World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 期限が迫っているIOTA Ltdからの重要なお知らせ | トップページ | Needed VY0-IOTA list »

2018年1月26日 (金)

IOTAのここが面白い

日本の島として大きさはAS-007 本州、AS-076 四国、AS-077 九州、AS-078 北海道となりますが、AS-012 九州コースタルからAS-067 宇治・草垣までの16IOTAは順番を外れて本家の四国、九州、北海道より若い付番になっています。この理由をご存知でしょうか?
 
さらにAS-117 本州コースタル、AS-147 北海道コースタル、そしてAS-200 四国コースタルと続いています。これを調べますとIOTAプログラムを個人で始められましたGeoff Watts氏の悪戦苦闘されたJA-IOTA付番の理由がわかってきます。
 
AS-008 伊豆諸島だけは最初にAS-007 本州のオプション的に付番したのでしょう。おそらく当初の付番時にAS-007は本州+JA5四国+JA6九州+JA8北海道だったのではないかと思われます。AS-067 宇治・草垣の付番後に四国、九州、北海道をAS-007から分けて付番したと思われます。併せてAS-079 宮古も八重山から分けたと思われます。
 
特にJA6九州エリアはIOTA付番の島グループが多く古いIOTA Directoryを比較するとその変化がわかります。おそらくGeoff Watts氏からRSGB IOTA Committeeへ引き継がれその精度を上げて行ったことがわかります。
 
そこで、1992年版IOTA Directoryから1995年版の変化を見るとAS-117 本州コースタルがAS-007から分割され増えていました。「AS-117 HONSHU'S coastal islands(include SADO,etc, as well as islands in Sagami Gulf and Tokyo Bay) 」と印刷されています。
 
私は1998年1月に初めてのIOTA申請をしましたが、AS-117は移動地記載がなくアウトになりました。AS-117 Honshu's coastalと島グループ名が記載され島名がありませんでした。とても苦い思い出でした。
 
2000年7月にAS-078 北海道から分割され、AS-147 Hokkaido's coastal Islandが誕生しました。それまでDXCC感覚の何年何月何日以降有効の感覚から1940年代に遡ってすべて新しいIOTAへ変更というように2000年6月30日までの交信は無効と思っていましたが、
IOTAは遡ってAS-147になったことでIOTAは私の感覚にマッチした素晴らしいルールだと思い、それ以来ファンになってしまいました。
 
ここで、北部九州はかなり変更がありましたので、JA6エリアの天草、壱岐、平戸の3つの島のIOTA所属先の変遷を確認してみました。
 
1992年版
 AS-077 KYUSHU group - include all islands,less the following;
 AS-012 AMAKUSA ARCHIPELAGO(include KAMI,NAGA,SHIMO,etc)
  AS-036 TSUSHIMA IS
*この時はAS-012は天草諸島のみでした。天草以外の九州コースタルもすべてAS-077でした。またAS-036も対馬のみでした。
 
1995年版
 AS-077 KYUSHU group - include all islands,less the following;
 AS-012 AMAKUSA ARCHIPELAGO(include KAMI,NAGA,SHIMO,etc)
  AS-036 TSUSHIMA IS
*前回と変更はありませんでした。日本語版IOTA Directoryが発売されました。
 
1997年版
  AS-077 KYUSHU group - include HIRADO,IKI and all coastal islands,less the following;
 AS-012 AMAKUSA ARCHIPELAGO(include KAMI,NAGA,SHIMO,etc) 
  AS-036 TSUSHIMA IS
*何故だかいきなりAS-077九州に平戸と壱岐が加わりました。平戸と壱岐からのQSLカード申請があったと思われます。2回目の日本語版IOTA Directoryが提供されました。
 
2002年版
  AS-077 KYUSHU ISLAND(main island and coastal islands not qualifying for the groups below)
 AS-012 KYUSHU COASTAL ISLANDS(AiからUmaまで)(Note:not islands qualifying to other groups)
  AS-036 IKI/TSUSHIMA ISLANDS(=AkaからUshiまでplus Okino)
  AS-040 GOTO ISLANDS(AinoからZugaまで)(Note:Not Hirado,Iki)
*AS-036対馬に壱岐が加わります。オマケのように福岡県宗像の沖の島も加えられます。AS-040に平戸と壱岐の説明文が入ります。少々混乱していることがわかります。
 
