World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-04) 1900UTC 沖に停泊 | トップページ | S21-IOTA この週末から活動開始です »

2017年10月 4日 (水)

YB3MM アディさんへの問い合わせを受け付けます

2017年10月15日に博多か小倉にて来日中のYB3MMアディさんとお会いします。当ブログでお知らせしましたところ、さきほどJA5IU吉松さんより封書が郵便受けに届いていました。YB3MM関連のQSLカード未着への対応依頼書でした。

 
私も2015年5月のOC-274 YB4IR/8を最後にインドネシアへ送るものがなくなってしまいました。そのため、あれだけ盛んにYB-IOTAと交流を図って郵送、PayPal、OQRSをやっていましたが2015年夏以降のインドネシアの郵便事情に少しずつ疎くなってしまいました。
 
同時にコンディションの低下に合わせYB-IOTAの運用も毎週のようにあったのですが、ほとんどなくなってしまいました。いまでは21260/14260などでYB-IOTAの運用は皆無に近くなっています。
 
先日、JA3のOMさんとJA1のOMさんからご相談いただき、YB4IRのOQRSはそれぞれに5USD必要のために手が出ないとか、OC-270 YB1BOD/6 Simeulue IslandのQSL回収のために調べるとYB6LD(ex YB1BOD)のQRZ.comには「スマトラ島に送った郵送物はほぼ届かない、スマトラ島から送った郵便物も送られない」と書いてありました。
 
相当に郵便事情が悪化している状況と思えました。スマトラのみではなく、1年半ほど前にYB3MMアディさんとYB9BUのQSLingでお話ししましたときにアディさんもインドネシアの郵便事故にはお手上げといわれていました。今回の話題の一つになると思います。
 
そこで、YB9BU関連を含めて、YB3MMアディさんへYB-IOTAのClub Log Matching化の相談をしてみるつもりです。話(議)題としてあげていただきたい焦げ付きなどがありましたならば、10月14日までにメールにてご一報ください。
 
そういえば、3年前にYB8BRI RamさんのIOTA分を持ってきてもらったことがありました。
 
今回の大きな目的は過去のYB-IOTA ActivationをいかにしてClub Log Matchingへ引導するかということにしたいと考えております。

« EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-04) 1900UTC 沖に停泊 | トップページ | S21-IOTA この週末から活動開始です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-190 RI1F を追いかける(2017-10-04) 1900UTC 沖に停泊 | トップページ | S21-IOTA この週末から活動開始です »