World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« OC-144 YE4IJへのSked 10/28 or 29 | トップページ | OC-145 YB8RW/P & YE8XBN/P Ternate Island (28-31 Oct 2017) »

2017年10月29日 (日)

OC-216 Ashmore Reef, OC-234 Browse Island運用、OC-214 Lacepedeは?

VK5CE Craigさんのパワーに敬服しています。

11月7日からのOC-216 VK9AR Ashmore Reef運用はそのコストの高さと運用許可の困難性から過去には1996年8月のVK4ALF/VK9のみの21年前の運用でした。私も本当にたくさんの局にOC-214とOC-216運用の提案をし続けていました。
 
さらに、ちょうど中間に位置するOC-234 Browse Island に帰路に立ち寄ることになりました。ここもIOTAクレジット率14.5%とレアで、2000年9月のOC-234 VK6BMの一回のみ。17年ぶりの運用です。
Img019_2 唯一のOC-234 VK6BMのQSLカードです。
VK8AN Dan、VK8TM Terry、VK6YS Wallyの3人で「Timor Sea DX Group」を作っていたんですね。VK8AN Danさんはヘリコプターのパイロット。近場のIOTAペディションへ四六時中移動されていました。すでにSK。
 
VK6YS Wallyさんはパース在住でたくさんのVK6-IOTAペディションへ行ってくれました。私と同級生でしたのでたくさんの情報交換をしました。残念ながらこちらもSKです。つまり、Timor Sea DX Groupはすでに解散状態と言えるでしょう。
 
Img0202000年9月の運用です。28MHzと14MHzで交信に成功しています。時間帯もOC-216のように2100-1000UTC以内の制限時間以外で交信していますのでOC-234はフリータイム運用といえるでしょう。
 
現時点では11月11日2100UTC(日本時間12日午前6時)からと書いてあるだけですから皆さんもっとサポートをされてはいかがでしょうか。5USD以上を送っていただければOC-216のQSLカードにOC-234のQSLカードを送ってくれると思いますよ。Craigさんの応援をよろしくお願いします。
 
もう一つ、OC-214 Lacepede Islandへもついでで行ってほしいと思うのは私だけではないと思います。すぐにOC-216、OC-234、そしてOC-214の位置を3つのマップシステムで確認をしてみました。
 
普段はRSGB IOTA websiteが採用していましたGoogle Earth Proを使います。
Oc234OC-234はOC-216の中間に位置していることが確認できます。残念ながらOC-214は半島の反対側に位置しています。さらに詳細を見てみます。
 
Oc214_0意外とOC-216、OC-234のルートに近いです。寄ってもらいたいと思いますが、残念ながらOC-214 Lacepede Islandsは行政機関への上陸申請や許可が必要のようです。ここはVK5MAV Andyさんに期待しています。
 
今月初めにパソコンを変えてWindows10になったためにGoogle EarthからGoogle Earth Proに変えました。感想を一言。メインランドから少し離れた島々がくっくりと浮かび上がるように改善されています。
 
IOTA Ltdによる新しいIOTA-World.netには「IOTA Maps」が採用され、すぐに軽く起動できるとともにIOTAクラスターデータを同時稼働しています。Google Earth関連のIOTAではRSGB IOTA webの中にGoogle Earth FileとしてKMZファイルを準備しています。
 
IOTA Mapsを採用していますのでおそらくGoole EarthのKMZファイルのメンテナンスは今後実施しないことが考えられます。iota-v-206.kmzファイルを半永久保存することにしました。
 
私が使用している3つのGoogle MapでOC-214 Lacepede Islandsを比較してみましょう。
①Google Earth Pro
Oc214_2
最も使い慣れています。地球儀からズームインして絞って探していきますのでとても分かりやすいです。なかなか手放せないでおります。
 
②IOTA maps
Oc214_3なんと島名が日本語ででてきました。なんとなんと、Lacepede Islandは「レースビード・アイランズ」と表示されていました。これが正しい発音ならば20年間間違った発音をしていたことになります。(笑い)  島名も英語と日本語で表記されています。
 
③Mapcarta
Oc214_4ほとんどの島に「島名マーク」が添付されています。マウスポインタを当てると島名が表示されます。詳細情報としては一番詳しいと思います。
 
以上、ご参考ください。

« OC-144 YE4IJへのSked 10/28 or 29 | トップページ | OC-145 YB8RW/P & YE8XBN/P Ternate Island (28-31 Oct 2017) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-144 YE4IJへのSked 10/28 or 29 | トップページ | OC-145 YB8RW/P & YE8XBN/P Ternate Island (28-31 Oct 2017) »