World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東海岸のW-IOTAとのSked成功報告 | トップページ | 貴局のメールアドレスの登録状況をご確認ください »

2018年3月13日 (火)

NA-069 WA4DOS との経緯と現状レポート

2015年夏にJA4のS-OMのアドバイスもあり、R0-IOTAとKL7-IOTAのWanted Listを作成しました。そのついでにW-IOTAのWanted Listも皆様のご協力により作成しました。前の二つには2番目のエクセルシートに「Activation」シートを設け、クレジットされたIOTAの過去運用リストを作成しました。

 
ところがW-IOTAの「Activation」シートは趣向を変えて、固定局リストにしました。それぞれのW-IOTAごとに島名をQRZ.comで検索し、リスト化したものです。私のSked QSOに取り掛かるときの手法です。出来上がるのに1か月半かかったと当時のブログに掲載しています。
 
 
ものすごいお宝を作成したと訴えたつもりですが、私の説明が不十分で問い合わせは皆無でした。そこで、最もSkedを受けてくれる可能性が高いと100局前後ある固定局IOTAのベスト1にNA-069 WA4DOSを選びました。すぐにメールを入れるとScottは応じてくれました。
 
Wのウエストコーストの中継局も現れましたが、数回トライしてアパマンアンテナの非力さを知りました。2016年にはいり、ローカルのS-OMに相談して数日トライしてくださいましたが失敗に終わり、コンディション上昇まで待機することにしました。
 
2年間寝かしておりましたが、JA2のM-OMご希望によりJA2-Gang VS WA4DOSが昨日の早朝に成功しました。M-OMは4エレ八木20mhです。他のJA2のOMさんも似た感じでしょう。コンディションの悪い中ですが、多イミンギがあったのでしょう。フロリダまで届きました。
 
昨日30数局のJA/HLのIOTAチェイサー(NA-069未交信)へ同報メールで伝えるとともにWA4DOS Scottさんへ明日以降も同じタイミングで云々と連絡しましたがこの朝までにご返事はいただけていません。
 
昨朝はフロリダは日曜日の午後4時半くらいです。おそらく不在なのでしょう。
 
QRZ.comの住所をコピーしてGoogleMapへ放り込んで検索すると、
Wa4dosStreet Viewで自宅前からのアンテナを見つけることができます。2エレのQuadです。写真登録は2007年となっていますので、2年半前も現在のQRZ.comのBiographyに掲載されている写真のアンテナと変わっていないようです。
 
2年半前はIOTA NA-069という意識がほぼなかったように記憶しています。お話しするなかで、Pine Islandであることなどを伝えた記憶があります。もう一つやらなければいけないことにQSLカードに「NA-069 Pine Island」と印刷してもらう必要がありました。
 
現在のQRZ.comのDetailシートの内容確認です。
Wa4dos_2
少し見づらいですが、見事にNA-069を登録されていました。生年もあります。とても重要な情報です。IOTAへの意識とリタイヤしているのかの判断に使えます。
 
Pine Islandのマップも調べるともう一つの不安がでてきました。
Wa4dos_4Scottさんが住むPine Islandは西側です。続いて、
Pine Island + Little Pine Island + West Island + Porpoise Point Island + Mainlandとなっていますが、島の間がとても狭いです。400m以上は大丈夫か。IOTAルールではこのように続いている島は間の島は対象外となりますが、Pine Islandはそれぞれの間の合計が使用されます。
 
Pine Island + Little Pine Island + West Island + Porpoise Point Island + Mainlandのそれぞれを計測すると、 24.2m + 60.5m + 31.2m + 199.5m=315.4mとなりました。GoogleMapの航空写真では道路を通すための橋げたや、木が茂って海の幅が判断できない場所がありました。島の造成が進み、確かに距離が狭まりつつあるようです。近年中にPine Islandはアウトになるかもしれません。
 
IOTAウエブのNA-069を調べます。
Wa4dos_1
2年半前はまったくクレジットはありませんでした。本日確認しましたらIOTAウエブのNA-069にWA4DOSがクレジット可となっていました。すでにQSLカードに「NA-069 Pine Island」と印刷したと判断して良いと思います。
 
QRZ.com画面の右上にシャックの写真がありました。検証してみましょう。
Wa4dos_3 ありました。パソコンのディスプレイの下にWA4DOSの赤い文字のQSLカードが置いてあります。島名までは見えません。さらにCWのためのキーヤーもあります。CWもやってくれますね。
 
以上、NA-069 WA4DOSの知り合いになった経緯と状況をレポートしました。

« 東海岸のW-IOTAとのSked成功報告 | トップページ | 貴局のメールアドレスの登録状況をご確認ください »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東海岸のW-IOTAとのSked成功報告 | トップページ | 貴局のメールアドレスの登録状況をご確認ください »