World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-175 AT7BK Ajad Tapu Island Plan | トップページ | NA-008 VY0ERCからの返事(2018.Feb.19) »

2018年2月19日 (月)

IOTA申請数ゼロの都道府県より申請者を出しましょう

先日、都道府県ごとのIOTA申請数のリストを作成しました。その中で、2016年から2017年のデータにおいて、IOTA申請数がゼロの都道府県が9件から4件へ減少したとご報告しました。一部間違いまして、長野、愛媛、佐賀、宮崎のゼロの4県に滋賀県を加えた5県になります。

 
5県ともにたくさんのDXerやグループもあると思うのですが、IOTA CP JAが設置された1997年12月から20年を経過しているのにお一人も申請者がいないということは既にIOTAチェイシングを楽しんでおられます皆さんからのPRが足らないのではないかと思ったりしています。
 
昨年12月に「月刊FBニュース」ウエブに掲載されましたJA3AER荒川OMの記事「IOTA Directory日本語版発行とJAのIOTA CP開設の思い出」の記事の中で「IOTA Directoryの日本語版発行を提案し翻訳・執筆」のコラムがとても参考になると思います。
http://www.fbnews.jp/201712/iota/index.html
 
日本語版IOTA Directory 1997年版の10ページにIOTA Directory日本語訳版(初版・1995年)のエリア別領布状況とアワード保持者数があります。
Dsc003911996年8月6日現在のエリア別IOTA Directory購入数と1996年1月末のアワード保有数です。総数で875冊購入され、まだ申請の手続きには進みませんがIOTA100アワード保持者が40局という状況でした。
 
20年後の2017年でも177件のJAでの申請者数ですのでSKやIOTAを辞められた局もおられますので、この875冊の大半は購入されただけで眠ってしまっていると言わざるをえないと思います。
 
JA6エリアでも1996年のアワード保有は4局で、1995年版IOTA Directoryは62冊であり、2017現在でも私を含めて7局というアンバランスの状態です。
 
Club Log Matchingを通して自動的にIOTAの件数を抽出してもらい、2019年1月末の年次リスト締めに向かい過去ログと保管QSLカードをチェックするという方法がベストではないかと思います。DXCCを3年くらい追いかけておられましたらIOTA100には到達できると思います。
 
どうぞ、こんなに面白いIOTAプログラムに参画してくださいますようお願いします。
 
長野、滋賀愛媛、佐賀、宮崎のIOTA申請ゼロの県から新規申請者を出すご協力をお願いいたします。お知り合いにお声がけください。もしくはご紹介ください。

« AS-175 AT7BK Ajad Tapu Island Plan | トップページ | NA-008 VY0ERCからの返事(2018.Feb.19) »

コメント

滋賀と愛媛は新規申請者がありましたので、のこりは3県(長野・佐賀・宮崎)になりました。

素晴らしいですね。44都道府県からIOTA申請が出ているんですね。
残り3県から「申請ゼロからお一人出すこと」と、「お一人の県を複数にする」活動のご協力を多くの皆様に強いご支援をいただきたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-175 AT7BK Ajad Tapu Island Plan | トップページ | NA-008 VY0ERCからの返事(2018.Feb.19) »