World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Next OC-226 V6Jはどこか | トップページ | OC-053 K7ASU/KH9 Wake Island »

2017年9月 7日 (木)

Club Log Matchingの運用と提案について(Sep 2017)

2016年6月に稼働開始をしましたClub Log Matchingに関して判明していることをまとめてみました。

IOTA Validation Teamによりデータを受け入れられています。2016年以降をK3EST Bobさんが担当されています。次の資料は4月に実施されましたAS-071 R71RRCのウエブに掲載されましたR71RRCがAS-071としてクレジットを受け入れられることになったというメッセージです。
 
R71rrc_1_3
 
これからも分かる通り、K3ESTの主業務は実行されましたIOTAペディションごとにメールを送り、そのIOTAペディションがIOTAとしてクレジット受け入れの判定をしていることです。島への上陸証明などのエビデンスの回収とそのジャッジメントを行う重要な業務です。
 
そのメッセージの中にClub Log Matching登録の可否を問うようになっています。ペディショナーが可と返答した場合は30日後にClub Log Matchingが利用できます。否と返答があった場合、ペディショナー側から登録可の依頼が、つまり許可が無ければ永久にClub Log Matchingは利用できないことになります。
 
なお、個人的にBobさんからお聞きしたのですが、85%くらいの回答率だそうです。15%のIOTA運用は返事が無いのでIOTAとしてクレジットできないことになります。K3ESTからのメッセージに返信しない、あるいは上陸証明未提出だとIOTA運用とは認められません。
 
また、K3ESTからのメールはIOTAクレジット率20%未満のIOTAペディションが対象となります。20%以上は自由に運用してくださいとなります。Club Log Matchingへの登録はK3ESTへお願いしてみてはいかがでしょう。この辺は私も詳細を分かっておりません。
 
一方、2015年以前のClub Log MatchingはVE3LYC Cezarさんが実施されています。現在、3600件ほどマッチングできますが、その全てから登録OKをいただいていると思います。私個人もAS-077で登録したらClub Log Matchingに利用避けるようになりました。そのあたりの固定局の扱いなどはわかりません。
 
10年先、20年先、30年先のIOTA運用に対して依頼しても、ログの有無、電子ログの有無、その前にログ保有の担当者のメールなどなどと連絡するだけでもたいへんな業務でしょう。さらに、連絡がついたり、電子ログがあっても質を伴わない効果のないものなどもあるかもしれません。
 
私個人としましてもYB-IOTAの関係やQSLマネジャが入院しているなどのログ分のClub Log Matching化をお手伝いしたいと思っています。Cezarさんがどの様にどこまでやっているのか全く分かっていません。おそらくたいへんな作業でしょうね。
 
いま、多くのIOTAチェイサーの皆さんにおかれまして、新しく実施されるペディションごとにClub Log Matchingが利用できるのか、できるならばいつからできるのかを知りたいという要望が強いと思います。
 
1990年末から2000年代にかけて、G3KMAのウエブにおいて、実施されるIOTAごとに、また終了したIOTAごとに詳細報告が発表されていました。QSLカード回収とともに大切な情報でした。この辺りの情報を復活させて、①IOTAクレジット認可、②Club Log Matchingの利用可否、③Club Log Matching利用可能年月日を報告しては如何でしょう。
 
OQRSで請求する。SASEで請求する。Club Log Matchingを利用するという管理にメリハリがつくと思います。
 
9月4日付けのIOTA NEWSです。
 
ニュース
一時的にアプリケーションの処理を停止する    IOTAを新しいWebサイトに移行する準備として、直ちに効果があります...
IOTAを新しいウェブサイトに移行する準備として、即座にすべてのアプリケーションをユーザーからのチェックポイントに提出することを停止しました。今後2週間以内に新しいウェブサイトを立ち上げる予定です。ご迷惑をおかけいたしますが、それがサービスを再開することができるのは一番早いです。
 
G3KMA、2019年9月4日
 
Google Translate訳です。IOTAウエブサイトが新しくなるようです。2週間以内に完了しそうです。あらためて具体的な提案にしてみたいと思います。

« Next OC-226 V6Jはどこか | トップページ | OC-053 K7ASU/KH9 Wake Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Next OC-226 V6Jはどこか | トップページ | OC-053 K7ASU/KH9 Wake Island »