World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« NA-008 VY0ERC Ellesmere Island の運用日 | トップページ | JA FriendsによるIOTA DXpedition サポート一覧 »

2018年3月20日 (火)

これから開局予定の方へ、私のアパマンハム総コストご紹介

IOTAを楽しんでおられます友人が新しい無線機をオーダーしたとお聞きしました。最新鋭機をお使いで羨ましい限りです。私は平成4年(1992)12月に鹿児島にて再免許申請を行い、翌2月にJN6RZMの新しいコールサインをいただきました。4月に福岡へ転勤しました。

 
福岡でも子供の学校や幼稚園が中心となり、一般的なアパマンに住むことになりました。CQ誌のアパマンハム特集でアパマンでも無線をできることを知り、予算5万円の中古機で開局することにしました。アンテナはAPA-4がベストと判断しました。
 
家庭を持って以来、固定資産管理という名称でエクセルファイルを作成し、一般の企業では20万円以上を固定資産と定義し、減価償却費などの計算をしますが、私のは1万円以上の物をコツコツと計上しました。無線関係は別シートにしました。
 
平成6年(1993)1月に八重洲FT-840を購入して以来のリストです。笑われそうですが、ここに公開いたします。
Photo
FT-840購入後にTS-680中古機を購入しています。これはFT-840の故障時に対応させる目的で購入しました。9年後の2003年11月にIC-7400に買い替えるとともに予備機でしたTS-680を下取りに出しました。FT-840を予備機として襖の奥にしまい込んでいます。
 
アンテナはAPA-4オンリーで3代目です。部分ごとの部品を交換しながら25年も使い続けています。予備アンテナとしてAPH-3jrを同じミニマルチアンテナ社からFishing-rodタイプとして置いています。
 
当初の3年くらいはCW QSOばかりでした。DXCC的にまとめると7バンドでDXCC100エンティティをクリアしました。トータルでは272エンティティです。
 
4年目からはIOTAに興味がシフトしました。DXCC的な感覚ではなく、国際交流の感覚の方が強く、楽しみました。IOTAは現在710に到達しましたがもう数を追うことに限界を感じています。むしろ、すぐに「オ~イ」と声を掛けられる海外の友人をどれだけ作れたかの方にウエイトを置いて楽しんでいます。
 
お恥ずかしながらハードウエアコスト(PC関連を除く)は上記の合計程度です。年額平均17,516円、月額平均1,460円となります。もちろん、ソフトウェア関連の郵送代、返信料、ドネーション、アワード申請料などは別扱いにしています。
 
近年はほとんど何も購入していませんので、この平均値はますます加工すると思います。
 
アパート・マンションにお住まいで、これからハムをやりたいという方に参考になると思います。最初は5万円の中古機で家内を拝み倒し、結果として10数万円の新製品となりましたが、中古でも遊ぶには十分です。
 
CQ誌2016年3月号に「小さな設備でも楽しめるIOTAの魅力」のタイトルで紹介させていただきましたが、100ワットで十分楽しめます。スペースは0.7畳のパソコンを含むシャックです。目指しているところは国際交流もありますが、コスパを徹底してあげることも重要と思います。
 
学生時代に開局した時はDXCC中心で5年くらいで沈没してコールも流してしまいました。IOTAと出会ったおかげで、25年以上も長続きできています。ありがたいです。

« NA-008 VY0ERC Ellesmere Island の運用日 | トップページ | JA FriendsによるIOTA DXpedition サポート一覧 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-008 VY0ERC Ellesmere Island の運用日 | トップページ | JA FriendsによるIOTA DXpedition サポート一覧 »