World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« YB5NOF JohnさんのClub Log Matching登録、急がねば | トップページ | OC-209 YB8UTI Talaud IslandとOC-210 YB8ROP Sangihe IslandとのSkedに想う »

2017年12月30日 (土)

IREFのIOTAペディショナー表彰

2017年11月にOC-216 VK9AR Ashmore ReefにIREF会長、副会長のAD5A、AB5EBのMike親子が参加されたことを皮切りにIREFの活動が顕著に動き始めました。この朝にIOTA-chasers Forumに投稿されましたので転載します。
 
IREF's "IOTA DXpeditioner of the Year" Award to be Presented at the SWODXA DX Dinner in at Dayton in 2019 and New IREF Website
 
FOR IMMEDIATE RELEASE
 
The inaugural Island Radio Expedition Foundation's (IREF) "IOTA DXpeditioner
of the Year Award", will be presented at the 2019 Dayton DX Dinner. The Southwest Ohio DX Association, (SWODXA), has agreed to present the award at their annual DX Dinner, which, in the words of IREF President Mike Crownover AD5A, " will add prestige and visibility to the award and will provide the appropriate recognition for IOTA Expeditioners". The new award from IREF will join the list of awards presented annually at SWODXA DX Dinner including DXpedition of the Year, DXpeditioner of the Year(DXCC) and the presentation of the CQ DX Hall of Fame inductees.
 
Details on the IOTA DXpeditioner of the Year award can be found at https://irefradio.com/activator-award/ and the competition begins January 1,2018.
 
Please note the new, permanent IREF website, www.irefradio.com
<http://www.irefradio.com>  .
 
Google和訳(少しおかしな部分もありますがご了承ください)
 
即時のリリース
 
就任式アイランドラジオ遠征財団(IREF)の「IOTA DXpeditioner
南西オハイオDX協会(SWODXA)は、IREF会長のMike Crownover AD5Aの言葉を借りて、毎年開催されるDXディナー(DX Dinner)で賞を授与することに合意した。 IREFの新しい賞は、今年のDXpedition、今年のDXpeditioner of the Year(DXCC)を含むSWODXA DX夕食会で毎年授与される賞のリストに加わることになり、IREFの新しい賞は、 およびCQ DX殿堂入りの殿堂入りの発表
 
IOTA DXpeditioner of the Year賞の詳細はhttps://irefradio.com/activator-award/にあり、競技会は1月1日から開始されます。
 
新しい、恒久的なIREFウェブサイト、www.irefradio.comに注意してください。
 
毎年2月にアメリカのテキサス州でIREF主催のディナーパーティを含むIOTA発表会などが開催されます。IREFは20年ほど前にIOTAペディショナーを支援する目的で設立されました。2017年2月はVK5CE、2016年はYB4IRとオセアニア勢が招待された記憶が残っています。KL7RRCのN3QQ Yuriさんもそうでした。
 
JAの私たちが支援させていただいたペディショナーが過去にそれらしき扱いを受けたようです。来年の2018年優秀ペディショナーがポイント制で1月から12月までカウントされ、2019年にDayton DX Dinnerで表彰されるようです。IREFの活動は必ず新しいIOTA Activityを生みますので要注意です。V6Jの皆さんは必読ですよ。
 
なお、AB5EB Mikeさんの20周年記念誌の作成は順調に進んでいるようです。JAからの投稿も考えていたようですがその後の動きはありません。

« YB5NOF JohnさんのClub Log Matching登録、急がねば | トップページ | OC-209 YB8UTI Talaud IslandとOC-210 YB8ROP Sangihe IslandとのSkedに想う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB5NOF JohnさんのClub Log Matching登録、急がねば | トップページ | OC-209 YB8UTI Talaud IslandとOC-210 YB8ROP Sangihe IslandとのSkedに想う »