World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« NA-019 KL2LR Kodiak Island Sked第2ラウンド(11st Mar 2018) | トップページ | NA-069 WA4DOS との経緯と現状レポート »

2018年3月12日 (月)

東海岸のW-IOTAとのSked成功報告

この朝にJA2のM-OMより午前6時59分にNA-069 WA4DOSとの交信に成功しました。お仲間の他の2局も成功しましたとメールが入りました。

 
NA-019 KL2LR アラスカのKodiak Islandとは別にJA2のM-OMからご相談いただき、W-IOTAの東海岸のIOTA局とSkedをやろうと先週決めていただきました。
 
すでにデータ提供の57局へ加工してお渡ししましたIOTA-W Wanted List 2018のエクセルファイルの第5シートにある「Activation」の中から対象局の選定を行い、3IOTA4局(NA-034、NA-046、NA-069)へSked依頼を3月9日の朝に発信しました。
 
結果として3IOTA4局全員がご返事をいただきました。選定がよかったことと、お相手のW局のご協力もありがたいと思いました。
 
土曜日の朝はタイミングが揃わず失敗に終わりました。日曜日はタイミングは合いましたがコンディションが悪く全滅だったようです。この時はNA-019 KL2LRとのSkedに重なってしまいましたが、M-OMに対応を含め仕切ってくださいました。素晴らしかったです。
 
そして、月曜日の朝は午前6時30分くらいに時間をシフトされたようです。見事にJA2-IOTA Gang3局がNA-069フロリダ州のWA4DOSと交信に成功されました。2エレQuadです。
 
コンディションが悪くても時間調整、バンドモード調整をしながらSkedを行うと交信できるという可能性を証明していただけました。
 
私もNA-069はまだです。今回もある意味、連絡役として機能しましたがアパマンアンテナでの交信は無理と思い、M-OMに託しました。コンディションの上昇期までにWA4DOSがJAのIOTAチェイサーを相手にしてくれるかという検証ができましたので嬉しいです。
 
5年くらい待てばアパマンアンテナでも必ず交信できると確信しています。その中継点ということです。
 
今回のM-OMのお陰で残念ながらNA-067 Hatterras IslandからQRVされていたAA3ID Dennisさんが米本土にQSYされていることが分かりました。私の友人です。島から引っ越しされると仕方がないですね。しかし、別のNA-067もいますのでまだまだ楽しめます。
 
おそらくM-OMはW-IOTAとのSkedが病みつきになられることでしょう。New IOTAおめでとうございます。
 
【追記】
11時過ぎにW-IOTA Wanted List 2018におけるNA-069未交信の皆様へメールをお送りしました。WA4DOS Scottさんの状態がわかりませんが、明日から特定の時間と周波数に毎日一週間ほど出ていただくようにお願いしてみたいというご案内をいたしました。

« NA-019 KL2LR Kodiak Island Sked第2ラウンド(11st Mar 2018) | トップページ | NA-069 WA4DOS との経緯と現状レポート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-019 KL2LR Kodiak Island Sked第2ラウンド(11st Mar 2018) | トップページ | NA-069 WA4DOS との経緯と現状レポート »