World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ロシアからの投函日しらべ | トップページ | IOTAのここが面白い »

2018年1月25日 (木)

期限が迫っているIOTA Ltdからの重要なお知らせ

新しいIOTAウエブサイトに変わり、IOTA Ltdからのお知らせもたくさん流れてくるようになりました。

 
「とりあえずウエブのパスワードをもらって、Club Log Matchingを使って何件くらいのIOTAに到達するか調べてみては」というご提案もあったと思います。
 
JA1のA-OMよりこの朝に「期限が迫っているIOTA Ltdからの重要なお知らせ」に関して当ブログでもアナウンスして欲しいとの依頼をいただきました。私もまったく意識していませんでした。
 
この内容です。
 
タイトル
「アワード未申請でIOTAデータベースに保留中のデータを有するユーザーの皆さんへ」
公開日:2017年09月26日
 
データベースメンテナンスの次のステップとして、ユーザー登録を行ったものの最初のクレジット未申請で、データ保留中の全てのユーザーに対し、IOTA Ltd.の理事会はクレジット数を1年間保持する事を決定しましたが、それを超えた場合はクレジットを消去する事にしました。
 多数のユーザーがIOTAプログラムの全てのメリットを享受して加算して来た保留中のクレジットを維持する事は許されていますが、プログラムに参加する簡単なステップを行わない事は無意味であると考えます。
 このクレジット消去は、ニュースの発表日(9月24日)又は最初のユーザー登録日のいずれか遅い日から1年後に実行されます。
 消去されるクレジットは、通知なくアーカイブに移動し、「ユーザー自身」にも見る事は出来なくなります。
 この処理を避けるためには、ユーザーは今年中に申請提出を行う必要があります。 この様な処理を行う事をIOTA Ltd.理事会は残念に思いますが、これは良い管理のために実行されます。 この通知に関する質問は info@iota-world.orgに送付して下さい。
以上
 
本当にIOTAを楽しみたいという方はこの機に1月31日(水)までにIOTA申請をなされた方が良いと思います。まだ1週間ありますので大丈夫です。IOTA CP JAの中嶋さんも1月29-31日はQSLカードチェックでおそらく待機されていると思います。
 
Club Log MatchingとIOTA Contest Matchingのみならば31日でも良いとは思いますが早めに対応されたほうが良いと思います。

« ロシアからの投函日しらべ | トップページ | IOTAのここが面白い »

コメント

情報ありがとうございます。
全く認知していませんでした。

一番早い期限は今年の9月26日ということですよね。
1月31日は何の期限でしょう?

今年のハムフェアには申請とQSLチェックをしようと思っています。それ以前にやらなければいけないのなら検討します。(検討する時間もなさそうですが・・・)

山田さん、おはようございます。
私もこの朝まで認知していませんでした。対処方法もわかっていませんので、JA9IFF中嶋さんへお早めにメールでご連絡されてはいかがでしょうか。適切で確実なアドバイスをいただけると思います。

こんばんは。
1/31 はDXCCと同じように、年に一度の「年間ランキングリスト掲載」への締切日。
ここに載らないと、1年間お預けになります。
私も仕掛かりがあり・・・・週末処理できるかな?

2017年3月にJ2サッカーの試合応援で来福されたCP JAの中嶋さんご夫妻とJA6EXOさんの4人で昼食会を設けました。その時の中嶋さんの奥様の1月に多くの郵便物が届き、受付のお手伝いされているお話が印象に残っています。日本全国から郵便物や宅急便で届きますので、そのご配慮に感謝したことを思い出しました。
ところでJ2栃木の応援もよろしくお願いします。FBには何も掲載がありません。(笑い)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアからの投函日しらべ | トップページ | IOTAのここが面白い »