World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« NA-019 KL2LR Kodiak Island Sked第一ラウンド(10th Mar 2018) | トップページ | 東海岸のW-IOTAとのSked成功報告 »

2018年3月11日 (日)

NA-019 KL2LR Kodiak Island Sked第2ラウンド(11st Mar 2018)

昨日に続き、この朝もNA-019 KL2LR JohnさんとのSkedを敢行しました。14MHzPSK31、14MHzSSB、18MHzSSB、21MHzSSBを10分切りで実践しゼロの収穫でした昨日に続き、本日もゼロならば大幅な延期と考えて臨みました。

 
すべてのモードで橋渡し役の私のアンテナでは全く聞こえませんでした。全モードが終了して15分ほど経過してJohnさんから結果レポートが届きました。
 
14MHzPSK31では1局交信できたと報告あり。しかし、ラストレターの取違でした。JA4局のコールをとらえられましたが時間切れ。14MHzSSBは入館なし。
 
18MHzSSBでJA3局と交信に成功。JA1局をコピーするも時間切れでQSY。
21MHzSSBは入感なしに終わりました。
 
JA3局が唯一、交信に成功され、JA1局とJA4局が残念なことに時間切れでコピーはされたがレポート交換に至らずで終わりました。
 
しかし、KL2LR Johnさんは継続の意欲をしめされています。JA8局がAS-081ペディションにより韓国へ行かれています。当初よりこの局のためにSkedのリビートをお願いしていました。ゼロの実績でしたらお願いしづらいところでしたが、実績ありでつないでいただけたようです。
 
週初めに調整して次週末にお願いしてみたいと思います。バンド・モード・時間などのご意見をお願いしたいと思います。
 
VE7ACN MikeさんはVE7-IOTAやKL7-IOTAから強力な信号を送り込んでいただいたことはご記憶にあると思います。Mikeさんにお願いしてJohnさんへ「強力な信号を送り込めるアンテナ」の伝授をお願いするつもりです。
 
交信できなかった皆様にはたいへん残念な思いをさせていますが、私が考えるSkedは数回、数十回、或いは数か月、数年かけてやっておりますので、どうぞ諦めることなく参加してください。

« NA-019 KL2LR Kodiak Island Sked第一ラウンド(10th Mar 2018) | トップページ | 東海岸のW-IOTAとのSked成功報告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-019 KL2LR Kodiak Island Sked第一ラウンド(10th Mar 2018) | トップページ | 東海岸のW-IOTAとのSked成功報告 »