World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« YBへの郵便物、ご注意 | トップページ | OC-209 YB8UTI Talaud Island Sked »

2017年10月31日 (火)

EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-31)

2017年10月に実施されました表題のRI1Fの運用はIOTAペディションというよりはFJLのDXペディションの色合いが強いものでした。リーダーのUA9KDF Igorさんとも連絡が取れました。Club Log でのsearch確認もできました。

 
そのQRZ.comのBiographyの10月24日分に「October 24, 2017 All RI1F paid OQRS requests and SAT QSOs are uploaded to LoTW now.」という記載がありました。「2017年10月24日、RIIFに支払われたすべてのOQRS要求とSAT QSOが現在LoTWにアップロードされています。」と訳せます。
 
UA9KDFチームが実施しました2015年9月のRT9K/0 AS-203PのQSLカードは2016年2月に届き始め、2016年1月末の年次リストに間に合わなかった経緯がありました。そのため、IgorさんへEU-190 RI1Fのドナーへ2018年1月初旬までにQSLカードを発行していただくメールを送っていました。そのまま保留状態です。
 
私がLoTWを使用していませんのでこの点に関してどなたかサポート或いはアドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくご指導ください。
 
【追記】
私はドナー局にお礼としての意味で2018年1月末の年次リスト締めに間に合うようにQSLカードを提供してはと9月初めに提案しました。そのツメを行おうと考えておりましたが、LoTWのアップロードではIOTAクレジットへ持っていけないという判断でよいのでしょうか?
 
まだ時間は2か月以上ありますのでUA9KDFへはQSLデザインができていれば100~200枚のドナー分くらい日本で印刷して届けてもよいと思っております。
 

« YBへの郵便物、ご注意 | トップページ | OC-209 YB8UTI Talaud Island Sked »

コメント

LoTWにデータが上がっていて、QSO照合出来ました。

同じくLotwにデータアップされて DXCC的には照合され申請に利用可能な状態です。

IOTAに使うQSL はclub log使った Every DIRECT 4 QSOs cost $5.00 to QSLでリンクした
OQRSで請求しました。 clublog使ったmatchesは(今は?)使えないようです

皆様、ありがとうございました。
ようやく意味が分かりました。申請においてはDXCC>IOTAという扱いになった訳ですね。お陰様でUA9KDF Igorさんと詳細な説明と提案ができます。意外と1月末が年次リストの締めとか朧気状態の場合もあります。AS-203 RT9K/0のQSLカードは2月初めに届いたという声が多かったです。
明日にでも対応してみます。
各局様、ありがとうございました。
IOTAはDXCCと比較してこんなことができるところがやはり面白いです。頑張ってみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YBへの郵便物、ご注意 | トップページ | OC-209 YB8UTI Talaud Island Sked »