World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年1月作成のH4-IOTA & P29-IOTA Wanted Listがありました | トップページ | My W-IOTAを参考にその特徴をしらべました »

2018年3月 6日 (火)

OC-265 VK5MAV/9 Cato Reefのウエブが開始されました。

VK5MAV Andyさんが表題のOC-265 Cato Reefのウエブを開設されました。

すでに多くのJAがドナーとなられていました。
 
OC-265は13.2%のクレジット率です。過去の運用は2回、VK4WWI/P(Dec 03)とVK4GL/P(Dec 03)の同年同月に行われました。VK4WWIはPA3EXX JohanさんのVKコールでありこの数年前後に多くのVK-IOTAサービスをしてくださいました。現在のIOTA Ltd役員です。
 
VK4GLはその数日後にCato Reefに釣りのついでにオンジエアをしました。この場合はVK4WWI/Pは5大陸1000局の交信が絶対条件ですが、VK4GL/Pは1局での交信でも当時のRSGB IOTA Committeeに受け付けられることになります。もし、この運用日程が逆でしたら、VK4GL/Pはアウトになります。
 
ところで絶対条件の5大陸1000局は初めてのIOTAからQRVする場合の現時点での必要数ですが、2004年版IOTA Directoryの88ページのIOTAプログラムE.2.4項に「3大陸200局」と明記してありました。初回オペレーションには普及をさらに図るためにその後増やされました。
 
現在のVK-IOTAはVK5CEとVK5MAVのお二人です。複数のVK6局も数年前に頑張っておられましたが最近は聞こえなくなりました。どうぞ、CraigさんとAndyさんを大切にしてください。

« 2009年1月作成のH4-IOTA & P29-IOTA Wanted Listがありました | トップページ | My W-IOTAを参考にその特徴をしらべました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年1月作成のH4-IOTA & P29-IOTA Wanted Listがありました | トップページ | My W-IOTAを参考にその特徴をしらべました »