World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 月刊FBニュース10月号にJE6HCL佐治さん登場です | トップページ | EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-03) 1000UTC現在 »

2017年10月 3日 (火)

EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-03)

いよいよ近づいてきましたね。2017年10月2日2000UTC(日本時間10月3日0500JST)の位置です。ムルマンスクからEU-190 Victoria Islandの行程の3/4の位置です。

 
Ri1f_20171003_0500jst9月28日2000UTCに出発してちょうど丸4日間の96時間経過です。あと1日強が必要でしょう。
 
Ri1f_20171003_wx気になる天気を調べてみます。波は1.2mとまずまずです。風も少しあるようです。温度は零度ですが、予報では少しずつ下がって-1度になりそうです。天気はずっと曇りで時々ぱらつくという感じでしょう。もちろん、日本国内とは大きく異なり「寒い中をご苦労様です」というところでしょう。
 
おそらくVictoria Islandには過去に気象観測などのために訪問しその合間にオンジエアしたようですので、構築物があるはずです。10月4日0600UTCあたりからオンジエアが始まるものと思えます。
 
Igorリーダーの日記がここにあります。 http://legendsarctic.com/dnievnik_ri1f
 
「2017年10月1日。海は穏やかで、ほとんどすべての海の病気は終わり、気分は上昇しています。私たちはコールサインRT9K / MMとして放送を開始しました。当日、約300の接続が行われました。セーリングリグを使用した20メートルのヨットでは、セーリングを妨げないように小さなMFJピンを置くことが許されていましたが、これらのアンテナの受信はあまり良くありません。チームの気分は良いです。私たちは北緯76度の区域にあり、この地域には私たちに加えて誰もいません。ビクトリアの前に、さらに2日間行ってください。
 
2017年10月2日。波が増し、船上での投球の結果。RI1Fチーム全体がキャビンにいるので、そういうことをするのは難しいです。非常に短いヨットはイルカの群れを伴った。それは寒くなった、我々は北緯78度の地域にいる。明日はビクトリアに行くべきです。船長によると、容易ではない島の上陸について話し合う。 」
 
どうぞ、またまた直前回避をしないように祈りましょう。(笑い)

« 月刊FBニュース10月号にJE6HCL佐治さん登場です | トップページ | EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-03) 1000UTC現在 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊FBニュース10月号にJE6HCL佐治さん登場です | トップページ | EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-03) 1000UTC現在 »