World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« R0-IOTA 2018 plan | トップページ | VE3LYCとのやりとり OC-168 & OC-179 »

2018年2月27日 (火)

NA-019 KL2LR Kodiak IslandとのSked再開 (Mar 2018)

この朝にNA-019 Kodiak Islandに住むKL2LR Johnさんから3月にSkedを再開しましょうと2月23日に提案しましたところ、「やりましょう」とのメールが届きました。装備は以前のままです。PSK31とSSBのみの運用です。

 
2015年夏にJA4のS-OMの提案でKL7-IOTA Wanted List 2015を作成しました。データ協力者は42局。そのうちの14局がNA-019を未交信とご報告いただきました。そのファイルにActivationシートを加え、過去の運用をリスト化しました。
 
そのリストを作成するためにNA-019の固定局探しをしましたところ、Bill AL3Dが見つかり、2015年の10月22日に14MHzCWで最初のSkedを行いました。初回はまったく聞こえずゼロ交信の結果となりました。そのため2回目にKL2LR Johnさんに加わってもらいました。
 
3回目はクラブ局のビームを使ってもらいましたが接続不良でうまくいかなかったりと、2016年3月をもって第一次Skedを終わりました。2017年1月の年次リスト締め時には3~4回のSkedで交信成功されました局などがIOTA追加申請をしてくださり、ウエブのNA-019のリストにKL2LRを記録することができました。
 
以来、NA-019とのSked実施の記憶が薄れつつありました。2月6日に福岡城で撮影しました梅の花をSeason's Greetingsのメッセージとともに世界中の友人に送りましたところ、Johnさんから久しぶりにお礼のメールが戻りました。
 
お知り合いになれて2年版です。KL7-IOTA Wanted List 2018では参加63局中、NA-019未交信18局です。2月17-18日のARRL CW ContestのレポートをJA2のOMさんにいただきましたので勇気をもってコンディションはまだまだですがお互いを忘れないように申し込みをしました。
 
IOTAの面白いところはペディション局のみならず、この固定局が1/4くらいの島に存在することです。3月第一週末のARRL SSB Contestの翌週末に実施いたします。

« R0-IOTA 2018 plan | トップページ | VE3LYCとのやりとり OC-168 & OC-179 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« R0-IOTA 2018 plan | トップページ | VE3LYCとのやりとり OC-168 & OC-179 »