World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« IOTAにカウントできないYB72RI 運用 | トップページ | NA-042 AL3/AA7CH Hinchinbrook Island (16th Aug 2017) »

2017年8月16日 (水)

OC-191 A35JP/P Niuatoputapu Island (16th Aug 2017)

表題のOC-191 A35JP/Pに関しましてこの朝の8時39分に田村さんからメールがはいりました。本日、OC-191へ向けて航空機で飛び立ちましたが残念ながら「天候不順(視界不良)のためキャンセル」との連絡がはいりました。

 
当初より行ける確率は50%と言われていました。中国製の古いプロペラ機と聞いています。飛ぶ直前に故障でキャンセルされることもあるそうですが。今回はババウ上空まで行って引き返したそうです。
 
明日もしくは明後日にリスケジュールされる可能性もあるそうです。最悪の場合は来週水曜日になるそうです。詳細が決定しだい、再度ご連絡をいただけます。基本的には来週水曜日(8月23日)がキャンセルになった場合は完全中止にして日本に引き上げるとのことです。
 
8月13日付けのニュースでは16日または17日からQRVとありますが、16日の可能性はなくなりました。
 
【追記1】
Windyの天気予測を確認してみましょう。
①2017年8月16日午前6時(ババウ上空で引き返した時刻と思われます)
A35jp_20170816_0600 下の黄色円がOC-049 Tongapatapuです。上のピンク円がOC-191です。赤色やオレンジ色が雲の厚さをしめします。
 
②続いて、明日の朝に飛べるか 2017年8月17日午前6時の予測です。
A35jp_20170817_0600 随分と厚い雲は去りましたが、若干直線上ににかかっています。フライト可能かの判断はわかりません。
 
③そして、2017年8月18日午前6時の予測です。
A35jp_20170917_0600_2 見事に厚い雲は去ってしまい、薄く雲がかかっているようです。田村さんもこのブログを確認されていると思います。しかし、決めるのは田村さんではなく、航空会社です。フライトの可能性は高いですね。
 
【追記2】
K3EST Projectの御礼とOC-191交信のおすすめをご案内しました72名(公表は約100名でしたが、正確に数えました)のうち、数名ですが「チャレンジしますとか、ワッチしてみます」との嬉しいメールが届き始めました。ありがたいです。ぜひ、OC-191から運用して欲しいです。

« IOTAにカウントできないYB72RI 運用 | トップページ | NA-042 AL3/AA7CH Hinchinbrook Island (16th Aug 2017) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTAにカウントできないYB72RI 運用 | トップページ | NA-042 AL3/AA7CH Hinchinbrook Island (16th Aug 2017) »