World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 私のIOTA Directoryの活用方法をご紹介します | トップページ | Club Log MathingによるQSL焦げ付き解消の実例紹介 »

2017年12月21日 (木)

IOTA SkedとClub Log Matchingの進捗状況 (2017-12-21)

まず、IOTA-R0 Wanted List 2018のロシアへのペディショナーへ配布を開始しました。昨年の2017も12月にスタートしましたが、AS-069やAS-071等の情報を早めに入手することができました。今回も好影響を与えられると思いますが、どうなりますやら。

 
Skedに関しましては次の通りです。
①NA-019 Kodiak Island KL2LR 未交信13局残しています。JohnさんからCondx up後にやりましょうと言われました。QRX状態が続いています。VE7ACNは近くのIOTAからQRVしてたくさんのサービスを続けているのですがこの辺りがうまく調整できません。
 
②OC-144 YE4IJ 未交信局2局の積み残しがあります。2018年3月くらいにトライ。Club Log Matchingもスムーズに登録できました。成功事例です。
 
③OC-209 YB8UTI QSLマネジャのYB3MMアディさんへ上記②の状況を説明しました。近日中にClub Log Matchingの登録ができると期待しています。
 
④OC-070 YB8XM JoppyさんにはClub Logの追加登録、並びにMatching登録のためのVE3LYCへのメールによる報告のお願いをしました。進展がないために友人であるYB3MMへ状況報告などをしました。アディさんからのサポートで実現できると考えています。
 
⑤NA-065 W7AUMとのSkedを当ブログで案内しましたが希望者はありませんでした。
 
⑥OC-227 VK4EI Sweers Islandと12月23日に第1回のSkedを行います。
 
Club Log Matchingに関しては上記分②~④とは別に次の通りです。
①当ブログでのPR
すでにClub Log Matchingリストに登録済みの2局がデータを入れ替えられました。
12月8日リストと12月20日リストを比較しましたら、AS-056 JA8COE/6の1件追加されていました。
 
②個別に4局へお願いしました。1局はマニュアルを参考にVE3LYCへ送付され、やりとりをされています。1局は正月休みに対応するとのご返事。もう1局は博多湾沖の玄界島AS-012を実施された分の依頼をしました。
 
③SA-065 L65Wに関しましてJA7のT-OMより2017年初めに依頼を受け、LU7DWとFacebookにてアポイントがとれました。投函する直前まで進みましたが未回収状態です。Club Log Matchingを提案してみたいです。2002年10月分です。QSLカードが手書きのため、過去に請求が来ている分だけでClub Log登録をしてもらう提案を行いたいです。
 
Club Log Matchingに関しましては、昨年2016年6月以来、IOTA Teamによる一本釣りで登録促進されているようです。JA-IOTA分でAS-117やAS-012、AS-147、AS-200などを登録していただくようなPR活動を実施していただきたいですね。

« 私のIOTA Directoryの活用方法をご紹介します | トップページ | Club Log MathingによるQSL焦げ付き解消の実例紹介 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のIOTA Directoryの活用方法をご紹介します | トップページ | Club Log MathingによるQSL焦げ付き解消の実例紹介 »