World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA Wanted Listの効用 | トップページ | OC-191 A35JP/P 帰還報告 »

2017年8月24日 (木)

DX infoからすぐにIOTA map利用へ

425DXnewsやDX-World.netなどで新しいIOTAのQRV情報が流れます。IOTAを始められたばかりの方はどこにあるのか、クレジット率はどのくらいかなど見いだせないままにNewかWorkedかの判断のみで記録されるケースもあるようです。またベテランのIOTAチェイサーでも島の位置や環境を見出すのに苦労されるケースもあるようです。

 
従来使用していましたGoogle EarthでのMapは動作がとても重くいらいらすることも多いですが、次のIOTA mapをご利用ください。Googleなどの検索で「IOTA MAP」と入れていただければすぐに辿りつきます。 http://www.iotamaps.org/
 
Iota_map1上記URLを起動すれば世界地図+「IOTA Cluster」が出現します。ここではClusterはカットします。
 
Iota_map2_2左上のContentに7大陸を選択するウインドがでてきます。NA-157 Kayak Islandをサンプルにします。NAを選択します。
 
Iota_map3NAのすべてのIOTAが表現されます。
 
Iota_map4システム行のの中央にGroupsがあり、NA-001からNA-248まですべてのNA-IOTAが出てきますのでサンプルではNA-157を選択します。
 
Iota_map5NA-157全体のマップと別ウインドウとして「IOTA Islands Groups」のウインドウが開いて、IOTAクレジット率11.5%やNA-157の島名が記載されます。それごとにクリックすると自動的にGoogle検索が動いて島ごとの詳細検索を表現してくれます。
 
Google Earthに比較してもとてもスピーディです。他の使い方をされている局があればお教えください。追加して掲載します。いずれにせよ、かなり強力なツールになると思います。IOTAチェイシングを楽しくするシステムでしょう。

« IOTA Wanted Listの効用 | トップページ | OC-191 A35JP/P 帰還報告 »

コメント

クラスターのスポットのいずれかをダブルクリックすると、そのIOTAの範囲のスケールに自動的にズームされますよ。 9月にリリース予定の新しいIOTAウェブではDXSpotという項目に記載されているIOTA運用予定局のリストをクリックすると、このIOTA Mapが立ち上がる様になっています。

早速のアドバイスをありがとうございます。
みんなでもっとたくさん使って、評価や希望などをどしどしあげると良いですね。新しくIOTAをされる方にはとても使いやすいシステムですね。もっと積極的に使いたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Wanted Listの効用 | トップページ | OC-191 A35JP/P 帰還報告 »