World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 月間FBニュース11月号のIOTA記事 | トップページ | AS-069 RI0C Iony Island Picure & English Story »

2017年11月 3日 (金)

OC-216 Ashmore Reef, OC-234 Browse Island (2nd Oct 2017)

この朝にIOTA-chasers ForumにVK9ARチームメンバーのAB5EB Mikeさんから次のメッセージが入りました。

 
[IOTA-chasers] VK9AR
Mike AD5A and Mike AB5EB  have  made it to Sydney with all gear intact. We are waiting for our 11am flight to Perth now to meet Craig VK5CE. From there we will fly to Broome.
 
Mike AB5EB
 
マイクさん親子はテキサスからシドニーに荷物とともに到着したそうです。現地時間午前11時の便でパースへ移動し、VK5CE Craigさんと合流するそうです。そしてそこからBroomeへ向かうそうです。ようやくCWの達人たちの参加が確実となりました。
 
JAからは29名のドナーがおられます。世界トップクラスの人数です。このコンディションですからこのようになるのでしょう。
 
なお、帰路の11月11日2000UTCからのOC-234 Browse Islandの運用は次の通りです。
 
On the way back on November 11 around 2000 UTC, we will have a quick 4 hour activation of Browse Island OC-234 which is claimed by 10.2% of chasers.
 
日本時間11月12日(日)午前5時から10時までの4時間のみの運用という意味です。くれぐれも日にちを間違えないようにご注意ください。
 
OC-216もOC-234もIOTAペディション2回目というレアです。OC-234はわずか4時間の予定です。彼らはEU/NAのパスを狙うでしょうからJAからは複数回の交信は注意されたほうが良いでしょう。また、クレジット済みの方は交信を控えたほうが良いかもしれません。
 
【追記】
QSLカードに関して調べました。VK9ARのウエブにこのようにあります。
 
DXpedition開始前(11月4日まで)に5ドル以上の寄付金をお寄せいただける方には、QSLカードを請求する必要はありません。ログに記録されている場合は、VK9ARとVK9AR / 6の両方を使用してください。
 
Pay Palボタンを使用して寄付することができないJA局の場合は、Pay Pal経由で寄付を電子メールアドレスvkiotadxpedition @ yahoo.com.auに直接送信することができます
 
ダイレクトは、US $ 5と自己宛封筒をお送りください。IRCは受け入れられません。あなたがUS $ 5未満またはIRCを送った場合、あなたのカードはビューローを経由します。これは3人のメンバーの間で30,000ドルを超える非常に高価なDXpeditionです。
 
と、ありました。OC-216とOC-234ともにNew IOTAの場合は11月4日までに5USD以上を送った方が有利と思います。ちなみにOC-216とOC-236はClub Logが別々となります。5USDずつでしょうかね。2017年10月に実施されましたOC-198 VK5CE/8 North IslandのOQRSは5USDになっています。
 
調べてみると2015年7月のOC-194 VK2SSIもOQRSは4USDとなっています。2010年ころまではVKへは1USD or 1IRCで足りていた時代でした。

« 月間FBニュース11月号のIOTA記事 | トップページ | AS-069 RI0C Iony Island Picure & English Story »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月間FBニュース11月号のIOTA記事 | トップページ | AS-069 RI0C Iony Island Picure & English Story »