World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-216 VK9AR Ashmore Reefの留意点「運用時間制限あり」 | トップページ | AS-127 S21ZAS St Martin's Island まもなくQRV その2 »

2017年10月23日 (月)

IRCは使えるかの質問

昨晩、JA7のS-OMよりEU-148 F6KOP/Pと交信できたとのメールが届きました。そして、フランスはIRCが使えるかとの質問をいただきましたので調べて次の通り回答しました。

 
Sさん、こんばんは
 F6KOP交信おめでとうございます。
 調べてみましたがF6KOP自体はクラブ局ですね。
 IRCがだめだったらだめとQRZ.comなどには書くことが多いです。
 
 私の交信はここのところEUはとても少ないです。
 ご参考まで。
  2010 AS-154 TC03W via OK2GZ 1IRC
 2012 EU-114 GU4CHY via HC   1IRC
  2012 EU-008 GS3PYE/P via M0VFC 1IRC
  2012 EU-137 SA6G/7 via SM6CUK 1IRC
  2012 AS-061 RI0K  via RW3RN 1IRC
  2012 AF-032 5H1HS via DL7VSN 1IRC
  2013 OC-088 YB7XO via F4BHW 1IRC
  2014 EU-027 JW2US via LA2US 1IRC
  2014 EU-099 GJ3RCV via G4DFI 1IRC
  2015 EU-067 SV8/SV1CEI via HC 1IRC
  2015 EU-040 CT4NH/P via HC 1IRC
  2016 AF-023 S9YY via DH7WW 1IRC
 
 EUのマネジャはQRZ.comを確認して No IRCと書いていないものは
 すべてIRCでやっています。
 ご参考ください。
 
Shu JN6RZM
 
2013年のOC-088 YB7XOのマネジャF4BHWはメールを入れて1IRCで大丈夫と確認して当ブログにも案内した記憶があります。
 
最近はOQRSに慣れてしまい、2USD、3USD、それとも5USDとありますし、OQRSを利用できると書いていない場合は手持ちにGSがなかったり請求方法に混乱することがたまにあります。ご参考ください。
 
EU関連のマネジャの局と交信したらいつもウォーキングをかねて150円をもって郵便局へIRCを1枚買いに行っています。
 
【追記】
現在、QSLマネジャをなさっているOMさんから下記のアドバイスをいただきました。
「今現在うちに届いているIRCは、今年の年末までの期限です。2017/12月末
先日、郵便局に交換に行きましたら、もうすぐ期限が切れるので早めに持ってきて下さいと言われました。
今から海外に送りますと、ギリギリかな??と思える次第です。
ちなみに、うちにはまだ新しい期限のIRCはどこからも届いておりません。
使えない国、買えない国も多いと思われます。メールにて伺うのは必須に思います。」
 
とのアドバイスをいただきました。時期が悪いですね。やはりメールで知らせて、逆に早く返信してもらうようお願いしてみてはいかがでしょう。

« OC-216 VK9AR Ashmore Reefの留意点「運用時間制限あり」 | トップページ | AS-127 S21ZAS St Martin's Island まもなくQRV その2 »

コメント

EUは物価も高いのでIRCは重宝してましたけどGが使えなくなりましたよね。Wも廃止になりましたし、使えない国が増えるのは紙QSLコレクターとしては不便な話です(*_*)
さすがにFで使えなくなることは無いと信じてますが。

貴重な情報をありがとうございます。
Wは駄目であることは数年前から販売されていないし、切手交換もできないときいておりました。Gもダメなんですね。おおむね、QRZ.comのBiographyにIRC不可と書いているケースが多いので、記載がなければワンメール送って確認することがベストですね。
 
5年前、10年前に比較してQSLカードの回収費用が高騰していますね。新しい方、若い方が続いてこないと心配しています。

そうですね。あとは使用できる国でもDUみたいにマニラの中央郵便局以外は交換業務はやらないとか。先日、Adhiさんが言われてましたけどYBも大きな郵便局しか交換してくれないとか。
そうでなくても残額をポケットに入れるためなのか「IRCはやめてくれ」というパターンも多いですね。使用する前に一度、メールで確認するのがベストでしょう。
最近のDXerはLoTWとeQSLで事足りるので紙QSLは不要という方も多くなりましたね。

最近IOTAを新規申請されました滋賀県のOMさんからYB4IR ImamさんのIOTAと10近くやっているが、1IOTAごとに5USD必要となっている。とても請求する気になれないとメールをいただきました。
 
インドネシアへの送料はJAから封筒で90円です。5USDならば550円/枚です。
コストパフォーマンス確認のためにここ1年程、送られてきた封筒を保管しています。貼られた切手の金額を把握し、日本円に換算した一覧表を作成中です。
 
昔は回収のための費用は今のようにはかかりませんでした。PayPalの流行、OQRSの便利さで1USD分で済むのに5USDを乱発しているような気もします。ドネーションとしっかり分けて、または考えてやらないとQSLカード集めにものすごいコストをかけることになります。

その代わりにLoTWやClub Log Matchingが誕生しましたがどこかで整理しないといけないと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-216 VK9AR Ashmore Reefの留意点「運用時間制限あり」 | トップページ | AS-127 S21ZAS St Martin's Island まもなくQRV その2 »