World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« メールアドレスの整理 for IOTAチェイシング | トップページ | NA-008 VY0ERCとVY0RAC(2017)iについて »

2018年2月13日 (火)

NA-008 VY0ERCの運用について

この朝にJA1のH-OMが18MHzのアンテナでVY0ERCより14160で41のレポートをもらったとの報告を皮切りにJA3エリアの3局から14160で交信成功とのご報告をいただきました。JA6のI-OMからはGPですが、やっとコピーできる程度の弱いシグナルだった。CWならば可能性あるかもとの報告をいただきました。

 
大前提として、IOTAは①固定局、②半固定局、そして③移動局の3つに分けられます。EU-008 VY0ERC自体は①の固定局でありクラブ局です。そのオペレータたちがEurekaの気象局から交替ででているというイメージで②の半固定局運用をしています。
 
そこでこの気象局、もしくはその近辺からでてきた運用を調べてみました。
VE3KTB/VY0 Ellesmere (Mar-Apr 14,15) via VE3KTB
VY0/VE1RUS   Ellesmere (Oct 14,Feb 15) via VE1RUS 
VE100VIMY/VY0 Ellesmere (Mar-Apr 17)    via N7RO 
VY0RAC         Ellesmere (Jul 17) 
VY0ERC         Ellesmere (Oct 17)       via M0OXO 
 
VE3KTBやVE1RUSが仕事で滞在し、個人局/VY0で2014-2015年にオンジエアを開始し、それぞれにQSLカードを発行していたが、2017年にVY0ERCのクラブ局をスタートさせたという経緯ではないかと思います。その間、記念局としてVE100VIMY/VY0、VY0RACが短期運用されました。個人局/VY0も数局いるようです。これは③移動局に分類できるでしょう。
 
さらに調べると、M0OXOのウエブに
「Created on Tuesday, 10 October 2017
VY0ERC6Pierre VE3KTB and Alex VE1RUS are heading out to Eureka on October 15 and will remain there until November 11.They hope to be on the air as soon as possible, but most likely between October 17 and November 10.They will be QRV when time permits and will try our best to operate during CQ WW SSB 2017.
M0OXO OQRS or Direct Post Mail」と、掲載されていました。
 
2017年10月15日から11月11日までの1か月間の②半固定局運用です。これが済んで2カ月半後の2018年2月4日から4月1日に戻ってこられ2月8日からQRV再開となったようです。
 
本日、最初のJA側の状況をAlexさんへ報告するとともに明日以降のQRVとCWリクエストをしていきたいと思います。特にWeekendには出てくださるように依頼します。
 
すでにIOTA-VY0 Needed ListのNA-008の交信マスに交信済の局の黄色マーカーを着色し始めました。4月に入ってからK9AJとKD6WWへJA/HL局のNA-008奮闘をお伝えする予定です。

« メールアドレスの整理 for IOTAチェイシング | トップページ | NA-008 VY0ERCとVY0RAC(2017)iについて »

コメント

出てくればできそうですね。如何せんQRVの時間が現役には辛い!
今朝も職場で見てました。
JST07;00までか20:00以降なら捕まえられそうですが・・・

Alexからメールを返してもらうだけで精いっぱいです。
彼も勤務が優先でその合間の自由時間を割いて出ていますので指定された時間に従うしかなく、こちらに合わせてくれというのは勤務時間を変えろと言われていることと同じになりますので希望時間の提案は基本的に遠慮したいと思います。

33名のアジアの局が交信を希望している。3月末までにどこまでできるかを基本にチャレンジしたいと思います。できない局は次の機会にチャレンジすることになり、Alexも可能な限りトライしてくださると思います。
 
そのため、私は33番目の交信でよいと思っています。メールのやりとりが多ければ多いほど交流をはかれることができますので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メールアドレスの整理 for IOTAチェイシング | トップページ | NA-008 VY0ERCとVY0RAC(2017)iについて »