World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« AS-114 Baidukov Island到着 R24RRC | トップページ | YB-LandからのGreetings/暑中見舞い »

2017年7月16日 (日)

AS-069 RI0C運用遅延の文章を検証する

7月15日に突然にAS-069へ向かう予定を変更して、AS-114 Baidukov Islandへ行くというニュースが発表されました。
 
Island Baidukov, AS-114 will be activated by our team
14 Jul 2017
Due to the fact that the access of the yachts from the port of Petropavlovsk-Kamchatsky was arrested, the team decided to activate the island of Baidukov, AS-114. Presumably, the activation will start at 12 UTC 15.07 and will last 2-4 days before the message of the captain of the yacht on arrival in Nikolaevsk-on-Amur will come. Call sign for AS-114 is R24RRC
 
少し詳しく調べてみましょう。
 
Baidukov島、AS-114から私たちは運用を開始します
2017年7月14日Petropavlovsk-Kamchatsky港からのヨット(Esperance号)のアクセスが抑えられたため、チームはAS-114 Baidukov Islandからの運用を決定しました。おそらく、7月15日12UTCから開始します。(予定のEsperance号の)キャプテンからニコラエフス・オン・アムール到着の連絡が来る前に、2日から4日間ほど運用されます。AS-114のコールサインはR24RRCです。
 
と、訳しました。乗船予定のEsperance号はカムチャッカ半島太平洋側のPetropavlovsk-Kamchatsky港にまだいるようないないようなはっきりしていませんね。チームは別の船をチャーターしてBaidukov Islandへ渡ったようです。乗船予定のEsperance号が2~4日後にニコラエフス・オン・アムールに入ってAS-069 Ionyへ向かうようです。
 
つまり、予定より2~4日遅れるということでしょう。7月18日から23日の運用予定に大きく影響を与えることは確実でしょう。7月25日までにニコラエフス・オン・アムールに戻る計画を何日まで延ばせるか。また、最も大切な乗船予定のEsperance号が4日以内でくるのかも大きな問題でしょう。
 
救いはロシア正教の十字架を島に設置する重要な業務を担っていることが加わっていることです。AS-114とAS-069と二つもやってくれるというのは安易な考えと思います。到着しておくべき船が予定通り来ていないことが大きな問題なのですが。
 
このケースの場合はチームメンバーの負担も倍になりますのでAS-069運用の期間が短くなるなどの影響がでやすいと思います。目的は「AS-069 RI0Cの運用」が本命です。
 
【追記】
本日もNEWSに新しい情報が追加されました。
 
Baidukov island , AS-114, ON AIR
15 Jul 2017
Island of Baidukov was activated about 7 a.m. UTC. The team has 2 work place and 2 days at least to spend on this Island.
Call sign for AS-114 is R24RRC.
Photo: Ozerpah village, Amur Firth
 
昨日の日本時間午後4時にAS-114の運用を開始した。チームは2か所運用です。少なくとも2日間はこの島に滞在します。
 
やはり、Petropavlovsk-KamchatskyからのEsperance号の到着予定が不明のようです。
そこで、カムチャッカ半島のPetropavlovsk-Kamchatskyからニコラエフス・オン・アムールまでの距離を測定してみました。
Ri0c_2なんと、1,630kmもありました。4日で割っても1日あたり400kmです。ヨットの性能で大きく異なるそうで、早いものは時速70km、普通は30km/hくらいのようです。ただし、当初のプランではIony Islandとニコラエフス・オン・アムール間455kmを3日かけてと書いてありました。
 
これを当てはめると厳しくなります。過去のペディションでもカムチャッカ半島のオホーツク海側を4~5日かけて運航していた記憶がありますので4日は見なければいけないでしょう。やはり厳しい状況と判断しています。

« AS-114 Baidukov Island到着 R24RRC | トップページ | YB-LandからのGreetings/暑中見舞い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-114 Baidukov Island到着 R24RRC | トップページ | YB-LandからのGreetings/暑中見舞い »