World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« AS-022 RI0LI plan(3rd Aug 2017) ヤクーツクからの情報 | トップページ | AS-069 RI0C (5th Aug 2017) 帰港 RI0C Log Uploaded »

2017年8月 4日 (金)

AS-022 RI0LI plan (4th Aug 2017) チェルスキーからAS-022への情報

昨日、RI0LIのチームリーダーであるR7AA Vasilyさんからのスケジュール情報を下記の通り確認してみました。本日4日にヤクーツクからチェルスキーへ入ります。

 
As022_1
昨日のマップのとおりです。
 
Ri0liチェルスキーの町の南側にコリマ川の支流沿いに滑走路が確認できます。ここから船でコリマ川本流を下り、AS-022まで進みます。
 
Ri0li_2ウエブでは260kmの船旅とおりますが、GoogleMapでは240kmくらいです。コリマ川下りが4割、東シベリア海60%というところです。
 
QRZ.comのRI0LIの衛星写真の7月1日分では大陸とAS-022の島々は氷で繋がっていました。ところが7月10日の衛星写真では見事に氷が溶けて島へは船で行くことに変わりました。急の変更である船の準備などで2週間かかったようです。
 
さらに船の状態に不安があるようで、簡単にAS-022に辿りつけるか行ってみないとわからないという発言でした。
 
Ri0li_3VE7の友人に教えていただいたWindyの登場です。AS-069 Ionyは雨男・風女がいたようで、Iony近辺の波の高さは当時は1.3~1.5mと表示していました。Ionyへの上陸はたいへんだったようです。
 
ところが、AS-022近辺の東シベリア海は8月4日~7日の間は波の高さが0.3~0.4mと推移していました。なんと、雨も降らず上陸はIonyと比較して楽だと思います。Leont'yeva Islandの島の形状等の情報がありませんが大丈夫のようです。
 
雨男・風女はいないようです。(笑い)
彼らの安全な行動を願っております。おそらく8月7日(月)からエンジエアを開始できると思われます。むしろ日本側に台風の影響がありそうです。

« AS-022 RI0LI plan(3rd Aug 2017) ヤクーツクからの情報 | トップページ | AS-069 RI0C (5th Aug 2017) 帰港 RI0C Log Uploaded »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-022 RI0LI plan(3rd Aug 2017) ヤクーツクからの情報 | トップページ | AS-069 RI0C (5th Aug 2017) 帰港 RI0C Log Uploaded »