World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ウクライナからの返信率は33.3% | トップページ | AS-127 S21ZAS St Martin's Island いつまでやるの »

2017年10月24日 (火)

これはいい、パソコンのデスクトップにQSLカードを貼る

10月に新しいパソコンに変更しましたが、ちょうどAS-071 R71RRCのQSLカードが到着しましたので、ディスプレイに大きくQSLカードを貼ってみました。

 
Img002_2 この画像を2週間くらい毎朝見ていましたが、いろいろな発見をすることができることに気づきました。当然のことですが、カードの作成者はベストピクチャをそろえてきます。厳選中の厳選作品です。また、作成者が一番伝えたい写真を掲載していることなどがわかってきます。
 
カードを受け取って受領処理をしましたら、それ以降一度も見ないQSLカードもあるような気がしました。この写真からでもいろいろなことが想像できます。
 
Dsc00346_2この様なイメージでAS-069 RI0CのQSLカードを貼りつけましたが、島の岩肌など細かい部分が明確に分かりIony Island上陸の大変さを改めて強烈に訴えてくれます。
 
私の場合は年あたり10枚程度くらいの回収ですので表紙の1/4のみならず、2/4、3/4、4/4
のページに差し替えて楽しみたいと思います。いろいろなQSLカードの気づきがあり気に入ってしまいました。ご参考ください。
 
そう言えばSWLやハムを始めたころは国内外のQSLカードを受け取ったときは隅から隅まで舐めつくすようにカードを見て、彼の地を想像したりして楽しんでいたことを思い出します。いつの間にか交信した証明書をお役所仕事のように扱っているような気がしました。

« ウクライナからの返信率は33.3% | トップページ | AS-127 S21ZAS St Martin's Island いつまでやるの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナからの返信率は33.3% | トップページ | AS-127 S21ZAS St Martin's Island いつまでやるの »