2004年版
  AS-077 KYUSHU ISLAND(main island and coastal islands not qualifying for the groups below)
 AS-012 KYUSHU COASTAL ISLANDS(AiからUmaまで)(Note:not islands qualifying to other groups) 
  AS-036 IKI/TSUSHIMA ISLANDS(=AkaからUshiまでplus Okino)
  AS-040 GOTO ISLANDS(AinoからZugaまで)(Note:Not Hirado,Iki)
*前回と変更はありませんでした。
 
2007年版
  AS-077 KYUSHU ISLAND(main island and coastal islands not qualifying for the groups below)
 AS-012 KYUSHU COASTAL ISLANDS(AiからHirado,,Nokono,,Umaまで)(Note:not islands qualifying to other groups) 
  AS-036 IKI/TSUSHIMA ISLANDS(=AkaからUshiまでplus Okino)
  AS-040 GOTO ISLANDS(AinoからZugaまで)(Note:Not Hirado,Iki)
*2006年5月にG3KMAへ連絡し、平戸はAS-012へ変更、能古をAS-012へ算入。AS-040のNoteはまだそのまま。AS-040の(Note:Not Hirado,Iki)を削除されるよう依頼しましたが残ってしまいました。
 
2009年版
  AS-077 KYUSHU ISLAND(main island and coastal islands not qualifying for the groups below)
 AS-012 KYUSHU COASTAL ISLANDS(AiからHirado,,Nokono,,Umaまで)(Note:not islands qualifying to other groups) 
  AS-036 IKI/TSUSHIMA ISLANDS(=AkaからUshiまでplus Okino)
  AS-040 GOTO ISLANDS(AinoからZugaまで)(Note:Not Hirado,Iki)
*前回と変更はありませんでした。
 
2011年版
  AS-077 KYUSHU ISLAND(main island and coastal islands not qualifying for the groups below)
 AS-012 KYUSHU COASTAL ISLANDS(AiからHirado,,Nokono,,Umaまで)(Note:not islands qualifying to other groups) 
  AS-036 IKI/TSUSHIMA ISLANDS(=AkaからUshiまでplus Okino)
  AS-040 GOTO ISLANDS(AinoからZugaまで)(Note:Not Hirado,Iki)
*前回と変更はありませんでした。
 
2014年版
  AS-077 KYUSHU ISLAND(main island and coastal islands not qualifying for the groups below)
 AS-012 KYUSHU COASTAL ISLANDS(福岡県から鹿児島県までに分類)(Note:not islands qualifying to other groups) 
  AS-036 IKI/TSUSHIMA ISLANDS(=AkaからUshiまでplus Okino)
  AS-040 GOTO ISLANDS(AinoからZugaまで)(Note:Not Hirado,Iki)
*AS-012が福岡県から鹿児島県までの県別分類へ。JF6XQJ/6によるAS-012玄界島運用Genkaiがリストに加わる。
 
2016年版
  AS-077 KYUSHU ISLAND(main island and coastal islands not qualifying for the groups below)
 AS-012 KYUSHU COASTAL ISLANDS(福岡県から鹿児島県までに分類)(Note:not islands qualifying to other groups) 
  AS-036 IKI/TSUSHIMA ISLANDS(=AkaからUshiまでplus Okino,Orono)
  AS-040 GOTO ISLANDS(AinoからZugaまで)(Note:Not Hirado,Iki)
*AS-036に小呂島が加えられる。AS-040のNoteもそうですが、AS-012のNoteも不要と思われます。
 
九州から遠いイギリスの地にて、25年の四半世紀にわたって九州北部のIOTA整理がされた資料です。島名のアルファベットがたくさん並ぶと頭の中が混乱し目が痛くなりそうですが、漢字の日本語になると目で理解できると改めて日本語のすばらしさを感じます。
 
単に交信してQSLカードを得るというIOTAから、このようなIOTAリストの変遷を知ることによりIOTAルールの奥を知ることも大切だと思いました。
 
最後におまけです。
Iota
いつの間にか私の住む福岡市(地図の赤い部分)はAS-077九州、AS-012 能古、玄界、AS-036 小呂島の「3つのIOTAを保有する」という世界でも珍しい市になっていることに気づきました。高島福岡市長に報告してみましょう。(笑い)

« 期限が迫っているIOTA Ltdからの重要なお知らせ | トップページ | Needed VY0-IOTA list »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 期限が迫っているIOTA Ltdからの重要なお知らせ | トップページ | Needed VY0-IOTA list »