World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« AS-127 S21ZDC St. Martin's Islandを調べる | トップページ | OC-144 YE4IJ はログにありませんか? YB-IOTA リスト提供 »

2017年10月21日 (土)

AS-039 RI0ZF & R0/US0IW QSL cardの行方

昨晩、JA1のM-OMよりメールをいただきました。今年の7月にAS-039 R0/US0IWの焦げ付きQSLカード回収に関しまして相談がありました。すぐにUS0IW Sergeさんへ連絡しました。ご本人からもQSLカードはいつでも発行できますとの返事をいただき、その旨をお伝えしました。

 
M-OMの昨晩のメールはウクライナのUS0IWへ7月初旬に普通郵便で送付し、9月に2回目を送られましたが、以前の分を含め3回の送付結果で未回収のままとのことで諦めの境地になっておられるようです。
 
そのような状況で9月18-19日運用のAS-039 RI0ZFと交信され、クリミヤの住所へ送付されたそうです。
 
こちらの方も運用者兼QSL発行者であるR7KF Konstantinさんへメール連絡をいれ、Club Logへの登録、OQRS利用を進めると返事をいただきましたが未だに未登録です。JAから郵便が届いたらメールをいただくようにお願いしていますがまだありません。
 
先日もブログに書きましたがインドネシアのスマトラ島のYB6LDとYB4IRのQRZ.comでは「郵便は届かないし、届けられる保証もできない」と書いてあります。ウクライナや中央アジアのロシア地区やウクライナも郵便を届けることは至難の業のままといえそうです。
 
JAでは優良な郵便事情にて運用され、PayPalやOQRSもとても便利に利用できますが、地域によってはPayPalは利用できても換金でひっかかり実質的に利用できないJAでは理解できないケースもあります。解決方法はご本人とメールで十分に話し合うしかないようです。
 
【追記】
なんとタッチの差ですね。DX-World.netにClub Log並びにOQRSの案内が掲載されました。
 
RI0ZF AS-039 operation has been approved for the IOTA awards. The LOG has been uploaded to Club Log. OQRS is available. The trip to Beringa Island was quite expensive for Konstantin R7KF. If you want to send some donation please do it by Pay-Pal to k2pf[at]arrl.net
 
K2PFは別人ですね。おそらくR7KF側からみてClub Logは簡単に登録できますが、PayPalが利用できない地域と推測します。Tnx JH1OCC
 
Log to search: RI0ZF
364 QSOs logged between 2017-09-15 08:58Z and 2017-09-20 00:28Z
 
OQRSは2USDでアメリカへ飛ぶようです。質問等はk.frolov@bk.ruとクリミアの本人問い合わせになっています。K2PFがお金をまとめて別の手段でR7KFへ渡すと思います。
 
JAから郵送で送られた分の到着並びにQSL発行に関しての情報はありませんが、AS-039 RI0ZFの件はこれにて終了させていただきます。
 
Ri0zf1696x447

« AS-127 S21ZDC St. Martin's Islandを調べる | トップページ | OC-144 YE4IJ はログにありませんか? YB-IOTA リスト提供 »

コメント

CLUBLOGが使えるようになりました。

情報ありがとうございました。先ほどOQRSでDirectで申請しました。$2と財布にやさしい。9月に送ったSASEはロシア内で止まったままか、破棄された感じです。

クリミアから、もしくはEU-180 AUTONOMNA RESPUBLICA KRYM(Blach sae coast group)から運用される分は国際的に認められないと思います。しかし、クリミヤに住んでいてほかのIOTAから運用されたものは認められます。EU-180は2014年以降、永久にクレジットされないことになるでしょう。
 
2USDにすべきでしょうね。送料は第一地帯と第二地帯は1USD+ちょっと。封筒代も0.1USDくらいで実質には1.5USDくらいです。妙な手数料感覚で3USDや5USDが多すぎますね。将来を考えるならば下げる努力をしないと新しくIOTAを初めてIOTA1000まで獲得するためには30万円以上かかってしまうことになります。新しいIOTAチェイサー、若い世代のハムにやってもらうには2USD以下にしてほしいです。
 
もとくは第一地帯のコスト、第二地帯のコスト、第三地帯のコストと分けて表示してほしいですね。

Club Log QSO MatchesでOQRS後すぐにHitしCmできました。カード自体は
当分かかるんでしょうね

お久しぶりです。GFAさん、名前がでません。(笑い)
360 QSOs くらいですから印刷枚数も少ないし、思ったより早く発送できるのではないでしょうか。
DX-World.netにはQSLカードの裏面も掲載されています。よく見ると日付け丸囲み、UTCとTo Radioのみ手書き、RST599、14MHz、CWは印刷済ですのですでに書き終わっているでしょう。封筒の宛名作りがたいへんそうに感じます。年を超えることはないでしょう。

ClublogでHitしなかったので、R7KF コンスタンチンさんへメールで確認した所、ログに記録があるとの事でひと安心です。
その際、日本からの郵便をいくつか受け取っているという事でした。
Russia宛てという事で日本郵政も深く追求していないのでしょう。

宛先はQRZ.comのものになっています。
情報でした。
73

鍋谷さん、FB情報をありがとうございました。

結局、JPも「クリミヤ」という文字がなければスルーしてロシアのモスクワへ送っているということがわかりました。
K3EST Bobさんなどに、
「814-0002 福岡市早良区云々
 姓名
 JAPAN 」 と書いて送ればアメリカの郵便局の職員はJAPANしか見ず、日本に届いたら日本のJPの職員は日本語の住所氏名で判断するとご指導したことが正解だったと思います。ロシアも同じですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-127 S21ZDC St. Martin's Islandを調べる | トップページ | OC-144 YE4IJ はログにありませんか? YB-IOTA リスト提供 »