World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« QSLmgr OM2SAマネジメント分のClub Log Matching | トップページ | KM9DのQSLing by OM3JW »

2018年1月18日 (木)

KM9DのQSLmgr OM2SAを支援するOM3JW Steveさんのご紹介

昨日、当ブログにてKM9D関連のQSLマネジャであるOM2SAのことを記事にしました。KM9Dは太平洋の島々を2005年くらいから2012年くらいまで自家用のヨットでたくさんのIOTAサービスを実施してくれました。

 
そのマネジャのOM2SA Jurajさんは近年に目を悪くし健康状態もすぐれず、QSLingが停滞しています。数年前にHA1AG ZoliさんやOM3JW Steveさんにサポートを求めていました。
 
2017年秋にDXCCからIOTAを始められたJA3のN-OMより、OM2SAハンドリング分のClub Log Matching化のご相談を受けOM3JW Steveさんを紹介しました。N-OMはSteveさんに支援を求められていました。
 
OM2SAのOC-084やOC-178分がClub Log Matchingでヒットし始めたとのことで、LoTWからの移行か、或いはSteveさんが動いていただいたのではと記載していました。
 
JA9IFF中嶋さんが情報をキャッチされ、IOTA TeamのVE3LYCへ問い合わせていただいたそうで、この朝にその回答が届いたそうです。
 
「OM3JW SteveがOM2SAを訪ね、全てのログではないが、彼からログを入手し、ADIF化し、Club Logにアップロードしたとの事。残りは時期を見てさらに入手をSteveが試みるとの事でした。」とのことでした。
 
まさにN-OMがSteveさんにお願いし、動いてくれたんです。素晴らしいです。OM3JW SteveさんはIOTAスコアも1100を超、年次リストでも世界20位に入ります。私はインドネシアのアワードNusantara Awardで知り合い4年ほどのお付き合いです。
 
とても気さくな方です。3年前は日本旅行で広島までこられましたが、お会いすることはできませんでした。FacebookのMessengerを確認しますと2016~2017年にかけてOM2SAの件でかなりのやり取りをしていました。最後のダメ押しをN-OMにしていただいたことになります。
 
一昨日にJA2のM-OMから連絡がありましたとおり、OM3JWの行動はもちろん範をなし、今後多くのIOTAファンにClub Log Matchingを通してNew one IOTAを提供することになると思います。OM2SAのQSLingはすべて手書きですのでSteveさんがおそらく手打ちされていると思います。
 
Club Log Matchingでヒットするということは、いろいろな方の思いと努力がある事例でしょう。
Om3jw
いつも気さくなOM3JW Steveさんです。Facebookより転載しました。YB3MM Adhiさんともたいへん仲が良いです。
 
OM2SAがQSLingしている分がClub Log MatchingでヒットしたらOM3JW Steveさんに伝えてはいかがでしょう。伝わりが多いほど、より早期にOM2SAからログ移行が進むと思います。

« QSLmgr OM2SAマネジメント分のClub Log Matching | トップページ | KM9DのQSLing by OM3JW »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« QSLmgr OM2SAマネジメント分のClub Log Matching | トップページ | KM9DのQSLing by OM3JW »