World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-160 VK4EI/P, VK4SWE/P Whitsunday Islands | トップページ | 新しいKL7RRCのウエブを発見 »

2017年11月 8日 (水)

OC-216 VK9AR Ashmore Reef スタート

2017年11月7日0400UTCにAshmore Reefに到着予定で数時間後にQRVとのアナウンスでした。事前に島での夜間運用が許可にならず2100-1000UTC(日本時間午前5時から午後7時)までの制限付きとのことで待機していました。

 
制限時間を過ぎた午後7時過ぎに10105にてQRVが開始されました。企画役であるVK5CE Craigさんの14260からスタートと思いきやCWから開始レポートが制限時間を超えて開始されました。最初はPirateと判断しましたが、7040のCW運用、14260の運用でCraigさんの声を確認できました。
 
私も野暮用が途中で入ったりしたために合間ごとに確認しました。10105が最も強く、7040もよく聞こえました。午後10時前には14260でCraigさんのオペレーションを明確に聞こえるほど各バンドでにぎわい始めました。
 
運よく30mで交信ができましたので、1QSOのみで就寝しました。
 
この朝にはIOTA-chasers ForumにNA/EUを中心に多くの書き込みがされていました。その中で特徴的なコメントはVK5MAV Andyさんのものです。彼は2016年5月にOC-214 Lacepede islandsの運用を企画し、結果的に中止しました。
 
VK9ARの制限時間に対し、解除になったのだろうかとても不思議だ。だれかその情報を持っていますかという内容でした。
 
おそらくぎりぎりに制限時間が無くなった許可を得たのでしょう。ウエブに掲載するタイミングを失ったものと思います。確かに不許可のままですと、IOTA LtdはクレジットOKを出すことはできません。また、AndyさんもOC-214 Lacepede Islandsの計画を進めていると思われますのでこのような質問をしたと思われます。
 
昼間の2100-1000UTCの間の交信も一つやっておいたほうがよさそうですね。(笑い)
 
【追記】
VK9ARの運用パターン
07 Nov
  Freq   UTC-------- JST  
(1)10105 1000-1830 (1900-0330)
(2)14260 1010-1740 (1910-0240)
(3) 7040 1015-2030 (1915-0530)
 Rest Time
(1)14015 2100-2130 (0600-0630)
(2)14260 2140-0032 (0630-0840)
(3)21020 2230-2330 (0730-0830)
(4)10105 2250-2330 (0750-0830)
 
昨晩7時過ぎから一斉にQRVを開始し、午前3時から5時半まで突っ走り、各自仮眠後に午前6時くらいから8時半まで2回目のまとめ運用をしています。SSBはVK5CE、CWの2台をMike親子が担当しています。爾後も同じパターンになりそうです。
 

« OC-160 VK4EI/P, VK4SWE/P Whitsunday Islands | トップページ | 新しいKL7RRCのウエブを発見 »

コメント

時間制限があると聞いていたので心配しましたが、昨日から夜通し運用されているようですね。おかげさまで深夜に7MHz CW、今日の出勤前に14MHz SSBでCraigさんともQSOできました。Newがひとつ増えました!
帰りの/6も私はやっていないので、楽しみです。

良かったですね。Craigさんの努力が実ったんですよ。免許は問題ないのですが、VK9ARのウエブに政府が管轄する島と州政府が管轄する島があり上陸の許可手続き方法が異なり面倒のようです。そして、コストの問題が解決しないのでなかなか実行に至らなかったようです。今回逃せばまた20年後でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-160 VK4EI/P, VK4SWE/P Whitsunday Islands | トップページ | 新しいKL7RRCのウエブを発見 »