World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« K3EST Bobさん来福 その2 | トップページ | 新しいIOTA Directory 2018の発売 »

2018年5月11日 (金)

NA-234 KL7RRC/P Kagamil Island plan にdonationを送りました

2018年5月23日から27日まで予定のNA-234 KL7RRC/Pへdonationを送りました。

 
 
2008年に第一回目のNA-234 KL7DXを運用したN3QQ YuriさんへJA Friendsからギャザリングしたドネーション57,000円(26局分)を送付した記録が残っています。
 
残念ながら私は交信できませんでした。JAドナーのQSLカードをQSLmgrのAC7DXより受領し、転送したようです。
 
その後もN3QQとNL7Fへ第2回目の企画を提案し続けていましたが最近はすっかり失念していました。しかしながら、彼らは私たちが提供するIOTA-KL7 Wanted Listをしっかりと受け止め、今回の企画につながりました。
 
初回のJA Friendsによる支援が継続してここにあるKL7RRCシリーズのペディションが2008年を皮切りに2009年、2010年、2011年、そして2012年と続き、KH6RRCやV73RRCへと繋がりました。多くは第一次のJA Friendsによる支援が継続させる大きな要因になりました。
 
小技として、W7にあるNA-169などにもつながりました。
 
残念ながら私はOC-278 V73RRC Ujelang Atollも交信し損ないました。これもN3QQへ再度のペディションを継続しています。ここは1回目が失敗したんです。再度V7へ再訪し実施されました。私は2度ドネーションをしましたが交信できずそれはそれは落ち込みました。(笑い)ここもIOTA 10.6%のクレジット率で再訪の可能性は十分にあります。
 
2012年12月に実施されましたNA-150 Little Diomede IslandにKL7RRC/PとAS-061 Big Diomede Idland RI0KとRRCメンバーがロシア領とアメリカ領の各島で運用して出会うというイベントを実施されました。感動しました。IOTAがロシアとアメリカをつないだイメージでした。これをもってしばらくKL7RRCの活動が停止してしまいました。
Diomede_islandsDiomede Islandsはロシア領のAS-061 Big Diomede Islandとアメリカ領のNA-150 Little Diomede Islandにて構成されています。さらにその距離はわずか4kmという近さです。冬になると流氷でつながるそうです。冷戦時代は平和の象徴でした。こんなに近い米露の島がの存在をしらないでIOTAチェイシングをやっているともぐりと言われます。(笑い)
 
なぜN3QQが復活したか、それは仕事が一段落ついたことと、今年がRRCの25周年なんです。9月に2年ぶりにモスクワ近郊のOrleで25周年記念大会が開催されます。それで私もN3QQ Yuriさんより「参加しませんか」と要請を受けた次第です。
 
Rrc2016RRC 2016大会の集合写真です。昨年活発に動いたUA3AKO、RA1ZZ、R7AL、さらにN3QQも写っています。C96/C98RRCも彼らの実行です。
 
上記URLの下段に今回のNA-234 KL7RRC 2018のドナー一覧が掲載されています。まだわずか8名の状況で驚きました。近年にIOTAを始められました皆様とは環境が異なりますが、第一次のJA FriendsはほとんどNA-234を終了されていますので今回のドナー低減は否めません。
 
どうぞ資金的余裕がある方はご協力をご検討ください。NA-234の次につなげるためにも。
 

« K3EST Bobさん来福 その2 | トップページ | 新しいIOTA Directory 2018の発売 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K3EST Bobさん来福 その2 | トップページ | 新しいIOTA Directory 2018の発売 »