World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« OC-090 & OC-175 DU-IOTA プランの紹介 | トップページ | まだ終わっていないOC-216/OC-234 »

2017年11月16日 (木)

OC-105 Cagayan de Sulu (Mapun Island)を調べる

前の記事でOC-105 Cagayan de Suluのことをちょっぴり書きましたら、数名の方からOC-105を欲しいとのメッセージが届きました。改めて調べて記事にしようと思いましたが、2017年5月に立派な記事を書いていました。再読しましたがこれ以上は書けないと思いました。

 
 
このときはメッセージはありませんでしたのでぜひご確認ください。(笑い)
 
追加の情報はCagayan de Suluという表現から「Mapuon Island」という表現に変わっているようです。また、島の中央の空港はMapun Airportという名称で表現されていました。さらにフィリピン軍の管理とありました。
 
政府[1] •市長 ケネディ・ムクシン、
エリア
  •合計 181.29 km 2(70.00 sq mi)
人口(2015年国勢調査)[2]
 •合計 26,597
 •密度 150 / km 2(380 / sq mi)
 
などを見つけました。島の大きさは1周35km、北海道の利尻島とほぼ同じ大きさです。利尻は約5,400人ですが、ここは26,000人超と人口も増え続けていました。
 
4年前の2013年11月にOC-157 Banda Islandを企画しましたときに1,300USD超をドネーションとして世界中からギャザリングできました。OC-105の基金1,000USDを集めてもよいかもしれません。もちろん、JAからも行けると思います。コンディションが上昇してからが良いでしょうね。どなたか行かれませんか?
 
なお、IOTAクレジット率は3.9%です。2017年IOTAリストは1,543名ですので60名の超珍です。JAからのクレジットはありません。
 
Google Mapを詳しく確認しますと、島の南東側にかなり大きな町があり、Marketストアや学校やホテルらしき建物なども確認できます。テロや戦争のイメージは全く感じません。

« OC-090 & OC-175 DU-IOTA プランの紹介 | トップページ | まだ終わっていないOC-216/OC-234 »

コメント

ここ欲しいです。
なかなか難しそうですね。1989、1990はまだ小学校にも通う前ですわ(笑)
いつか実現すると良いですね。

2005年9月に4F2KWT Gilさんへこの近辺のペディション実行依頼をお願いして実現したのがOC-175 DX0STとOC-207 DX0TICでした。このときも候補にOC-105は入っていましたが、Gilさんから船の調達を依頼された方経由で船を探していた人が殺された事件があり、急遽変更したのがOC-175 DX0STでした。
 
http://mindanaoexaminer.com/filipina-boat-owner-abducted-in-southern-philippines/
偶然にこんな記事も見つけました。2014年2月の現地新聞記事です。誘拐事件ですね。どうもフィリピン軍の保護のもとに実施しなければ実現は厳しいのかもしれません。

DU1VD Dindoさんにも数回ほどお願いしています。ここに時々掲載してPR活動をしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-090 & OC-175 DU-IOTA プランの紹介 | トップページ | まだ終わっていないOC-216/OC-234 »