World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-160 & OC-227 VK4EI Lynさんからのメッセージ | トップページ | OC-239 YB9WZJ/P Mansuar Island QRVing »

2017年11月19日 (日)

OC-090 DU1/SP5APW Busuanga Island運用を分析する

新しくIOTAチェイシングを始められました局にはぜひ交信してほしいSP5APW Jacekさんの運用です。すでに11月17日夕方からオンジエアを開始し、丸二日を迎えようとしています。私はしょっぱなの17日午後6時前に交信できました。今回はアンテナの関係で信号が強いです。

 
私はDXscapeを利用しています。
 
Dx_scape_1_2 DXscapeの初期画面の上部の「Search」を選択します。
 
Dx_scape_2「Search画面」の2か所を決定します。CallsignはDU1/やDU1/SP5APWなどとあいまい検索が可能です。あいまい検索を使うとコールのタイプミスなども拾えます。
2番目のMax numberはクラスターデータのスポット数の指定です。10/20/50/100/200/500/1000の選択をします。10は直近、1000は全体を見るような場合に選択します。
 
Dx_scape_3
最下段のメッセージがこの指定コールサインの初期となります。これらの操作をやっていただき、全体のクラスタースポットデータを抽出します。
 
次のようなことがこの運用において分析できます。
①SSBのみの運用
②現時点では14MHz、18MHzの運用のみ。アンテナはHex Beamのようです。
③周波数も18128/14260/14292/14145の4チャンネルを使っていることがわかります。
④時間帯と周波数は、
 17日0410-0436 18128
 17日0747-0932 14260
 17日1121-1358 14260
 18日2202-2252 14292
 18日0839-1318 14292
 19日2218-2333 14292/14145/18132/14145 の6パターンでした。
 2日間のパターンは午後5時前後から午後10時30分くらい。ただし午後7時くらいから食事で抜ける。朝は7時から8時30分くらいまで運用。
 昼間はバカンスのようですね。
 JacekさんはFacebookで写真を含め次から次とメッセージを流すのですが、今回の Busuanga Islandは残念ながらネットの状態が悪いそうです。Facebookでつなぐことは可能です。

« OC-160 & OC-227 VK4EI Lynさんからのメッセージ | トップページ | OC-239 YB9WZJ/P Mansuar Island QRVing »

コメント

おかげさまで今朝、2333zに14MHz SSBで簡単にQSOできました。前回のOC-235の時はほとんど聞こえませんでしたので設備を変えたのでしょうか。
OC-090はNewでした!

おめでとうございます
朝はCQ NA、夜はCQ EUですが、NA/EUからコールがない場合やQRXする直前にJAを拾ってくれます。
そうですね。過去のSP5APWの運用はとても弱かったです。5月のOC-235 DU9/SP5APWにHex Beamを持参しましたがこのときもあまり強くありませんでしたが、今回は私のアパマンアンテナでも楽勝と思うほど信号が強いですね。前回は購入してそのまま現地に送ったのかもしれません。今回はきちんと調整したのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-160 & OC-227 VK4EI Lynさんからのメッセージ | トップページ | OC-239 YB9WZJ/P Mansuar Island QRVing »