のため上陸は明日の午前6時からと予想できます。
 
 
話は変わりますが、AS-069のメンバーは昨年2016年8月14日から18日の4日日間余りでAS-142をサービスしたことはご存知のことだと思います。AS-142メンバーはR7AL、RW5D、RK8A、RA1ZZの4名でした。
 
今回のAS-069メンバーはR7AL、RW5D、RK8A、RA1ZZ、UA3LMRです。昨年のメンバーにUA3LMRが加わっただけです。UA3LMRはデジタル系が得意のようです。そこで、昨年のAS-142のQSOをクラスターデータを使用し下記の通り分析してみました。
                   :件数 構成比
7MHz CW    56  10.8%
7MHz SSB    1    0.2%
7MHz RTTY....... 7    1.4%
10MHz CW    0  ..  0.0%
14MHz CW  223.... 43.1%
14MHzSSB 154..... 29.8%
14MHzData .......1  ..  0.2%
18MHzCW   71.. . 13.7%
18MHzSSB   0 ......0.0%
21MHzCW    4 .......0.8%
21MHzSSB   0 ......0.0%
           517 ..100.0%
 
あくまでも参考です。昨年のAS-142のクラスターデータは517件(不要分は除く)です。
パッと見た特徴は①SSB運用が割合的に少なく14MHzのみ、②10MHzCWを運用していない、③14040、14260とIOTA Meeting Frequencyをほとんど利用しているなどでした。
 
次回はClub Logを研究し、そちらを使いたいと思います。メンバーがほぼ同じですのでおそらく似たバンドの似た周波数、並びに同じ癖で運用されると思われます。10MHzが少し気になります。7月24日(月)午後にはオンジエアを開始するでしょう。
 
【追記1】
2017年7月23日午前7時30分(世界標準時間7月22日22時30分)現在のSPOTデータの東経、北緯データをGoogleMapに放り込むとその位置を確認できました。さらにその位置からIony Islandまでの距離も測定できました。
Ri0c_20便利ですね。新しい使い方をまたマスターできました。
夜間停泊と走行の時間、そしてオホーツク海に入ってのスピードアップなどの要素が加わり、予想よりも早く到着しそうです。
 
午前7時30分現在で残り114kmとなりました。単純計算で昨日算出しました11.3km/hでやりますと7時半から10時間後の午後5時30分くらいに到着となります。日の入りの午後7時くらいには時間があります。スピードアップもしていますのでより早い時間に到着する可能性も高いです。本日23日に上陸できる可能性も充分に出てきました。
 
天気予報も晴れ、風は普通、今晩と明日ともに良好です。
 
【追記2】
午前9時40分のSPOTデータではIony Islandまで残り87kmとなりました。スピードも13.5km/hに少しアップしています。87÷13.5=6.37時間(約6時間20分)後到着となります。午後4時30分ですね。日の入りの7時まで3時間あることになります。上陸の可能性は高くなってきましたが。はて、どうなりますやら。
 
【追記3】
午後12時57分にはこんなところまで来ました。
Ri0c_21Iony Islandまであと45kmまで来ました。時速13km/hくらいです。午後4時30分前後に計算上では到着します。今日のエンジエアはあると思います。NA向けが中心でしょう。
 
【追記4】
2017年7月23日午後5時前にEsperance号はIony Island近辺に到着し錨を下しました。日没までは2時間強あります。小型ボートで荷物の搬入を開始しているはずです。天候は比較的穏やかと判断されます。本日は少量運搬を実施して、オペレーションを開始できると思われます。14260からスタートでしょうか。HW?
 
【追記5】
IOTA chasers ForumにEU7AがUA3AKOに代わって報告しました。
「Victor, UA3AKO informs that he talked to RA1ZZ on sat phone. The team reached Iony island safety and planning to land at their morning tomorrow.
73, Andy
EU7A」
 
無事にIonyへ到着。今晩はEsperance号で過ごし、明日の朝から行動するそうです。

« AS-069 RI0C いつ到着するかシミュレートする | トップページ | AS-069 RI0C (24th July 2017) No landing »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-069 RI0C いつ到着するかシミュレートする | トップページ | AS-069 RI0C (24th July 2017) No landing »