World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-07)   | トップページ | EU-190 実施に伴うIOTA LIST Oct 2016からOct 2017への変更 »

2017年10月 9日 (月)

EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-09) QRT

2017年10月1日から7日のプランでありましたが、開始は4日スタートでした。終了は予定通り7日に終ったようです。DX-Worldでは8日までとありますが、すでにクラスターにも上がらなくなりました。

 
EU-190はやはりヨーロッパに属していました。どのバンドもEUからのパイルが強く、JAからは相当の設備がなければ難しい状況でした。やはり、多くのEU局がIOTA EU-190として見ているのではなくDXCCのFJLとして見ているためと思います。さらにオールバンドオールモード運用が強くPRされた結果でありました。
 
おそらく、今後20~30年はQRVはないと思われます。

« EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-07)   | トップページ | EU-190 実施に伴うIOTA LIST Oct 2016からOct 2017への変更 »

コメント

厳しかったですね。1日中欧州の壁があり、安定して聞こえたのは日本の夜ですが、この時間帯は特に欧州の皆さんも強くって… 随分長く聞いていましたが、一度もJA ONLYになることはありませんでした。メンバーにはかなりオペに慣れていない人もいたようで、ペースが遅い時間帯も多かったです。
私自身は、多分18MHzのCWのワンチャンス(JA ONLYとはいっていなかったけれど、JAにビームを向けてほぼJAのみ交信)であった7日の午後になんとか滑り込んだと思いますが、2時間近く呼んでいたので疲れ切って、それ以降は追いかけるのを止めました。

狙っていましたが、アパマンではお手上げでした。夕方、14MHz SSBで良く聞こえていた日がありましたが、えげつないパイルで断念しました。
やはりFJL自体が最近、運用があっていないのと各バンドにQRVしていたようですのでDXCC目当てのビッグステーションの壁が厚かったですね…次回、30年後に期待します!

鈴木さん、佐治さん、貴重なレポートをありがとうございます。
OC-286 ZL9Aと同じになりましたね。DXCCのウエイトが多く、IOTAは二の次だったようです。7日土曜日夕方の18MHzCWが一番強かったですが、上のほうを聞くとEUの強力局がガンガン聞こえていました。
佐治さん、30年後ですか。私は生存できるように頑張らないといけません。(笑い)

今回は3回ほどUA9KDFへメールしましたが初回分から返事がありませんでした。IOTAモードではなく、完璧にDXCCペディションモードだったことが今頃わかりました。30年後(?)に再トライです。

Shuさま

こんにちは、JE6HID/畠山です。
いつもお世話になっています。

私は、最終日ぎりぎりでQSOに成功しました。
あとは、パイレートでなければよいのですが(汗。

畠山さん、おめでとうございます。
ところでリグとアンテナは何をお使いでしょうか。

リグは、TS-480HX。
アンテナはちょっと長めの第一電波工業のモビホです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-07)   | トップページ | EU-190 実施に伴うIOTA LIST Oct 2016からOct 2017への変更 »