World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« K3EST Projectのご紹介 (07 AUG 2017) | トップページ | 2017年8月度のIOTAチェイシング »

2017年8月 7日 (月)

AS-127 and AS-140 in Bangladesh by G3KHZ and others

いよいよXZ-IOTAの前哨戦として、G3KHZ DerekさんやSM6CVX Hansさん等によるS2-IOTAペディションが2017年10月実施にて発表されました。
 
A team of G3KHZ/Derek, SM6CVX/Hans, DL6KVA/Axel, G4EDG/Steve, S21ED/Tuhin and S21TV/Anup will be QRV from IOTA AS-127 and IOTA AS-140 in Bangladesh.
 
Operations starts around 13th of October and goes on until around 27th of October.
 
Activty on 40 to 15 meters. Vertical dipoles for each band. It’s an IOTA-expedition and CW and SSB will be used.
 
QSL for AS-127 goes to SM6CVX and for AS-140 to G3KHZ. QSL only via buro or direct as information on qrz.com.
 
Additional information will be on their website which will be opened in a few days.
 
すでにDX-World.netをはじめとして各DXnewsにて発表されましたが、私は先日のG3KHZ Derekさんのリレー注文時に10月のS2-IOTAの件は相談を受けていました。730円のおつりも返す約束もしています。(笑い)
 
すでにご承知の通り、彼らのかずかずのP29-IOTAペディションにより、P29-IOTAを終わられた局も多いと思います。JA Friendsのご支援により、交渉役をさせていただき、5回のドネーション支援をやっています。
 
G4EDG SteveさんもSVをはじめとしていろいろなIOTAサービスをされていますCWの名人です。
 
私はこの方面は飛びがとても悪くなりました。近所のマンション建設のためです。しかしながら30mだけは強力に入感します。さらに過去に何度もドネーションギャザリングをしていますので集合してどうかなと思っています。個別にPayPalで対応してももちろん良いと思います。
 
【追記】
まだ調べるには早すぎますが、大枠のみ報告します。
バングラデッシュのS2-IOTAはAS-127とAS-140の二つのみです。
 
●AS-127 Chittagong Region group
 
IOTAクレジット率 13.4%
 
Group Contains:
 
①Char Shabani、②Char Srijani、③Kutubdia、④Matarbari、⑤Sandwip、⑥Sonadia、⑦South Hatia、⑧St Martin's
 
Past Activation
S21DX  (Jan 09) Saint Martin Island   via EB7DX
S21K   (Aug/Sep 98) Saint Martin Island  (Mar 99) Kutubdia Island via HC
S21RC/P(Dec 08, Jan/Feb 09) St. Martin's Island  via EB7DX
S21YS  (Apr 97) South Hatia Island  via IK1FLF
 
地元局の小刻みなQRVが複数回あっていますが、コールサインでまとめると4局のみです。最終は2009年2月でかので8年ぶりのQRVになるでしょう。
 
As127位置はXZに近い東側です。
 
 
●AS-140 Khulna / Barisal Region group
 
IOTAクレジット率 10.6%
 
①Char Dai、②Char Kashem、③Char Kukri Mukri、④Char Nizam、⑤Dakhin Shahbazpur [ AKA Bhola ]、⑥Sonar Char
 
Past Activation
 
S21BI  (Feb 05) Bhola island via EI3IO
S21K   (Oct/Nov 98, Jul 99, Dec 99, Jan 01) Bhola island via HC
 
S21Kは小刻みにQRVしていますが合わせて2局、最新は2005年5月です。12年ぶりのQRVとなります。
 
As140AS-127の西側です。その西隣はAS-153です。今年の初めにJAから機材提供を申し入れたIOTAです。
 

« K3EST Projectのご紹介 (07 AUG 2017) | トップページ | 2017年8月度のIOTAチェイシング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K3EST Projectのご紹介 (07 AUG 2017) | トップページ | 2017年8月度のIOTAチェイシング »