World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« IOTA-R0 Wanted listの2018年への更新と新規募集 | トップページ | Club Log Matching list最新版(2017-12-11現在)を確認する その2 »

2017年12月11日 (月)

Club Log Matching list最新版(2017-12-11現在)を確認する

JA9IFF中嶋さんのマニュアルは昨年12月にウエブに掲載されていましたが、2017年12月に第2版にバージョンアップされました。知り合いの局へメールで送りますと、動きませんとの回答。なんとVE3LYCの添付ファイル送付は不要などを盛り込んだ第3版に変更されていました。

 
その知り合い局は「これまでのログから、奄美大島、トカラ列島、大隅諸島、天草諸島、甑島列島、宇治・草垣群島を抜き出してみます。」とのご回答をいただきました。おそらくQSLカード管理の肩の荷が下りるのではないかと思います。
 
もう一方は12月がご多忙のようで正月休みに対応したいとご返事がありました。こちらも種子島や屋久島などと記憶しています。本年3月開催の西日本ハムフェアの講演会時に質問をいただきました。
 
前週12月6日にご本人のAS-007を登録された分が本日追加され掲示されました。同じ日にOC-144 YE4IJもVE3LYC宛へ送ったとありましたのでスケジュールで交信された局へメールにて連絡しましたところ見事にヒットしたとの回答をJA2JRG杉山OMよりいただきました。
 
わからないことが多かったClub Log Mathingの登録方法を少しずつマスターすることができました。ご協力をいただきました皆さんへお礼申し上げます。かなりすっきりしました。(笑い)
 
そこでClub Log Matching Listを検証してみて次のことに気づきました。
①IOTA Ltdの役員であるVE3LYC Cezar(チェザル)さんがこの夏に実行したOC-098 Pukapuka Atollがリストアップされていました。OQRSが5USDでお金が中心かと思いました。しかし、そうではなくやはりClub Log Matchingシステムの運営主体者であったと確信しました。来年予定のOC-179のプランがたいへん楽しみになりました。
 
②YB8RWのみならず、YB4IRの過去ペディション分すべてがClub Log Matching Listに計上されていました。YB8RWはそれぞれ3USDと合わせ送付を表現していないため、一度で3つも4つもIOTAサービスをしますのでとても高価なQSL回収になっていました。11月に訪問のOC-145も島ごとに登録されていました。
 
YB4IRもOQRSで5USDでしたが、すべて計上されていました。YB4IR/5_OC-122等のファイル名が利用できるようにシステム改善されたためでしょう。昨年から協力体制はできていたようです。
 
YB-IOTAのペディショナーのYB3MM、YB4IR、YB8RW、YF1AR(現在YE1AR)の4局がMatchingシステムに登録されました。YB8XMはトライしています。YB9BUは紙ログが多いようです。しかし、YB3MM Adhiさんの力を借りて善処したいと思います。
 
昨年の当ブログでも感想として書きましたがAS-117 Honshu Coastal Islandsは青森県の九六島と山口県の巌流島まで1,052kmも離れているほど広大です。AS-117の将来の分割の可能性はないかもしれませんが、AS-117をもっとClub Log Matchingに登録していただきたいです。

« IOTA-R0 Wanted listの2018年への更新と新規募集 | トップページ | Club Log Matching list最新版(2017-12-11現在)を確認する その2 »

コメント

YB4IRのclublog matchを期待してアクセスしてみましたが、マッチしなかったようです。8つの焦げ付きがあるので期待していたのですが・・・。
でも、期待していなかったところが3つupしました。

山田さん、こんにちは
YB4IRのクラブ局OC-161 YB6N、OC-108 YE5Rを含む全運用30件と同行者分3件のClub Log Matchingは完全に登録されていましたことを改めて確認しました。確認方法としてはヒットしなかった分をクラブログで確認することでしょう。QRZ.comのYB4IR分で確認できます。ヒットしなければNIL。ヒットすれば山田さん側のログが間違っている例えばYB4IR/5を誤ってYB4IR/6とかコール自体を間違ってログに入れているということでしょうね。ご参考ください。

情報ありがとうございます。

QRZ.COMにあったそれぞれの交信では、私との交信は記録されているようです。同じAIDFファイルを送っているDXCCではすべてcfmできていますがclublogのマッチングのみ認識されないようです。山本さんの指摘された「私のデータが間違っている」も可能性が少ないように思えます。
ダメもとでYB4IRとの交信のAIDFファイルを再度clublogにUPしてみましたが、状況は同じでした。

ダイレクトで請求してもダメ、BUROでもダメのYB4IRのクレジットを一気にcfmできると思ったのですが残念です。

数名の方からヒットしないとのレポートがありました。中嶋さんに連絡された方もおられますので調べていただいているようです。JN6RZMでは既にクレジット済みで残念ながら調べることはできず手も足もでません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-R0 Wanted listの2018年への更新と新規募集 | トップページ | Club Log Matching list最新版(2017-12-11現在)を確認する その2 »